裏方ブログ

福岡県小郡市のリフォーム会社・タックグループの
裏方スタッフです。
わんこ、appleガジェット、手嶌葵さんなど……。
本業以外のことも、いろんなことを書いてます。
(そっちが多い)

NEW !
テーマ:

​ Love FMで毎週木曜23:00-24:00放送中「手嶌葵“On How To Be Lovely!”~ 素敵になるにはどうしたらいいかしら?~」。途中で眠ってしまった方、聴き逃した方、改めて確認したい方のための、番組内容まとめです。

 

 前回もお伝えしましたが、半年間、楽しく続けてきたこの番組、来週6月30日の放送を最後に一旦終了します。福岡からラジオを届けることが出来る貴重な機会を手放すのは残念ですが、アルバム制作やライブなど歌手としての本分に集中して頑張りたいと思います。


 アルバム制作といえば、アルバム「rendez-vous」のジャケットを描いて頂いた初見寧(はつみねい)さん。「ホーロック・シャムズ」という犬の探偵さんのキャラクターがいて、とても可愛いです。皆さんも是非、調べてみてください音譜

 

 今日の一曲目音符、Tape Fiveアルバム「Swing Patrol 」より「I Spy you」

 

 時計 I'm Old Fashioned ~クラシックなものが好き~のコーナー。
 今日はシャーロック・ホームズについてお話します。有名なイギリスの作家、サー・アーサー・コナン・ドイルが書いた、世界一有名な探偵の物語。この推理小説の主人公、シャーロック・ホームズは、世界中で愛されている探偵。今夜、お話するのは、イギリスBBCで放送された2010年のドラマ「シャーロック」です。
 このドラマは小説で活躍していた19世紀でなく、現代に生きるシャーロックのミステリードラマです。現代という設定なので、事件の捜査方法もまさに今風。ケータイやパソコン、ブログなどを駆使して情報を集めたり、馬車ではなくて、イギリス名物の黒いタクシーを使って駆け巡り、謎解きをしていきます。そのシャーロックを演じるのは、ベネディクト・カンバーバッチ。イメージを裏切らない外見と演技です。とてもスマートだけどチクリと嫌味を言ったり、なんだかんだ言っても親友のワトソンを大事にするシャーロックの可愛らしさが堪りません。調べてみると、ベネディクト・カンバーバッチは15世紀のイングランド王、リチャード五世の子孫だそうです。その関係か、別のテレビドラマ「ホロウ・クラウン~嘆きの王冠」ではリチャード三世という王様を演じています。顔立ちが古風なので、様になっていて、とても素敵です。
 シャーロックの相棒、ジョン・ワトソンを演じるのは、マーティン・フリーマン。映画「ホビット」にも出演しています。ちょっと背が小さくて、なんだか、ぎゅっとしたくなるような可愛いタイプの方です。
 ドラマ「シャーロック」は素敵な配役に恵まれ、脚本もコナン・ドイルの名作を魅力的に蘇らせ、現代に生きるシャーロックを活き活きと描いているドラマです。日本のドラマと違って、たっぷり1時間半枠を使って、出会いがあったり、事件が起きて疑惑が生まれ、ひらめきがあったりしながら、見事に事件を解決していきます。第一話目のタイトルが「ピンク色の研究」(A Study in Pink)というエピソードですが、コナン・ドイル「緋色の研究」(A Study in Scarlet)というエピソードを原案としてひねりを加えていて、原作が好きな方もきっと楽しめる作品になっています。
 このドラマ「シャーロック」は、映画版も一度作られています。映画版では現代から19世紀にタイムスリップして謎解きをしていきます。私好みの素敵な衣装で皆さんが登場するので、思わずニヤニヤしながら観てしまいます。


 今日の二曲目音符、手嶌葵アルバム「Ren'dez-vous」から「ちょっとしたもの」

 

(ここでサプライズ。「Happy Birthday」の曲と共に、クリスマスケーキが登場)
 めっちゃ好きなケーキ屋さんのケーキです。
 あっ、ロウソクが消えるけん、吹きますね。
 ……やたっビックリマーク わたし、おめでとう音譜
 ありがとうございます。29歳になりました。
 以前の放送でヴィザヴィのガトーショコラ、ワンホールを食べたいってお話してたので、夢が叶う。
食べちゃお。いただきます。
……おいひいラブラブ


 (録音メッセージ)

 葵ちゃん、デビュー十週年、そしてお誕生日、おめでとうございます。大田こぞうです。今日は「葵ちゃんが私と一緒に遊べるんだったら何をしたいか」っていうリスナーの皆さんからのご質問に「ピクニックに行きたい」と答えてくれたので、だったら連れて行くならここだなと思っていた、私の秘密のお山ポイントへ、犬ぼっちゃんと一緒にやってきました。
 そしてこの間の葵ちゃんのデビュー十周年記念コンサート、拝見致しましたけれども、一曲目からほんとに、なんというか不思議な氷つきというか、もうね、すごい人なんだなぁと思いながら、全部は残念ながら観れなかったですけど、感動に心震わせながら拝聴致しました。
 たくさんのファンの皆さんが葵ちゃんに直接「おめでとう」って言いたいだろうなっていう中、私が代表でコメントを差し上げるというのも大変僭越ではございますが、みなさんを代表して言わせて頂きたいと思います。
 葵ちゃん。歌手になってくれて、ありがとう。
 歌を歌ってくれて、本当にありがとう。
 葵ちゃんの声で、どれだけの人たちが、明日のことを前向きに考えられているだろうかって思いながら、コンサート、浴びておりました。
 大変忙しい毎日だと思います。心のバランスや体のバランスもなかなか取るのも難しいときもあるかと思いますが、そんなときは福岡の空を思い出して、元気を出して、みんなから元気をいっぱい分けてもらって、また素敵な歌を聞かせてください。
 長くなりましたが、みなさんの葵ちゃんファン代表として「おめでとう」を言わせて頂きました。
 大田こぞうでした。
 お元気で。


 この前のコンサートではお会いできなくて申し訳なくて、ありがとうございます。後でお礼をメールさせて頂きます。

 祝って下さっている皆様も本当にありがとうございます。29歳となって二十代最後となりました。なので一生懸命になっていろんなことに挑戦したいなと思っています。それを皆さんに少しずつご披露できるように、素敵な歌を届けられるように頑張っていきたいと思います。

 ありがとうございます。

 

 たくさんメッセージ普通のメールを頂いているので、ここで紹介します。

 

 一通目普通のメール、プリッツさん。

 福岡市民会館でのコンサート行きました。とても可愛らしくて友人と何度も「可愛いねラブラブ」と言いあっていました。仕事で嫌なことが続いていて人間不信になりそうでしたが、葵さんの歌声で元気になりました。また頑張れそうです。というメッセージ。
 コンサートのMCの時はいつもワラワラしてしまうのですが、一曲ずつ丁寧に歌わなければと、ぐっと集中して歌っています。歌声で元気になりました、と言われると嬉しいです。

 

 二通目普通のメール、シークレット・クローゼットさん。

 コンサート初体験の子供達と葵さんのコンサートに行きました。中学生の子と小学生の子。終わってから「感動したね~」と話をしました。最近、失恋をした中学生の子は「元気を出して」の歌で泣いていました。そして6月28日は小学生の子の誕生日です。というメッセージ。
 コンサート初体験で来てくれて、とても嬉しいです。

 失恋を経験した中学生のお子さん、あんまり泣かんで。きっと、いいことがいっぱいあるけん。歌、聴いてくれてありがとう。

 下のお子さん、Happy Birthday to you ~音符 いっぱい素敵なことがありますように。

 

今日の三曲目音符。手嶌葵アルバム「Ren'dez-vous」から「1000の国を旅した少年」

 

 とても丁寧にお手紙普通のメールを書いて頂いた方がいらしたので紹介します。中島さんという方から頂きました。ありがとうございます。


 初めまして。私は結婚を機に、30年生まれ育った神奈川から福岡にやってきました。先日のコンサートは夫と一緒に行きました。ライブ終了後の握手会には参加出来なくて、お手紙を書こうと思いました。番組終了のお知らせを聞いたときはショックでしたが、たくさん考えて決められたのだろうと思います。また機会がありましたら、是非戻ってきてくれたら嬉しいなと、密かに楽しみにしています。というお手紙。
 ラジオをさせて頂くにあたって、一人でおしゃべりするのは大丈夫かなと心配していましたが、暖かいリスナーさんのおかげで、半年間楽しくお届けすることが出来ました。また戻ってきたいという気持ちは強くありますので、アルバムやコンサートが一区切りつきましたら、是非戻って来られたら、と思っています。

 今日はシャーロックホームズの話をしたんですが、コナンドイルの原作では、一度、シャーロックホームズは崖から落ちて亡くなってしまったのですが、当時のファンの再開の声がとても強くて、復活したという逸話があります。この番組も一旦終了しますが、もし、いろんな方の声を頂けたなら戻ってこれるかも、という願いも込めて、お届けました。

 

今夜のGood Night Song音符は、映画「西の魔女が死んだ」主題歌「虹」です。おやすみなさいぐぅぐぅ

 

 

星 星 星 星 星 星 星

 

 

おまけです。

 

初見寧さんの描く「ホーロック・シャムズ」は、検索するのがちょっと難しい場所にあって、見つけられない人もいるのではないかと思います。初見寧HP「nei hatsumi's web site」の左に並ぶコンテンツからY's scrapを選んで2007年9月のページに掲載されています。フレームを使ったページなので、直リンクが難しいのですが、こちらから直で訪問できます。

 

 今回のケーキと大田こぞうさんのメッセージは嬉しいサプライズでした。大田こぞうさんのメッセージは、多くのリスナーの気持ちを代弁してくれたと思います。こぞうさん、ありがとうございます笑い泣き

 

 今夜のGood Night Songで流れた「虹」。6月11日のコンサートでも歌っていて、とても印象的でした。この歌を正面から受け取ったとき、暖かさや明るさだけでなく、そこはかとない哀しみや別れのようなものを感じました。

 この歌は、映画「西の魔女が死んだ」の主題歌になっています。

 映画の公開日が主題歌を歌う手嶌葵の21歳の誕生日というのも、何かの縁でしょうか。YouTubeで予告編を観ることが出来ます。

 以前から原作の方に興味があったので、これを機に読んでみました。新潮社版には「渡りの一日」という短編も併録されていますが、今回入手して読んだのは小学館版です。

 物語は大きな起伏や起承転結もなく、淡々と進みます。物語の始まりが「西の魔女」すなわち主人公の祖母が亡くなったところから始まっていて、物語は二年前の回想が中心。大きく物語が展開することはありません。

 この物語は、祖母が主人公に伝えるいくつかの教訓が肝になっている作品です。教訓といえばお堅い感じですが、先生のお説教というよりも、生きていくためのコツのようなもの。生きていくのが下手な、不器用な人に、読んでいただきたいと思う作品でした。

 この物語から印象に残ったところを引用させていただきます。西の魔女が主人公に語りかける台詞です。この言葉が、心に響く方もきっと多いはず。


「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、誰がシロクマを責めますか。」

(「西の魔女が死んだ」梨木香歩・著)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「■ 手嶌葵」 の記事

テーマ:

 Love FMで毎週木曜23:00-24:00放送中「手嶌葵“On How To Be Lovely!”~ 素敵になるにはどうしたらいいかしら?~」。途中で眠ってしまった方、聴き逃した方、改めて確認したい方のための、番組内容まとめです。

 

 6月11日に福岡市民会館で手嶌葵10th Anniversary Concertがありました。ですが…実は、この収録はその前です。きっと楽しかったはず。頑張れたはずやけん。来場の皆様、ありがとうございました。10週年ということで、感謝の気持ちを伝えることが出来たと思います。

 

 さて、6月16日は和菓子の日だそうです。私、和菓子が大好きです。みたらし団子とかわらび餅とか。この前TENJIN UNITEDに出演させて頂いたとき、DJのTomomiさんから「縁結び最中」を頂きました。

 鯛の形をした最中で、とっても美味しかったですラブラブ。良い縁結びになるといいなあ、と思いながら頂きました。

 

 今日の一曲目音符は、映画「プリンセスと魔法のキス」サウンドトラックより、Dr. Johnの「Down In New Orleans」

 

 

 今夜は映画のお話をしたいと思います。

 ディズニー映画「プリンセスと魔法のキス」(2010公開)。ディズニー作品の可愛らしさ素敵さに「かっこいい」を付け加えたような作品です。監督はジョン・マスカーとロン・クレメンツ。「アラジン」や「リトル・マーメイド」の監督でもあります。

 この作品の特色は、ジャズの発祥地・ニューオリンズを舞台に、かっこよくて素敵なジャズの音楽がふんだんに散りばめられているところ。ストーリーは「カエルの王子様」(グリム童話)と「カエルになったお姫様」(2002年 E.D.ベイカー)を基にして、さらにディズニーが魔法をかけたような作品です。

 物語のプロローグは、二人の幼い女の子が、童話「カエルの王子様」の読み聞かせを聞いているシーンから始まります。主人公のティアナ。そして友達のシャーロットです。

 読み聞かせのラスト「王女様がカエルにキスをして、カエルが王子様に戻って、二人は幸せに暮らしましたとさ。」というハッピーエンドに対して、ティアナはしかめっ面。「どんなことがあったって、私は絶対にカエルにキスなんてしないわ!」それに対して友達のシャーロットは「プリンセスになれるなら、私ならカエルにだってキスするわ!」両極端な性格ですが、仲の良い二人です。

 ティアナのおうちは裕福とは言えない家庭。でも、両親にとても愛されて育っています。パパは料理が得意で、いつかレストランを開店するのが夢。美味しいガンボ・スープを作っては、近所の家族たちに振る舞うのでした。

 パパは、星に願いをかけようとするティアナに言います。

「星に願ってもいいけれど、努力をすることを忘れないで。一番大切なことを、忘れないで」

 そして月日は経ち、成長して大人になったティアナが、死別したパパの夢でもあるレストランの開店にむけて、奮闘する物語が始まります。

 ハンサムだけど、女好きで楽天家の王子様が、魔法でカエルに変えられてしまうシーンでは、ゾクゾクするような怪しい歌で、まさにボブ・フォッシー風。他にも素敵なトランペットと奏でるワニ、フランス訛りのホタル、魔術使いのファンキーなおばあちゃんなど、登場するキャラクターもみんな個性的です。

 夢を叶えられるのは、お金持ちだけではない。ただ努力をすればいいだけではない。魅力的な音楽とストーリーが教えてくれる、人生についての素敵な映画です。

 

 今夜の二曲目音符。映画「プリンセスと魔法のキス」サウンドトラックより、Jim Cummingsの「僕のエバンジェリー」

 

 

ここでメッセージの紹介です。

 

一通目普通のメール。めぐみさん。

この番組で映画「アメリ」が紹介されて、とてもテンションがあがりましたビックリマークこの作品は昔から大のお気に入りで、ストーリーはもちろん、役者さんや音楽、ファッションや小物のセンスも好き。大好きすぎて何度観たかわからないくらい。でもノベライズは読んでませんでした。すぐに読んでみます。というメッセージ。

 ノベライズ、是非読んでみてください。めっちゃ可愛いのでドキドキ。あの映画を観てから、フランスに対するイメージ、ツンとしたマドモアゼルから、赤い色彩の可愛らしいイメージに変わって、フランスを身近に感じるようになった気がします。

 

二通目普通のメール、はまささん。

 以前、この番組で葵さんが紹介した劇団四季の「リトル・マーメイド」。来年、福岡キャナルシティーでも公演が始まるそうです。「アラジン」「リトルマーメイド」あたりの歌が好きで、よく聴いてました。うちの娘が幼い頃「あんたたち~、あんたたち~音符」と口ずさんでいたので、何の歌だろうと思ったら「リトル・マーメイド」の「Under the Sea♪」でした。葵さんはそんな経験ありませんか?というメッセージ。

 うまい、娘さん。確かに「あんたたち~、あんたたち~」って言いたくなる…。すごい。空耳アワー耳だ。英語って小さい時は意味がわからないで歌ったりするので、私もきっと雰囲気だけで歌っていたと思います。でもここまでハマった感じのものはなかったです。娘さん、素敵なセンスですね音譜

 

今夜の三曲目音符は、手嶌葵アルバム「虹の歌集」より「恋するしっぽ」

 

 

 ここでお知らせです。

「手嶌葵“On How To Be Lovely!”~ 素敵になるにはどうしたらいいかしら?~」6月30日で最終回となります。現在際作中のアルバムやツアー中のコンサートなど、本分の歌のほうに集中したいと思います。

 あと2回で最終回。いつも聴いている皆さん、ありがとうございます。そして、ごめんなさい。また戻ってこられるように頑張りたいなと思っております。なので是非、メッセージ普通のメール送ってください。

 この番組で紹介したいと思って、改めて映画や書籍や音楽などの作品を聴き直して、再発見したこともたくさんあります。そして、番組をへのメッセージの中で、勧めて貰った本や音楽など、これから読んだり聴いたりして、成長できたらなぁと思っています。

 

 

 四曲目音符、今夜のGood night songは、泉谷しげるアルバム「昭和の歌よ、ありがとう」より手嶌葵&泉谷しげる「花~すべての人の心に花を~」 で、おやすみなさいぐぅぐぅ

 

 

星 星 星 星 星 星 星

 

 

 さて、おまけのコーナー。

 

 今回の放送では、私のメッセージを読んで頂けました。ありがたいことです。

 ブログで放送まとめを始めて3ヶ月になります。でも、どんなに時間をかけてブログを書いても、それは所詮、外野で「やいのやいの」と言っているに過ぎないことは痛感していました。ネットで「手嶌葵 On How To Be Lovely!」と検索すると、ずらりとこのブログが並びます(最近知ってビックリしましたあせる)。でもそれは、すべて番組の蚊帳の外なのです。

 

 あるとき、こんなツイートを見つけました。

 

 

 まさに私はサイレントリスナーでした。ラジオ番組にメッセージなんて、書いたことないですもの汗。でもそうやって番組に関わるべきなのかも、とも思いました。ここまで自分から一方的に片足を突っ込んどいて、何も番組に貢献しないというのもどうだか、と思ったので。番組で読まれる読まれないは別として、番組に関わる、という部分で。

 ちなみにメールを送ったのは5月25日の深夜。放送の三週間前でした。それ以降も一週間おきに数通送ってます。残りの放送は2回。もう採用されることはないでしょうが、もし本人に目を通して貰えるなら嬉しいな、と思います。

 もうひとつちなみに、話のネタ「あんたたち~音符」と歌っていた私の娘自身には、メッセージを送ったことも、読まれたことも、まだ話していません……。そのうち、話してみようと思ってますラブラブ

 

 もうひとつ映画「プリンセスと魔法のキス」について

 DVDを借りて見て観ました。さすがにディズニーアニメにぞっこん、という歳でもないのであれですがにやり

 ネタバレはもちろん回避します。気になったのはホタル。小さいところで悪いんですが。

 映画を見ながら思わず「ホタルにおばあちゃんって、おかしいやろ!」と突っ込んでしまいました。大田こぞうさんもびっくりです。せっかくカエルやらホタルやら出てるのに、生態系の描写がファンタジーすぎて。ホタルは成虫になってから10日程度の寿命ですよ!

 映画「レミーのおいしいレストラン」を観たときも「ネズミいうたら、平均寿命三年くらいやのに、店開いて大丈夫なん?」と、物語はハッピーエンドなのに、後々の心配でハッピーになれなかった私…。ちなみにカエルは10年ぐらい生きるらしいですが、もしカエルとして生きろと言われたら(言われんけどさ)、ちょっと短い気がしますよね。

 でも、音楽はノリノリ音譜  調べてみたら音楽はランディ・ニューマンという方。「モンスターズ・インク」シリーズ、「カーズ」、「トイ・ストーリー」シリーズを手掛けてます。過去には、知る人ぞ知る「サボテン・ブラザーズ」も手掛けてます。

 音楽と同じくらい、この作品の特色なのが「テーマ」。今までのディズニー映画にない。

 「願うだけじゃだめ」というのは「星に願いを」のアンチテーゼですね。「『客観的事実』と『主観的真実』の違い」「ただ努力すればいいわけではない」などなど、考えさせられる点も多く、子供っぽいファンタジーの中に、哲学的な要素が見え隠れする作品でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年と同じく、小郡市ではリフォーム券を販売しますドキドキ

発売開始まで、まもなく。

 

日程 2016年7月1日(金)から12月29日(木)まで

時間 AM10時からPM5時まで

場所 小郡市商工会館

 

 なお小郡市商工会館は、最近、無料駐車場がなくなっています。不便になりましたが、近隣の有料駐車場をご利用下さい、とのことでした。

 

 

 以前もお知らせしましたが、このリフォーム券は、「今日思い立って、販売場所に行って購入する」ということが出来ません。事前に書類審査を受けて押印した購入申請書と、登録業者が発行した見積書がないと、購入出来ません。

 詳しくは以前の記事を御覧くださいラブラブ

 

 6月20日現在の書類審査物件状況ですが、予算枠1億円分のうち、およそ半分といったところです。書類審査の合計額が予算枠に到達したところで、受付が止まります(キャンセル待ち状態)。なので、小郡市市内でリフォームを検討している方は、ぜひご利用下さい音譜

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 Love FMで毎週木曜23:00-24:00放送中「手嶌葵“On How To Be Lovely!”~ 素敵になるにはどうしたらいいかしら?~」。途中で眠ってしまった方、聴き逃した方、改めて確認したい方のための、番組内容まとめです。

 

 今日は6月9日。4月から始まった手嶌葵 10th Anniversary Concertツアーの真っ最中で、11日にはいよいよ地元・福岡での公演です。そして21日は、29歳の誕生日を迎えます。

 あまり表に見えない活動としては、現在、オリジナルアルバムを作成中です。考えなくてはならない事が多くて、頭がぐるぐるぐるしてしまう事がありますが、そんな時は散歩など気分転換が大事ですね。

 

今夜の一曲目音符。手嶌葵アルバム「Ren'dez-vous」から「ちょっとしたもの」

 

 メッセージの紹介です。

 一通目普通のメール。神戸の大型客船さん。

 4月は葵さんにたくさん会えて嬉しかったです。橿原(かしはら)神宮はちょっと寒かったですね。コンサートでは歌声、笑顔、楽しいお話など…心がほんわかとしてきます、というメッセージ。

 寒かったですね。橿原神宮では、神様にお尻を向けている状態で歌ったので、バチが当たらないように最初に御挨拶してから歌ってきましたあせる

 

 二通目普通のメール。くまたろうさん。

 静岡県三島のコンサート、とても良かったです。是非、鰻とゆるキャラ・家康くんで有名な浜松市でのコンサート開催もお願いします。福岡にも行ってみたいです、というメッセージ。

 ゆるキャラ家康くんって、いるんですね…。浜松市は何度か遊びに行った事があります。是非福岡にも遊びんにきんしゃい音譜

 

 お知らせです。先日発表がありました、西川美和監督、本木雅弘主演の映画「永い言い訳」の挿入歌を担当することになりました。「オンブラ・マイ・フ」というオペラの曲です。恐れ多い感じで歌わせていただきました。10月14日(金)ロードショーです。是非ご覧下さい。

 

 さて、「青い図書室本」のコーナーです。今夜の本は、池田あきこさんのスケッチ紀行シリーズ。ダヤンの絵描き旅という本を紹介します。

 小さい時から大好きで集めている絵本。猫のダヤンを書いている池田あきこさんは、画家でもあり、革製品の作家でもあります。たくさんの本がありますが、その中からスケッチ本を紹介します。と言うのも、この本は、アルバム「Ren'dez-vous」のテーマとなる「旅」を思いつくきっかけとなった本なのです。

 ダヤンのスケッチブックシリーズを初めて手にしたのは小学生のとき。「イタリアへ行こう」という本だったのですが、12歳の私は大好きな猫のダヤンと共に、本の中で、イタリアという国を旅したのでした。

 オレンジ色の明るい太陽の中、オードリーを気取ってベスパに乗ってみたり、パスタにはいろんな種類があって、コンキリエという貝の形のパスタが食べたいなと思ったり。

 ダヤンと池田さんのおかげでイタリアが大好きになりました。当時福岡の小学生の中で一番イタリアを語れる少女ではなかったかと思います(笑)。その時に書いた読書感想文も先生に褒めていただきました。

 

 イタリアといえば、ローマ。訪れたなら誰だってオードリー・ヘップバーンを気取りたいもの。池田さんもベスパを借りて乗ったのですが、恐ろしくオンボロで、道に迷ったり、散々だったようです。

 ボローニャという町の絵本フェアに参加した時は、画集やポストカードを現地の人に見てもらって、「ナイス」とか言われて喜んでいる池田さん。それを見て、「私も大好きです!」と大声で伝えたいくらいでした。

 特に行きたいと思ったところは、アルベロベッロという町。まるでとんがり帽子を被ったような小さな家がたくさんあるところ。この建物はトゥレッリという建築様式で、円錐型の屋根が特徴的。まるで小人さんの住処のようで、可愛いらしくておかしな場所です。

 この本を読みながら、プロチダ島でレモンの木をみたいなぁと思ったり、シチリアに行って、伊達男のシシリアーノとコーヒーを飲みたいなぁと想像したり。デッサンで描かれているイタリアの魅力的な食べ物に、いつの間にかお腹がグーっとなったりしてました。

 市場で買った無花果、パンネカルドというドーナツ型のパン、ズッキーニとニンニクとチーズのパスタ、真っ赤な果実のジェラート、果物が乗ったタルトレット、そしてビスコッティというお菓子などなど。12歳の私が初めて知った、イタリアの美しく朗らかな旅の本でした。

 

 二曲目音符、Lo Fangアルバム「Blue Film」より「You're The One That I Want」

 

 この曲はシャネルのCMで流れていて良い声だなと思って、携帯のアプリで調べた曲なんですけど、なかなか息の多い、私と同じような(笑)歌い方をなさる方だなと思ってお届けしました。

 

 メッセージの紹介です。

 三通目普通のメール。もろずみさん。

 人前で話をするのが苦手で必要以上に緊張してしまいます。葵さんはコンサートの時などに緊張をほぐすこと何かしていますか?というメッセージ。

 私も、とっても緊張しぃなのですが「皆、味方やけん。大丈夫」と自分に言い聞かせるようにしています。緊張してもせんでも同じことなので。せっかく人前で話したり歌ったりする機会を頂いているので、そのチャンスを良い方向に向けられるように「大丈夫、大丈夫」と心の中で念じてみて下さい。

 

 四通目普通のメール、カロリさん。

  葵さんはテディベアはお好きですか。私は春日在住のテディベア作家のニシさんがとても好きです。もし葵さんがテディベア部を作ったら入部させて下さいね、というメッセージ。

 なんやろ、テディベア部って。なんの活動するっちゃろ(笑)。私も大好きで、最近ずっとネットで検索してます。大好きな青いシュタイフのテディベアを見つけて。旅に連れて行きたいなと思いながら。ひとり、迎えようかなとラブラブ

 

 五通目普通のメール。アマリリスさん。

 天気が良い日に公園でランチをしました。気持ちよかったですよ。たまには外でのランチもいいです。葵さんの好きなランチはありますか?というメッセージ。

 好きなランチは、外で食べるんだったら、小さい頃からキュウリのサンドイッチが大好きです。キュウリが好きでそのままバリッと食べるのも好きなんですが、パンに挟んであむあむ食べるのも好き。あとは、カツサンドを食べると元気になりますビックリマーク

 

 三曲目音符。手嶌葵アルバム「The Rose ~I Love Cinemas~」より、雨の季節にぴったりな「Raindrops Keep Fallin' On My Head」

 

 なかなか、言いづらいお知らせがあります。

 「手嶌葵“On How To Be Lovely!”~ 素敵になるにはどうしたらいいかしら?~」とても楽しく放送していましたが、6月30日で最終回となってしまいます。冒頭で話した事の他にも、10周年でいろんなことに参加させてもらっています。たくさんいろんなことを同時出来る方ではないので、まずは今、制作中のアルバムをキチンと作りたいと思っています。

 この番組はタイトルも自分で考えました。私も、もっと素敵になりたい、前に進んで行きたい、と思っています。

 本当に残念なんですが、本分の歌に集中させて頂きます。素敵なものを作ろうと頑張っています。

 

 最後のGood Night Song音符は、手嶌葵アルバム「Ren'dez-vous」から「Baritone」

また来週お会いしましょう。おやすみなさいぐぅぐぅ

 

 

星 星 星 星 星 星 星

 

 

 さて。おまけです。

 

 私は、このブログのために番組を何度も聞き直して、テキストを起こす作業をしていますが、毎回この番組は、かなりの量の原稿を用意しているのが、よくわかります。

 天神サイトというネット記事に載っていましたが、この番組の原稿は、手嶌葵本人が書いています。(こちらです)。毎回、相当な時間をかけて原稿を書いているはずです。今回のような「青い図書館」でも、相当量の原稿がキチンと書いているのがわかります。このブログに記載しているだけでも文量があるように見えますが、実際に読み上げている内容は、この倍以上あります。

 好きだからやれている。でも時間的には、相当な負担になっているのだろうと思います。

 この番組のタイトルも自分で考えました、と言われてました。もともと「On How To Be Lovely 」とは、オードリー・ヘップバーンが主演したミュージカル映画「Funny Face(邦題・パリの恋人)」(1957年アメリカ制作)の挿入歌です。

 葵さんの思い入れを感じます。

 

 YouTubeで手嶌葵を検索したときに、ずらっと出てくる「ザ・トークショー」の動画。素晴らしいアーカイブです。普通の放送にはこんな記録は残りません。「On How To Be Lovely」の放送をしばらく聴いていくうちに、この番組もアーカイブするべき価値があるのではないか、と思いました。「ザ・トークショー」の動画は公式ですが、「On How To Be Lovely」のアーカイブを誰も作らないなら、自分で作ってみようと思って始めました。それも残り少なくなった、というのは寂しいですが。でも葵さんの判断は正しいと思います。是非、これから頑張っていただきたいですほっこり

 

 葵さんは、きっとこのブログのことは知らないままでしょうが、これから先、手嶌葵というアーティストに興味を持った人の一助になれば、幸いですラブラブ

 

 さて。

 今回「青い図書室」で紹介された本、池田あきこ著・ダヤンのスケッチ紀行「イタリアへ行こう」(株式会社MPC発行・ISBN4-87197-199-6)は、近所の図書館を検索して見つけました。久留米近辺では小郡市図書館に蔵書がありましたよ。閉架書庫ですので、窓口にお願いすれば閲覧することが出来ます。

 128ページ程度の本なのですが、中身が濃い!イラストが多くて、いくらでも時間をかけて眺めることが出来ます。

 挿絵の美しいこと!

 12歳の葵さんが夢中になって読んだのもわかります。本全体から「書きたい!話したい!伝えたい!」というエネルギーが伝わってくる書籍です。旅行が好きな方なら、老若男女関わらず、楽しめる作品です。興味のある方は是非手にとって見て下さい音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※この記事には公演の内容について触れています。これからの公演に参加される方にはネタバレとなる内容を含んでいますので、ご注意下さい。

 

 2016年6月11日。手嶌葵10th Anniversary Concert in福岡公演に行ってきました。
 会場の福岡市民会館に到着したのが午後4時。開場30分前でしたが、すでにたくさんの人が会場の周りに並んでいます。知らない人が見たら一体何があるんだろう?と不思議に思うかのような、若い人から年配の方まで幅広い集まり。


 時間ぴったり、午後4時30分に開場が始まると、押し合いすることもなく、ゆったりと会場入りしました。入ってすぐ右手に物販コーナーがあり。1枚だけ持っていないアルバムが並んでいたので、売り切れる前に、開演前に購入。
 ホールに入ると、スモークの甘い香り。客席はとても暗くて、青を基調としたライティングのステージに目を奪われました。
 3列31番。ホールに入って、ずんずんと前の方へ移動。とってもステージの見やすい座席でした。コンサートが始まる前に、ステージだけパチリかめらさせて頂きました。


 センターのボーカル位置両脇には、クラシカルなシェードの照明スタンド。下手にキーボード。上手寄り奥にパーカッション。上手にギターのシンプルな構成です。
 やがて、照明が落ち、シックな黒いドレスの手嶌葵が登場しました。

 

 最初の曲「The Rose」
 青いライトが鮮やかに赤に染まります。これは、薔薇の赤い色。空虚五度の四分音符が、ホールの空気を変えていきます。
 そこに手嶌葵の声が舞い降ります。密やかに、優しく、繊細に。左手で声を紡ぎながら。
 以前、ラジオで「この歌を歌うと、母の事を強く思い出します」と言っていたことを、聴きながら、ふと思い出しました。10周年に相応しいオープニング。

 

「テルーの唄」アルバム「ゲド戦記歌集」(2006年)より
およそ1700人の観客が、息を潜めて耳をすませる、無伴奏のメロディ。10年前の中性的な声とは違う響き。10年間の歳を重ねた大人の女性の、思いを寄り添わせるような温かみのある声でした。

 

「時の歌」アルバム「ゲド戦記歌集」(2006年)より

 

「Beauty And The Beast」アルバム「 The Rose~I Love Cinemas~」(2008年)より

 

「岸を離れる日」アルバム「春の歌集」(2007年)より
パーカッション・中北裕子が奏でる水の音のSE。本物の水を使って演奏をしていました。

 

「虹」アルバム「虹の歌集」(2008年)より
映画「西の魔女が死んだ」の主題歌。やっぱり生で聴くと違う、と実感しました。胸が締めつけられるような。自然と涙が溢れるような。切なくていい歌です。

 

「元気を出して」アルバム「虹の歌集」(2008年)より
竹内まりやの名曲です。キーボード・真藤敬利のハモりも優しくて、すてき。

 

「Secret Kingdom」アルバム「La Vie En Rose~I Love Cinemas~」(2009年)より
映画「シンデレラ」(実写版)の主題歌、手嶌葵のお母様も大好きという曲です。

もしかして会場に来られていたのかも。そんな仕草があったような。違っていたら、ごめんなさい…。

 

「Can't Help Falling In Love」アルバム「Collection Blue」(2011年)より
アルバム収録というより、シングル「明日への手紙」に収録されたライブバージョンといった方がいいかも知れません。ギター・オオニシユウスケのアルペジオから始まります。

 

「Wouldn't It Be Loverly」アルバム「La Vie En Rose~I Love Cinemas~」(2009年)より

 

「朝ごはんの歌」アルバム「コクリコ坂から歌集」(2011年)より
一気に明るく。ホールに手拍子が響きました。中北裕子の胸に抱えた打楽器がとってもユーモラス。

 

「さよならの夏~コクリコ坂から~」アルバム「コクリコ坂から歌集」(2011年)より

 

 

 ここで休憩15分を挟みます。

 

 

「Bonjour,Paris!」アルバム「Miss Aoi - Bonjour Paris!」より
 アルバムと同じイントロデュースのSEで、期待を膨らませながらの始まり。青いワンピース、髪飾りもキラキラとキュートに様変わり。ちょっとはにかんだ「Bonjour,Paris!」の掛け声も、キュート。

 

「Cruella De Vill」アルバム「Miss Aoi - Bonjour Paris!」より
 ディズニー映画「百一匹のわんちゃん」の、手嶌葵が愛してやまないクルエラ・ド・ヴィルの歌。

 

「I Wanna Be Loved By You」アルバム「Miss Aoi - Bonjour Paris!」より
マリリン・モンローの名曲。鍵盤ハーモニカの響きも軽やかに。

 

「1000の国を旅した少年」アルバム「Ren'dez-vous」より
 このコンサート全般に言えることですが、照明がとても綺麗。特にこの時は曲にシンクロした演出でした。

 

「ちょっとしたもの」アルバム「Ren'dez-vous」より

 

「NOMAD」アルバム「Ren'dez-vous」より
アルバムとは一味違った雰囲気を出してました。

 

「Lullaby Of Birdland バードランドの子守唄」アルバム「Aoi works」より
イントロのピアノ、独り言のようなスキャット、粋なギターリフから始まります。本人はMCで「苦手な英語なので、ごにょごにょと」と笑いながら言っていましたが、ジャジーな雰囲気で惹きつけられます。

 

「瑠璃色の地球」アルバム「Aoi works」より
 熊本の地震へメッセージを添えて。夜明けの来ない夜はないさ……。この歌に励まされる人は多いはず。

 

「風の谷のナウシカ」アルバム「Aoi works」より
 あの赤いシンセは、NORD LEAD?サンプリングした、未来的な音色のイントロでした。 

 

「明日への手紙」アルバム「Aoi works」より
 本日、最後の曲として、歌い始めました。

 間奏を終えて、無伴奏のサビ。

 込み上げてくる思いに、必死に堪えながら、歌い続け、でも本当に最後、ひとことが堪えきれなくて。

 一番最後の歌詞 ”進むの”。

 言葉にならずに、手で口元を抑える手嶌葵。そんな彼女を、会場全員が暖かい拍手で支えて。思いの伝わる瞬間でした。

 

 アンコールは、大盤振る舞いの3曲。

 

「時には昔の話を」
ジブリ映画「紅の豚」より、加藤登紀子さんの名曲。アルバム音源のない曲。嚙みしめるように、とつとつと。心に沁みる歌です。

 

「心のままに」アルバム「Aoi works」より。
 「明日への手紙」や「この瞬間を」の池田綾子による楽曲。この日の演奏が、貴重な初のライブ演奏だそうです。

 

「I See A Kingdom 」
アルバム未収録のカバー曲。ホール全体で手拍子の、明るい曲。手嶌葵と、支えるミュージシャンの笑顔が印象的。

 


 なお、すっかりステージに心を奪われてしまい、メモしてなかったので、曲順があやふやで、たぶんちょっと違います。ごめんなさい。Twitterから、ぽるぽ・ろっそさん(@hyosunbo)からの情報を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。


 コンサートが終わって、一旦席を立ったものの、また別の席に座り込んでしまいました。体がふわふわ浮いた状態になって、歩けませんでした。きっと目も腫れてます。会場スタッフから「ロビーに出てください~」と促され、なんとかロビーへ移動。
 すると沢山の人の列。なんだろうと思ったら、物販購入の握手会の列でした。アルバムを買ったときは握手券などついてなかったし、さすがにこの人数は無理だろうと思っていたのですが、やるんですね、握手会らぶ
 4列に並んでしばし待機。アンケート回収の声掛けがあっていたので、立ったままアンケート用紙に記入。書いていると止まらなくなって、汚い文字でたくさん書いてしまいました…。
 思いの外、はやく順番が回ってきて、葵さんと握手して、10周年と誕生日のお祝いの言葉だけ、掛けさせて頂きました。お疲れのところ、大変申し訳なかったです…。

 


 帰りは西鉄天神駅のベンチに座り、しばし放心状態。

 Twitterで、いろんな人のコンサートのつぶやきを見ながら。キーボードの真藤敬利さんと、パーカッション・中北裕子さんがそれぞれつぶやいていたので、僭越ながら、ひとことメッセージしたりして。かなり長い時間、放心状態になっていました。

 

 

 

 誰かが、私と同じことを考えてつぶやいていました。

 「言葉にすると陳腐になりそうで、怖い。」
 どれだけ推敲しても、違うような気がしてきます。何度も書き直して。でも言葉に出来ない。感情の記憶が蘇って、涙が出そうになる。でも、そうしている間にも少しずつ、記憶は薄れていくのです。今を書き留めねば。なんとか文章にしました。少しでも、もっと多くの人に知ってほしいと思って、書きました。

 


 本当に素敵な時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。