はまおとめ稽古

テーマ:

 

早いもので来週には公演を迎えます。

4人のおとめと1人の紳士は鋭意稽古中です。

 

今回の作品、

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作「フローズン・ビーチ」は

1998年に初演をうち、第43回(1999年度)の岸田國士戯曲賞受賞しています。

こちらは「シリアス・コメディーの代表作」と銘打たれており、

他演出や劇団のもと何度も上演されています。

 

関西では2011年に是常祐美所属のシバイシマイにより上演され、

前回演出を務めた彼女は此度は役者として。

前回役者として登場したハシグチメグミは再び芝居に生きます。

 

加えて大江雅子、福田恵(劇団レトルト内閣)の二人、

演出に大沢秋生(ニュートラル)を迎え、

クリスマスも間近の真冬に真夏のお芝居をお送りします。

 

女性たちの間に起こるある事件と、

その8年後、16年後の出来事。

 

1987年の夏、とある異国の島、

夜も更けたその時間に、この物語は始まります。

 

女たちは時間の中で、互いのつながりと感情の中で、

なにを見つけるのでしょうか。どこへたどり着くのでしょうか。

 

 

幾度も上演された有名な作品です。

すでにご覧になった方もおられると思います。

そんな方にも、初めての方にも。

 

この4人+1人ではどのような衝突が、反応が、生まれるのか。

どうぞご期待ください。

 

 

AD