CURRENT MOON





ニュージーランド&南太平洋諸島での撮影コーディネイト&フリーライター(カウリ・メディア・プロダクション)

December 01, 2009

精油の声 ~サトルアロマテラピー~

テーマ:*アロマテラピーってこんなことするのです

フィクションのお話です。


アロマテラピーを始めたばかりの頃、

アロマをずっとしている人の中には、精油の声を聞くことができる人がいる、という話を聞いたことがあります。

当時は、もちろん、そんな話は信じていませんでした。

いわゆる擬人的な表現をしているのだろう、ぐらいに思っていました。


数年経って、いつしか私自身も精油をそんな言葉を使って表現していました。

精油に対しての愛着といいましょうか、アロマテラピーへの思い入れといいましょうか、距離がぐっと縮まっていたのだと思います。


それからまた数年経ったある日、精油のブレンドをしている時のことでした。

誰もいないその部屋で誰かが私に話しかけてきたのです。

正確には、誰かの声が聞こえたような気がする。

あるいは、誰かの気持ちが伝わってきて、それが頭の中で声となってそれを聞いた。

聞いてはいるのですが、鼓膜を伝わって聞いた声ではなく、頭の中で声が響いた、という感覚でしょうか。

あるいは、誰かが持っているエネルギーといいますか、波動といいますか、

周波数を偶然キャッチした、という感じでしょうか。


その内容は今でもはっきりと覚えています。特に隠しているわけでも無いですが、この場で書くのは少しはばかられますので、省略させていただきます。

興味がある方は講座や、セッションのときに、お話いたしますので、仰ってください。


ただ、それ以来、私はすべての精油に対して、すべての植物対して、

心から感謝をしたいという気持ちがすごく強くなりました。

そして、「この精油は品質がいい」とか、「この精油は・・・」、
といったことを、見たり、聞いたりすることからも遠ざかりたいという気持ちが強くなりました。


もともとはみんな、それぞれのすばらしいパワーを持つお花だったり、植物だったのです。いわゆる人間側の技術とか、産地などで一方的に分けてしまうのは、「精油なのに、ここでも競争してるの?」と思ってしまったり・・・


もちろん精油にはそれぞれオリジナルの香りがあったりもします。それぞれの香りを、理解して、精油の波動を上げると、その精油のすばらしい部分が際立ってきます。

もしかしたら、そんな本来の精油の良さを最大限に引き出すことが、アロマセラピストの楽しいところなのかもしれません。

「この精油の品質がいい」と言っていた私は、もしかしたら「執着」してしまっていたのかもしれません。


精油たちと仲良くなってくると、セッション中に

「このクライアントさんには僕が適任だよ」と

精油のほうから話しかけてくることがあるかもしれません。

すると、どうでしょう、

「わー」と声を上げたくなるような

香りのブレンドが完成するのです。

そんな風に考えると、

いままで、「ブレンドは私が作っていた」と思っていましたが、

本当は「精油さんたちが、作っていてくれた」のかもしれませんね。


という、フィクションのお話でした。



本日もありがとうございます

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

濱 美奈子 ☆カウリ・ホリスティック・ヒーリングさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。