【がま口の作り方】ハンドメイド作家による口金と型紙レシピ

毎日10個以上のがま口アイテムを制作している
ハンドメイド作家による「がま口の作り方」


テーマ:
こんばんは☆

がま口を作られている皆さんなら、こんな経験をしていると思います。

口金の開きが

・ゆるかった
・固かった


こういうことってありますよね。


普通の口金の場合は


開閉が固いときは
かしめ用器具などで玉を挟んで外側へ少し曲げたりします。




逆に開閉がゆるいときは
つまみを2個挟んで少し力を入れます。


力を入れすぎると破損する可能性がありますので少しずつです。

と、まぁ、普通の口金ならこの方法で良いのですが、



木玉口金の開閉の調節方法

木玉口金やカラフル玉口金の場合はちょっと違う方法で調節します。


玉付き口金の調整方法
こういうタイプの口金の場合は、この「真ん中の玉」によって開閉しているのです。

なので・・・


こうやって玉を挟んだり、


根元を挟んで調節しようとしてはいけません!!


「木玉」などは滑りやすいですし、金属よりも柔らかいので、
傷が付いちゃうのです(><;)



実際に私も失敗したことがあります。。σ(^_^;)

口金がもったいない。。


では、どうやって調節するのか!?


口金の「蝶番(ちょうつがい)」の部分を調節します!
別名
「リベット」と呼ばれる部分ですね☆


がま口の調整方法
まずは、右側のリベット部分を「かしめ用器具」などで挟みます。
そして外側へ少し倒す感じで曲げます。

※曲げ過ぎないようにご注意ください。


がま口の開閉の調節方法
次に左側も同じ方向へ少し倒す感じで曲げます。


これで口金の開閉がゆるくなります☆


口金の開閉が固いな~って思ったら、
この方法で調節できます(^-^)/



ということは、逆のことをすれば、
口金のゆるみを解消することもできます!




この調節方法をまとめると・・・

がま口のゆるめ方
リベットを右側へ曲げるとゆるみます。

がま口の開閉を締める方法
リベットを左側へ曲げると緩みが解消します。


とってもカンタンな方法なので、ぜひ覚えておいて損はナシ!!


原理としては、すごく単純。
リベットを調節すると、2本のフレームが内側に寄ったり、外側に寄ったりするのです。


なので、「木玉口金」「カラフル玉口金」、そして「メタルフラワー口金」のようなタイプには、この方法が適しております(^O^)/


ただし、やり過ぎはダメですよ~!

口金の中でも柔らかい部分ですし、一番消耗する部分ですので「適度」に調整して頂ければと思います。


あとは、「かしめ用器具」があると便利ですね☆

リベットに傷が付かずに調節できますので♪


「かしめ用器具」はコチラ




同じ内容をネットショップにも載せております。

口金の開閉の調節方法




こういうちょっとした知識って、知っているのと知らないのでは大きな差になりますからね♪


快適ながま口作りにお役立て頂けばと思いますo(^-^)o


今後も、お役立ち情報はちょこちょこ載せていきますね(*^ー^)ノ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

がま口の口金&型紙の専門店「ハマラボ」の店長yumicoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります