【がま口の作り方】ハンドメイド作家による口金と型紙レシピ

毎日10個以上のがま口アイテムを制作している
ハンドメイド作家による「がま口の作り方」


テーマ:

こんばんは☆

ハマラボセカンドの「ノリ」でございます!

 

このブログをパソコンからご覧になられている方はお気づきかもしれませんが、

 

右側のサイドにこのバナーがずっと貼られ続けております。

 

もう3年くらい前からですσ(^_^;)

 

ハマラボの本店では、かねてより「小さい角型の親子がま口」のご要望が多かったと本店店長が言っておりまして、それに応える形で「12cm角型親子がま口」の準備を進めておりました。

 

口金自体はすでに2年ほど前に完成済み。

 

あとは本店店長が「型紙&レシピ」をご用意するだけ。

 

なかなか手をつけられなかったのですが、昨年の夏頃からようやく試作を重ねて、秋頃にほぼ完成までいきました。

 

しかし、その秋頃に体調悪化にともない「療養生活」に。

 

そのままの状態で「お蔵入り」になっていたのですが、そろそろ「新作」として販売しようかなと思いまして、少しずつ進めておりました。

 

 

今日はまず、その「12cm親子口金」のご紹介をさせて頂きますね。

 

 

実寸サイズは「約12.3cm×約5.8cm」

ハマラボで扱っている「親子口金」では一番小さいサイズになります!

 

親フレームに対して、子フレームが大きい設計です。

 

22cmサイズと違って、このくらいの小さいサイズの場合は子フレームを小さくすると「お札やカード」の「押さえ」としてしての役割が機能しなくなるのです。

 

大きいサイズの親子口金は、カードポケットやお札スペースがあるので安心なのですが、この12cmの場合はポケットを設置するのはスペース的に困難。

 

その代わりに、子フレームの大きくして「押さえる」という役割を与えております。

 

何より、「バランス」的にも子フレームが大きいほうが良いですし☆

 

 

つまみは「木玉」です☆

しかも、ハマラボで言うところの「ちょっと大きい木玉」サイズになります!

 

「フレーム」は12cmで小さいけど、つまみは「大きい」

 

本店店長いわく、

「小さくても目立つのがハマラボ流」とのこと(笑)

 

これも「遊び心」と思って頂ければ幸いです☆

 

一応、通常の「木玉」と比べました。

大きいですね!!

 

で、その「ちょっと大きな木玉」は「茶色」以外にもご用意しております。

 

(2)抹茶色の木玉口金

和柄に合わせやすい木玉ナンバー1です!

 

 

 

(3)紫色の木玉口金

お団子みたいな、紫芋の和菓子のような、美味しそうな木玉ナンバー1です(笑)

 

 

 

(4)ナチュラル色の木玉口金

自然体。飾らずにナチュラルテイストなナンバー1!

 

 

 

(5)黒色の木玉口金

ラストは「ブラック」!!男らしさナンバー1!

 

以上が、「木玉シリーズ」になります☆

 

 

やはり「木玉」は可愛いですよね。

ハマラボでは数多くの「木玉口金」を扱っておりますが、今回のもかなり「ビビビっ!」ってくるデザインだと思いますo(^-^)o

 

この「木玉シリーズ」はだいぶ前に用意済みだったのですが、その後に、

 

「シンプルタイプもご用意したほうが、作風の幅が広がるかも」と思いまして、

 

こういうシンプルな12cm親子口金もご用意しました(^O^)/

 

シンプルながらも「竹の根ひねり」になっているので、プチオシャレです!

 

色は「アンティーク」と「シルバー」の2色。

「メンズ向け」にも宜しいかと思います!

 

 

「木玉」と「竹の根」、どちらもハマラボらしいアイテムです(^_^)v

お好きな方をお選び頂き、楽しんで頂ければと思います!

 

 

 

明日は、これらの親子口金を使って作る「親子がま口財布」の型紙&レシピをご紹介したいと思います☆

 

実に8ヶ月ぶりの「新作型紙」になります!

 

 

明日も宜しくお願い致します!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)