【がま口の作り方】ハンドメイド作家による口金と型紙レシピ

毎日10個以上のがま口アイテムを制作している
ハンドメイド作家による「がま口の作り方」

【☆ブログをご覧き頂ありがとうございます☆】

このブログは「がま口作家のyumico」が書いております☆
ハンドメイドで「がま口」作りを楽しむためのブログを目指しております!
「がま口」の型紙や作り方を中心に、いろんな「がま口」に関する話題をお届けしています♪
どうぞごゆっくりご覧ください♪
どなたでもお気軽にコメントやメッセージをくださいね(^0^)
NEW !
テーマ:
こんにちは☆

先日の「がま口ベンリーバッグ」ですが、おかげ様でご注文を多数頂いているようですo(^-^)o

口金が残り「わずか」になっているみたいですので、急ぎで必要な場合はどうぞ!

ハマラボセカンドはコチラ




で、ハマラボセカンドでの「型紙&レシピ」は今回が初めてだった訳ですが、
前々から「2号店でも型紙を販売してください」とのご要望をたくさん頂いておりました。



なぜセカンドで販売ができないのか。

大きな理由は3つあります。


-----------------------------------------------

(1)アフターフォローができない

セカンドは旦那が運営しておりまして、「がま口の作り方」に関してはまだまだ素人です。
レシピに関する作り方のご質問などがあっても、素人には対応できません。。

本店分に関しては私が責任を持って対応させて頂きますが、セカンドの分までは体調的になかなか難しいかなと思っております。
※ご質問内容を理解してもらうのに、図解を作ったり、実際に1個作り上げてお写真で説明することもあるからです。



(2)目の届かない場所での管理に不安

ハマラボの「型紙&レシピ」は複製(コピー)や無断公開などを禁止しております。
試行錯誤して時間をかけて作っておりますし、そんなことされると泣いちゃいます。。(>_<)

しかしながら、過去にオークションなどでコピーが出回っていたことがあるのです。
ハマラボのお客様が見つけてくださりご丁寧に報告してくださったこともあります。

コピーは製作者に悲しい思いをさせるだけでなく、経済面でも製作活動に大きな支障を与えます。
なので、そういうことがあってからは「型紙&レシピ」の管理は厳重にするようにしております。

セカンドの場合は、商品は一旦すべて「倉庫業者」に預けることになっております。
その倉庫からお客様のもとへ発送させるのです。
本店ですらそういうことがあったのに、私の目の届かない場所での保管や管理は危ういなと。

何ていうか、私の「疑心暗鬼」だと思うのですが、でもちょっとトラウマなのです。。(ノ_・。)
モノ作りをされている方ならご理解頂けると思います。



(3)販売準備ができない

これが一番の大きな理由かなと思います。
月に1回の本店の再オープンでは、「型紙&レシピ」は約700セット分のご注文があります。

再オープン日までに過去のご注文データを検証して、必要な種類や数を予想して事前準備。
型紙を印刷して、レシピを印刷して、折って、袋に封入して留める。

言葉にすれば簡単だと思われますが、印刷だってパソコンを立ち上げて、プリンタを立ち上げて、途中でインクを交換したり。
ちなみにプリンタは4台使っております∑(゚Д゚)!
1台や2台だと故障したり、廃インクパッドが満タンになると作業ができなくなるので、予備の意味をあって4台を稼動中です。

そして印刷物を折る。
この作業も結構疲れまして。。700セット分だと、紙は約3000~3500枚ほどです。

実は昨年、この作業がしんどくなってしまい、、ほとんど旦那にやってもらっていた時期もあるのです。
不慣れな旦那だとやはり時間がかかり思うように準備が進まなかったので、「自動紙折り機」というマシンを購入したのです。
自動で紙を2つ折りや3つ折りにしてくれる機械です。
これで作業が楽になるかなと思いきや、紙詰まりや誤作動の嵐。。
結局は自分で折った方が早いという結論で、今でも自分で作業しております。

なので本店の再オープン分を準備するのだけでも精一杯なのが現実です。

これに加えてセカンド分もとなると、現実味がないです。。

セカンドは前述どおり、契約している「倉庫」に預けるため、事前にすべての「型紙&レシピ」を用意する必要があります。
本店なら、もし足りなければ印刷して新たに追加することができますが、セカンドでは出来ません。。

今までハマラボで発表してきた「型紙&レシピ」は全部で96種類ありますΣ(・ω・ノ)ノ!

各30セットずつご用意したとして、
96種類×30セット=2880セット

2880セットをご用意するには、約14400枚の印刷作業。


そして、折って封入し、倉庫へ発送。

販売して品薄になったら、また作業してご用意する。

最初のこの2880セットも大きな数字ですが、これをルーティン作業で続けていくのは、今の私には不可能ですし、旦那もおそらく無理です。


私も旦那もセカンドで販売したい気持ちはありますし、ひょっとすると皆様以上に強くそう思っているかもしれません。。

-----------------------------------------------


「できない理由」ばかりを言うのは好きではないのですが、現状分析も大切ですので。。

そういう理由で、いままでセカンドでは「型紙&レシピ」の販売をしておりませんでした。


ただ、「できない理由」をいつまでも言っている人間にはなりたくないので、「どうやったらできるのか」を考えて行動していきたいと思っております。


そこで思い切って今回は「ベンリーがま口」からスタートさせて頂いた次第です。

ちょっとずつ、ほんの少しずつかもしれませんが、取り扱いを増やしていければと思っております。


質問などへの対応もできないときもありますので、それを考慮して「できるだけシンプル(簡単)」なタイプを2号店では予定しております。


そして早くも「第2弾」の登場です!!

ツイッターではすでにご紹介済みなのですが、
「がま口クラッチバッグ 大玉ver」です!


このクラッチバッグは


この「竹口金」用に作った型紙。



口金と布柄を目立たせるため、「できるだけシンプル」を心がけたアイテムです♪


モロッカン柄も、


リバティ柄もオススメです!


で、「竹口金」以外でも作れるかどうかを検証してみました!


「竹口金」はやはり金額的に手が出せない人も多くいると思いますので、定番の「大玉口金」でもつくれたらいいなと考えていたわけです。

「27cm大玉口金」は竹口金より約2~3ミリほど横幅が短いのですが、


無事に作ることができました(*^ー^)ノ

小さいサイズの場合は「2~3ミリ」って大きな差なのですが、これくらい大きなバッグになると「誤差」を吸収してくれます☆


でも完璧に仕上げたいなら、型紙や縫い代で調整してくださいね。


ダマスク柄にハマってしまい多用しておりますが、やっぱり「がま口」に合いますねo(^-^)o

「竹口金」のような個性はないけど、「大玉」もシンプルで良さそうです♪♪



シンプルな構造!

基本は「クラッチバッグ」なのですが、大玉口金は「カン付き」もあるので、ショルダーバッグにもなります♪♪


底も「わ」なので初心者さんにも優しい設計♪

「大きな通帳ケース」だと思ってください(笑)


これが「ハマラボセカンド」の型紙&レシピの第2弾です(^-^)/


先日の本店再オープン時にこの型紙をご注文された方は、「大玉口金」でもぜひチャレンジしてみてくださいね(*^ー^)ノ
「竹口金」とはまた違った印象の「クラッチバッグ」がお作り頂けると思いますo(^-^)o


セカンドではあと1週間くらいで販売開始の予定です。

倉庫業者さんの納入作業が完了次第の販売開始ですので、その際はセカンド店長からご連絡させて頂きますね。

私は静養しておりますので(苦笑)。


そして第3弾はいつになるかわかりません。。(;^_^A
でも本当に少しずつですが、セカンドでも「型紙&レシピ」の取り扱いが増えるように努力して参ります。



しばらくブログを更新できないので、今日はもう1回記事を書こうかなと思います。

お時間の都合が良ければ、また見てやってください。

では、また☆



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)