石垣島トライアスロン

テーマ:

いよいよシーズン到来で、はるばる石垣島トライアスロンに行ってきました。

 

予報では「曇り時々雨」、でも小雨とのことでした。

当日朝6時には止んでいて、皆ウエットに着替えてヤル気マンマン。

 

でも当日受付の7時にはザザ降りの雨。スイム中止に続いて、大会中止が宣言されました。

 

ちょうどその「時々」に当たっちゃったんですね・・・

その後9時半には雨は止み、ファンランのみ開かれました。なんとも残念。

・・・

せっかくなのでレンタカーで石垣島観光。

かなり大きな鍾乳洞や民俗村を見て回りました。

島唄を歌ってくれた民俗村のこのお姉さん。

「どこに行かれました?」

「鍾乳洞」

「えっ、鍾乳洞があるんですか?」

2月に沖縄本島から来たばかりだそうです。

川平(カビラ)湾でグラスボートに乗船。

 

「石垣島最北端」という、有り難いんだか有り難くないんだかよくわからない灯台。

美しいサンゴ礁を楽しみました。

・・・

石垣島、マンホール編。

石垣島にはマンホールハンターを自称する僕を満足させる魅力的なマンホールが数多くありました。

かっこいい「カンムリワシ」に比べ、

ちょっと漫画チックな「アカショウビン」。

馬や海の生き物、

そしてサキシマツツジ。

雨のあとで不鮮明ですが、収穫の多い島でした。

志賀高原スキー

テーマ:

春休みに子供たちを連れて志賀高原に行ってきました。

学生時代にはよく行っていたスキー。ほぼ20年ぶりですが、意外と滑れました。

やや重い雪ながら、昔と違ってゲレンデもリフトも空いていて快適でした。

子供たちにとっては初めてのスキー。

残念なことにほとんど病気をしたことがない息子が、この日に限って熱を出して寝込んでしまいました。

初心者の娘は、1日半で初級の林間コースを滑り降りるまでになりました。

・・・

スキーのついでに地獄谷野猿公苑に行ってきました。

雪の中で温泉につかるニホンザルが「スノーモンキー」として外国人に大人気で、はるばる見に来るそうです。

まあかわいいんですけど、だからどうした?って感じですね。

・・・

今回も30年前にトルコ旅行で知り合った友人がやっている小さなレストラン兼ホテルで宿泊し、いつもの絶品フランス料理を2日間にわたって堪能しました。

ホタテのムースに牛頬肉の煮込み、鴨肉、デザートに至るまで隙がなく、いろどりも華やかです。

長野電鉄、信濃竹原駅すぐの“MUSE”。1泊2食で1万500円。オススメです。

徳島マラソン

テーマ:

ずいぶん更新が滞ってしまいました。

もう1か月前になりますが、3月25日徳島マラソンに行ってきました。

(なぜか写真が横を向いてしまいます)

幻の東京マラソンから1か月。なんやかんやでほとんど練習できていません。

吉野川の河川敷を走る大会で、去年はここで何とか3時間半以内を達成しました。

序盤は何とかいつものキロ4分40秒ペースを維持しますが、中盤からキロ5分を超え、終盤はどうにも脚が持たずにズブズブとキロ6分半に大撃沈。

なんとか50分以内を目指すも、結局3時間51分。

今年は気温が高く、向かい風で(というのは全部言い訳で)これが今の実力です。

幻の東京マラソン

テーマ:

今年は第1回、第6回に続いて、6年ぶり3回目の東京マラソン出場が決まりました。

ちょうど1か月前に右脚を痛めて、一時はほとんど走れない状態でしたが、その後のレースをすべてキャンセルしてこの日に備えてきました。

前日の受付のビッグサイトは長蛇の列。

終わって走友会の仲間と都庁に登りました。

やはり東京は広い。

・・・

新宿のホテルで前泊。

ところが当日朝5時に起きて着替えをしていたところ、午前6時4分に母が息を引き取ったとの連絡を受け、急遽和歌山に引き返しました。

それにしても何で今日なの・・・

出発前には病院に見舞い、前日にも意識はあったのですが、朝病院から連絡があって間もなくだったそうです。

・・・

明るく社交的な母は、昨年6月に膵臓がんが判明してからも全く動じることなく自宅で気丈に過ごしてきました。

年明けに和歌山の病院に移ってからは日に日に弱りゆく中でも明るく過ごし、最後まで苦しむことなく意思疎通は可能でした。

600点を超える多くの絵画を残し、会いたい人にも会って、思い残すことない最期でした。

一言だけ言わせてもらうと、東京マラソンが終わるまで、あと半日待ってほしかった・・・。

こうして幻の東京マラソンと相成りました。

でもおかげで当日に親族のみのお通夜、翌日にはお葬式、初七日とすべて終えることができました。

花好きだった母にふさわしい華やかな祭壇でした。

京都タワーと京都水族館

テーマ:

昨日は大学の小児科の新年会が京都タワーホテルでありました。

参加者には京都タワーの入場券が配られます。

というわけで、京都タワーに初めて登りました。

(長年京都に住んでいる先生方もほとんどが初めてでした)

粉雪舞う京都駅、そして東本願寺を見下ろします。

そしてなんと、ドクターイエローの全長を撮影することができました!

これはかなりレアです。

・・・

せっかく京都まで来たので、ついでに京都水族館に行ってきました。

5年前にできて、子供たちは遠足で2回も来ていますが、僕は初めてです。

まずはオオサンショウウオがお出迎え。

大水槽に、

ペンギンの餌付け。

最後にイルカショー。

海のない京都に水族館?と思いましたが、規模は大きくないけどなかなか充実した展示で楽しめました。

加古川マラソン

テーマ:

今年の締めくくりとして、23日は加古川マラソンに行ってきました。

100%河川敷で行われるレースで、天候によっては風と寒さが問題になります。

この日は幸い好天に恵まれました。

直前に風邪をひいて、走り込み不足で臨みました。

走ってない分からだが軽く、序盤はキロ4分40秒、中盤は4分50秒とまずまずのペースできました。

終盤は5分15秒まで落としますが、このままいけば3時間半を切れそうです。

ところが35kmの折り返しから向かい風に苦しめられ、上り坂を登っている感覚でキロ6分10秒が精一杯。

結局3時間35分でした。

この大会、やはり35kmからの風が鬼門です。

大阪マラソン

テーマ:

大阪マラソン、第7回にして、今回が初参加です。

当日は曇り空で、暑くもなく寒くもないほどよいコンディションでした。

今回もスヌーピーで、大阪城をスタート。

美しい紅葉が見送ってくれます。

目標タイムは3時間30分。でも走りこみ不足で、とても自信がありません。

御堂筋のど真ん中を、たくさんのランナーが堂々と走ります。

先頭集団とすれ違い。

中之島公会堂に、

大阪のシンボル、通天閣は折り返しで一瞬チラリ。

予定通り序盤はキロ4分40秒ペース、中盤はなんとかキロ5分以内で引っ張りますが、3時間30分のペースランナーに抜かれてからはズルズル後退し、30km過ぎからキロ6分超の大撃沈。

結局3時間44分でした。

正直、これが限界です。

エンタスとFesta Luce

テーマ:

先日の母の作品展は好評をいただき、おかげさまで9点お買い上げいただきました。

第2弾が、11月25日まで神戸・三ノ宮高架下のen+(エンタス)で開かれています。

現在ネット販売も計画中。売り上げは小児がん支援施設に寄付します。

本人は進行期膵癌で、いつ入院してもおかしくない状態ながら、なんとか神戸で暮らしています。

ところでこのお店、飲み屋ながら定食もあって、とてもおいしいんです。

是非お立ち寄りください。

http://www.entas.info/

・・・

今日は和歌山マリーナシティで開かれているFesta Luce(フェスタ・ルーチェ)に行ってきました。

普段は閑散とした遊園地ですが、ライトアップで見違えるほどゴージャスに。

観覧車からの全景です。

1月28日まで開催中。

松山とJAZZマラソン

テーマ:

昨日まで松山で開かれた小児血液・がん学会に参加しました。

松山は和歌山と同じくらいのこぢんまりした城下町で、温泉もあってお気に入りの街のひとつです。

おなじみの道後温泉本館のほかに、9月にオープンしたばかりの別館にも行ってきました。

学会恒例のコンサートは川井郁子さん。

羽生結弦選手が演技に使っているホワイト・レジェンド他、素晴らしい演奏を披露してくれました。

さらにアグネス・チャンさんの講演会もありました。

アグネスと言えば僕が小学校1年生の時のアイドルで、なんと62歳になるそうですが、驚くことに写真の通りのかわいらしさで、スタイルも声も、たどたどしい喋り方もアイドル時代と全然変わりません。

でもユニセフ大使として世界の様々な地域を訪れ、子供たちのための体を張った活動を紹介してくれました。

・・・

松山から帰って、今日は和歌浦ベイマラソンwith JAZZでハーフマラソンを走りました。

この大会今年で17回目ですが、そのほとんどに参加しています。

もう記録は狙えないので、「本気じゃないよ」という表明として、昨年は真田丸の兜、そして今年はスヌーピーの帽子でプチ仮装。

体調もコンディションも悪くなかったけど、もう無理はききません。

結果は去年より1分遅い1時間37分でした。

目標の100分を切れて、まずまずかな・・・

エンタス

テーマ:

私事ですが、81歳になる私の母が現在膵臓癌になっています。

素人ながら描きためた絵が500枚ほどあります。

このほど神戸の三ノ宮の高架下にあるen+(エンタス)という小さなお店に展示していただくことができました。

http://www.entas.info/

わけのわからない抽象画ばかりですが、こうして飾っていただくと、ぐっと引き立ちます。

お酒も飲めて、食事もできる(とっても美味)素敵なお店です。

10月1日から2週間の予定。

販売もしていて、売り上げは小児がんの支援施設に寄付させていただきます。

お近くに来られることがあれば、是非お立ち寄りください。