さいたま市議会議員 浜口けんじのおせっかいブログ

さいたま市をこよなく愛する男 浜口けんじ(南区)の笑いと涙の活動日記です。


テーマ:

 最近、国会中継を見ていてもあまり意味がないと思っている国民のみなさんも

 

多いのではないだろうか?

 

 

 どんなにリスクのある法案であっても、どんなに説明不足の法案であっても

 

ある一定の時期が来れば、強行採決で全て政府の思いのままに通ってしまうからだ。

 

 

 

 ここ数年、国民の間でも賛否が分かれていたさまざまな法案。

 

特定秘密保護法案しかり、安全保障関連法案しかり、労働法の改正法案しかりである。

 

 

 そして、今回はテロ等準備罪法案。

 

今まで3度国会で廃案となったいわゆる共謀罪法案だ。

 

 

 なぜ、この法案が危険なのか?

 

それは、一般の市民をも巻き込んだ法案だからである。

 

 

 もしかしたら、でもに参加したり座り込みに参加を計画しただけで連行されて

 

刑務所行きになる可能性すら否定もできない。

 

 

 何をすれば刑務所に入れられるのか?の説明を担当大臣の法務大臣が答弁できない

 

ような法案をなぜ、これほどまでに早急に成立する必要があるのか?

 

こんなにも国民の間に不安があるにも関わらず、政府与党は本日強行採決を行うという。

 

 

 

 全ての法案の究極の目的は、国民の行き過ぎた自由を制限する思惑につながっている

 

とある専門家は言及している。

 

 

 にも関わらず今の国会の中継を見ていても野党も迫力がない。

 

それは私たちも反省しなくてはならない。

 

 

かと言って、今の与党の数で本当に良いのだろうか?

 

 

 どんなに反対をしても全て強行採決されてしまう今の状況を多くの国民のみなさんは

 

どう思ってらっしゃるのだろうか?

 

 

 国家の最高意思決定機関である国会があまりにも形骸化してはいないだろうか?

 

 

 

 

 せめて政権が暴走した時に、止めるだけの野党の人数が確保できていなければ

 

民主主義国家とは程遠いものとなってしまう。

 

 

 もう一度民主主義の崩壊につながらないように、健全な野党を育てることも国民の

 

みなさんにはぜひともお願いを申し上げたい。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

さいたま市議会議員  浜口けんじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります