さいたま市議会議員 浜口けんじのおせっかいブログ

さいたま市をこよなく愛する男 浜口けんじ(南区)の笑いと涙の活動日記です。

NEW !
テーマ:

 世の中にはたとえ人に「そんなこと出来る訳ないだろ」と笑われても


馬鹿にされても事を成し遂げる凄い人たちがいる。



 その代表選手が大リーガーのイチロー選手ではないだろうか?


イチローさんは小学校の時にいつも学校から帰って来るなり、野球の練習を


していたという。



 そんな彼を近所の人は「プロ野球選手にでもなるのかしら」と嘲笑ったと


いう。それから十数年して彼はプロ野球選手になった。



 プロになった最初の会見で彼は「プロになったからにはいつか首位打者


になりたい。」と言った。その時にもマスコミからは「あんな細い体で首位


打者なんて・・・」と陰口を叩かれたという。



 数年後彼は首位打者を取った。


大リーグに挑戦することになったイチローは「大リーグで首位打者に


なりたい。」と言った。



 「日本で首位打者を取ったからといって、さすがに大リーグで首位打者


は無理だろう。」という下馬評を覆し、大リーグで2度も首位打者を取った。



 日米通算でピートローズの持つ世界一のヒット数を打ってもなお、


真の意味で大リーグでのヒット数でピートローズを超える挑戦を続けて


いる。



 あまりにも凄すぎて言葉も出ない。



 しかし、私の身の回りにも笑われても、馬鹿にされてもやるべき事を


やり続けているすごい友人がいる。



 神戸で起きた震災の際にボランティアに入り、それ以来全国各地の


災害発災時にいち早くボランティアに参加。



 5年前の東日本大震災時には災害ボランティアチームを結成。


4年半にわたり福島県の復興に尽力してきた。



 誰にでもできることではない。これだけでもほんとうに頭が下がる。


しかし、その友人が今度は国(政府)を相手に民間の災害レスキューチーム


を結成するという。



 民間団体が政府を相手に「災害レスキューチーム」をつくることなんて


できるはずがない!という方も沢山いるかもしれない。



 しかし、イチローの活躍をみてもわかるようにできるという強い信念が


あれば、一見不可能と思われたことも叶う可能性が出てくる。



 私の友人の信念は尋常ではない。


多くの国民の事を思えば、大きな壁にでも果敢に取り組む強い精神力の


持ち主である。



 日本中でいつ起きるかもしれない災害に備えてこの民間主導の


「災害レスキューチーム」がモデルとなることは間違いないだろう。



 私たち行政もこうした民間のみなさんの思いにしっかりと答えて行く


必要を強く感じる。



 この友人の志になんとか答えられるような人間に私もなりたい


と強く思う。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←ぜひ黄色いボタンをクリックして浜口を応援してください!

政治ブログ に参加しています。

ブックマークに登録してぜひ毎日黄色のボタンを押してくださいね!


現在政治家ランキングには497人が登録中です!

ランキングが上がると読んでくださる方が増えるそうなんです。 


いいね!した人  |  リブログ(0)