先日、映画「この世界の片隅に」を観た。

 

その日から、主題歌の「悲しくてやりきれない」が、頭の中で

何度も何度も再生されている。

 

そして、少し茫然とする。

 

ずいぶん昔に買って大切にしていた、こうの史代さんの原作漫画を

引っ張り出して、読み返す。

 

そして、またぼんやりとする。

 

主人公のすずさんが、昭和18年に広島から嫁いで行ったのは、呉市。

 

私が、7歳まで育った街。

 

映画に登場する小高い山から軍港を見下ろす風景は、私の原風景と

重なる。

 

その風景の中で、すずさんは、笑ったり泣いたり旦那さんとけんかを

したりしながら日々の暮らしを営む。

 

すずさんの幼馴染の青年が言う。

 

お前は、ほんまに普通の人じゃ。

あたりまえのことで怒って、

あたりまえのことで謝りよる。

 

すずがここの家を守るんも、

同じだけあたりまえのことじゃ。

 

そう思うてずうっと

この世界で普通で・・・

まともでおってくれ

 

すずさんの暮らしを観ていると、戦争は遠い過去の出来事ではなく、

現在の暮らしも、その延長線上にあるのだということが、胸に迫ってくる。

 

この世界で、まともに普通に暮らすことの難しさ、尊さも。

 

監督の片渕須直さんは、当時の広島の天候から雲の量まで調べて

空を描き、戦争を体験された人たちから話を聞き、今はもうない

広島や呉の街並み、そして、人々の暮らしを映画に再現させた。

 

そのディテールの繊細さは、私自身もすずさんたちとその街で

同じ空気を吸い、近所で暮らしているような錯覚を起こさせ、

空襲警報におののき、野草をどうやって料理しようかと思案させ、

家族の安否に胸を痛めたりするような体験を与えてくれる。

 

自分も一緒にその世界に生きている、と感じさせてくれる映画って、

そうそうないんじゃないかなと思う。

 

すずさんの声は、女優ののんさん。

あまちゃんの東北弁に続き、今回は広島弁。

 

違和感は、ゼロ。

 

それは、演技などを超越して、すずさんがそこに生きていると

感じさせてくれる声。

 

広島弁って、可愛いな優しいな、美しいなと思わせてくれる声。

 

のんさんの才能は、桁違いなんだと思う。

 

すずさんが実在していたら、今は92歳。

義父と同い年か。

 

誰にでもある、背負いきれない悲しみや痛み。

 

それを受け入れ、穏やかに振り返り、笑顔になれる日が来るのは、

ひとりでは無理なんだね。

 

周囲にいてくれる人が、さりげなく、少しずつ、分け合って背負って

くれていたから。

 

そんなことにも気づかされ、普通に今日のご飯をいただきながら、

誰にともなく、「ありがとう」と伝えたくなった。

 

 

 

ボイストレーニングであなたのピュアボイスを輝かせる!*マミィズボイススタイル

 

昨年秋、娘が所属している高校の演劇部へ、

ボイストレーニングに行きました。

 

子どもたちに向かって

「自分の声が苦手な子っている?」と質問をしたところ、

なんと、ほぼ全員が手をあげたのです。

 

なぜ、自分の声が苦手になってしまうのでしょう。

 

その原因の一つに、

普段聞いている自分の声」と、

録音された声」に、違いを感じてしまう

というのがあります。

 

普段聞いている自分の声は、自分の身体の中で響く音(骨導音)と、

外から聞こえる音(気導音)が、合わさって聞こえています。

 

録音された声は、気導音のみが録音されます。

ギャップがあるのは当然ですね。

 

でも、自分の声を好きになる方法はあります!

 

それは、「ひたすら自分の声を聴く」こと。

 

普段の声も、録音された声もジャッジをせずに何度も聴く。

 

自分の声を「聴き慣れていく」ことで、

ギャップが気にならなくなり、自分の声を受け入れられる

ようになります。

 

そこからが、スタート!

 

少しずつでも良いので、自分の声に自信が持てるようになると

素敵ですね!

 

☆~あなたの毎日が、歓びと美しい響きに満ちて

幸せでありますように~☆

 

(2017年1月16日発行・ミニマグより)

 

 


ボイストレーニングであなたのピュアボイスを輝かせる!*マミィズボイススタイル

 

僕は君を許さないよ 
何があっても許さないよ

 

新年早々、こんな不穏な言葉に出くわした2017年。

 

これ、ある人気バンドの楽曲の歌詞なんですけどね。

 

耳をふさぎたくなるような、常軌を逸した残酷な言葉で、
関係のあった女性を罵倒し続ける歌です。

 

こんな歌が、巷で流れているなんて
ビックリ!

 

カラオケで歌ってくれた若者の口から、
これら言葉がボロボロとこぼれてきた時、
私、かなり動揺しました。

 

「放送禁止になってないの?」と尋ねたら、
「なっていません」とのこと。

 

そうかぁ・・・
でもなぁ・・・

 

もしかしたら、こんな恨みつらみの感情で
爆発しそうな人って、思った以上に多い
のかもしれませんね。

 

誰かを「嫌い」だと感じるのも、
誰かを「許さない」と思い込むのも、

 

みっともない自分が「嫌い」で、
簡単に傷ついてしまう自分が「許せない」

からだと思うんですけどね。

 

だから嫌いな人が去っても、また新たな
嫌いな人があらわれるし、「許さない」
出来事に遭遇しやすくもなるんじゃないかな。

 

◆◆◆

 

誰かの、弱さや情けなさや失敗や動揺を
許さない人、軽蔑する人、罵倒する人って、

自分自身の、弱さに気づいていないか、
気づいていても認めないし、隠します。

 

自分の弱さが、許せないんですよね。

 

自分の弱さに気づいて、
思っていたほど、凄い人ではないな

と等身大の自分を受け入れ、「弱くても
良いんだな」と、罪悪感を捨てて生きる。

 

自己受容ってことですかね。


それが出来ると、かなり楽になれます。

 

すると・・・

 

誰かの弱さにも、寛容になれるんです。

 

弱くても、情けなくても、失敗しても、
みっともなくても、いろいろ不自由でも、
私は大丈夫。

 

その根拠も、他者からの承認がなくても、
大丈夫。とにかく絶対に大丈夫。

 

どうせ思い込むなら、そう思った方が、
生きることは、はるかに幸せです。

 

~あなたの新しい1年が、歓びと美しい響きに満ちて
幸せでありますように~

 

追伸: 自己受容は、練習が必要なんですよね。

自己否定の「呪い」がかかっている場合は、特に。

 

(2017年1月13日配信メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)

 

 
ボイストレーニングであなたのピュアボイスを輝かせる!*マミィズボイススタイル

 

50代真ん中の浜田は思う

テーマ:

今年の秋で、56歳になる。

50代後半に突入。

充分に大人の年齢だ。

 

以前、尊敬する先輩から、

 

人前に立って何かを伝えるのは、

50代からが本番よ

 

と言われた。

 

上の世代も、下の世代とも、

肩の力を抜いて関われる年齢だから、

という理由だったと思う。

 

きたきた。

まさに、ど真ん中だ。

 

肩の力を抜いて・・・

 

きっと、ここが鍵なのかもね。

 

肩の力を抜くためには、執着を手放し

前向きにあきらめる

ってことが必要になるもの。

 

今、前向きに、肩の力はずんずん抜けて

行っている感じ。

 

親の世代を見ているからかな。

 

義理の母は、83歳。

昨年、脳梗塞で倒れて、右半身が不自由になった。

かたわらでサポートをする義父は、92歳。

数年前から人工透析を続けている。

 

今、共に暮らす実父は82歳。

昨年胃癌の手術をして、胃の半分を摘出した。

 

三人とも、ゆっくりゆっくり、休み休み、

子どもと大人を行きつ戻りつしながら、

時を刻んでいる。

 

やがて、私もたどる道。

じたばたしても、いつか、なるようになる。

 

片や16歳の娘は、とてつもないスピードでキーボードを打ち、

スマホを操作し、いつでも、どこにいても世界とつながる。

 

想像すらできない巨大な情報の渦の中を、たくみに、

自分の「好き」を選択しながら、器用に泳いでいる。

 

私が経験できなかった、新しい10代。

 

この異なるふたつの世界を、同時にタッチしている私は、

この先、どんな景色を見るんだろう。

 

そして、そこにいる人たちに、

どんな言葉を伝えようとしているのだろう。

 

いずれにしても、今は、背筋を伸ばしてちゃんと立っていよう。

 

誰かの深いところから湧き上がる声を、柔らかく受け止め、

私の深いところから湧き上がる声を、真っ直ぐに届ける。

 

そのための、勇気としなやかさと「抜け」は、

穏やかで愉しい、「心と身体が育む」のだと、

大人の私は知っているのだから。

 

 


 

 

 

ボイストレーニングであなたのピュアボイスを輝かせる!*マミィズボイススタイル

 

2017年、最初のプチトレです。

 

さて、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

 

逃れられない、自分自身や家族との関わり。

 

多かれ少なかれ、「重いなあ」「しんどいなあ」と、
感じられた人も多かったのでは。

 

でも、そう感じることって、
悪いことではないなと、最近思うんですよね。

 

」の本質に気づくために
」の本質を生きるために

 

鏡になってくれる「私以外の誰かの存在」って必要ですものね。

 

誰かとつながるためには、「」が必要です。
」を受け取り「」を届ける勇気が必要です。

 

今年も、私が大好きな「」に関わることを、レッスンやメルマガや、音声配信や・・・
もう、さまざまな方法で届けしますっ!!

 

ぜひ、追っかけてくださいね!

 

あなたがより幸せに生きるためのヒントを、どこかでポロっと拾っていただければ
とても嬉しいです!

 

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

☆~あなたの新しい1年が、歓びと美しい響きに満ちて幸せでありますように~☆

 

浜田真実

(2017年1月9日配信・ミニマグより)

 

 

 


ボイストレーニングであなたのピュアボイスを輝かせる!*マミィズボイススタイル