昨年の末頃にパナソニックから発売されましたワイヤレスの

 

カメラ付きドアホンの工事です。まずはメーカーサイト詳細から

 

VL-SGD10L(Panasonic)

 

 

無線接続だから、配線工事不要でかんたん設置

電池式のワイヤレス玄関子機は配線工事不要でかんたんに設置できます。DECT※1準拠方式の採用により他機器との電波干渉による通信障害が少なく、ワイヤレスモニター親機は、家の中の好きな場所で来客応対できます。

 

 

 

  • 取り付け場所の素材によって設置加工(アンカー)が必要な場合があります。
  • ※ ワイヤレスモニター親機とワイヤレス玄関子機の間に障害物が無い場合、約100m以内の距離で使えますが、
    建物の構造や周囲環境によっては、電波の届く距離が短くなります。

ワイヤレスだから、家じゅうどこでも「動画」で来客応対

ワイヤレスモニター親機は持ち運べるのでリビングでも、キッチンでも、ベランダでも「動画(1秒間に最大10コマ)」で来客応対できます。約2.7型液晶で人の顔もはっきり確認できます。

 

 

ボタンひとつでかんたん操作

モニターボタンを押すと、室内にいながら、玄関先の様子を映像と音で確認できます。

  •  ドアホン電池セーブの設定が「標準」の時

玄関に行かなくても通話ができるハンズフリー通話

通話ボタンを押せば、室内から来訪者とハンズフリーで通話できます。
通話音量や呼出音量が調節できるので、お使いになる環境に合わせた音量設定が可能です。

留守でも来訪者を確認できる録画機能を搭載

来訪者の画像(静止画:最大100件)を自動で録画できるので、留守でもあとから確認できます。

 

 

電池寿命最大1年間と長く、頻繁な交換が不要

ワイヤレス玄関子機はパナソニック製 充電式エボルタハイエンドモデル6本の使用で最大1年間※3使用できます。電池を頻繁に交換する必要がなく便利です。

(乾電池は別売品です)
  •  その他の充電式ニッケル水素電池、アルカリ乾電池、リチウム乾電池もお使いいただけますが、次の点にご注意ください。
    ・電池寿命が短くなることがあります。
    ・電池の保証温度、湿度の範囲内でお使いください。
    ・リチウム乾電池の場合は、公称電圧1.5V以下のものをお使いください。
      (製品の破損防止)

 

ここから工事写真です。。

 

 

既設のドアホン(玄関子機)です。カメラは付いていないので、

 

屋内の親機との通話のみとなります。

 

 

子機を外しました。

 

 

 

新規のカメラ付き子機の設置が完了です!

 

ちなみに蓋を開けると、

 

 

単三の乾電池を6本入れます。(壁に取付前に入れておきます)

 

気になる電池交換の手間ですが、プラスドライバー1本で

 

簡単に交換が可能です!!

 

屋内の親機です。

 

 

取付直後なので、親機のホルダーに入れて充電中ですが、

 

充電が終われば、テーブルの上や、ポケットに入れて

 

持ち運べます。ワイヤレスならではです!!