ブレーカの交換工事をしました。


「 ブレーカが落ちるので東京電力に見に来て

もらいましたら、
’ブレーカが故障しています ’

と言われました 」



という問い合わせをいただきました。


ブレーカが落ちる要因としまして、よくあるのが


使いすぎ(容量オーバー)

漏電

短絡(ショート)

などですが、たまにブレーカの故障が

原因というのも有ります。





上から3番目のブレーカが壊れたブレーカです。

交換までの一時的な措置として東京電力の方が、

すぐ下のブレーカ(壊れていない)に、配線を共ハサミして

使えるようにしてくれたそうです。

(3番目のブレーカの右側に配線が無いのが確認出来ます)





交換が終わりまして、ブレーカが新しくなりました。