戸建住宅のお客様からのご依頼でした。

キッチンにダウンライトが均等に配置されているのですが、その他の

照明は無く、ダウンライトの間隔も広かった為に作業をする調理台の

明るさが足りず、

「 もっと明るくして欲しい! 」 とのご依頼でした。


工事前の画像です。 右側に見える丸いのがスピーカーで、

奥に小さく確認できる2つの丸いのが、既設のダウンライトです。



今回の目的である調理台の上を効果的に照らす位置が最優先で

穴の位置を決めるのですが、それだけで簡単に穴を開ける訳にも

いきません。 最寄りの既設のダウンライトから天井裏の状況を

ライトやスマホで調べながら、天井下地材と被らない位置を探って

いきます。 (画像ではすでに穴あけが終わっています)



( 黄色の実線部分裏に天井の下地材が有ります)

そして黄色の2本の線の真ん中あたりの直下に調理台が有ります。

調理台の真上にダウンライトを増設してしまうと、作業時に頭の影が

出てしまうので、少し離したところから角度を付けて照らします。

角度を付けるにはこのような器具を選定します。






パナソニックのユニバーサルダウンライトです。

360度灯体が回転しますので、どの方向でも狙えます。

色温度(光の色)は、既設ダウンライトとお客様の

ご要望にも合わせて電球色にしました。



工事が終わり、点灯試験と角度調整を行いました。 奥様には

大変喜んで頂けましたので良かったです。