ドアホンの交換工事に行ってきました。



この受話器が室内側の親機になりまして、これを
 
今回の工事ではカメラ付のドアホンに交換する予定です。

開けてみますと・・・




電源(AC100V)の配線が有りませんでした。。

こういう予期せぬ事がたまに有ります。

電話での受付応対時にお客様への確認不足でこういう

事態に陥ります






実はこの中に乾電池が入っていまして、それを電源として

使われていたものでした。。。 新しいドアホンは乾電池では

動きません。 AC100Vが必要なのです。

そこでお客様に事情を説明いたしまして、急遽最寄の
 
コンセントよりモール + 電源線配線工事を追加で行いました。




幸いにも、モール一式は常備品として車に積んで
 
ありましたので何とか工事を収めることが出来ました。