同一壁面の対角位置にコンセントを増設しました。


コンセントの増設や移設では、次の要素をわかる範囲でお知らせください。
まず施工の前に、コンセントをどんな電化製品を使うために欲しいかを

お知らせください。 その製品の能力によって、最寄のコンセントから

分岐で良いのか、分電盤から専用線を配線しなければならないのかで

大きく見積金額が変わります。

また施工面では、次の要素次第で施工法が変わります。

① 移設元、移設先の壁の素材、 コンクリート、ボード、他

② 天井に点検口の有無
  ・ 点検口が付いていれば、隠蔽配線(壁や天井の中に配線)が
    出来る可能性が高まります

③ 天井照明の種類
  ・ 埋め込み(天井とフラット)の照明などが付いていると点検口の
    代わりになる場合が有ります


そのほかにも細かい条件や要素はいくつかありますが、見積に

お伺いした時などにお話しさせていただいています。


今回の工事です。



移設元(電源)のコンセントです

写真の左下のほうにモールが確認出来ます




巾木の上にモールを移設先まで貼りました






コンセントの増設が終わりました


コンセントの下の方に、延長してきた配線を収納している

モールが確認出来ます。