賃貸マンションにて、コンセントの専用回路の工事をしてきました。

使用する電化製品は単相100v1900wの

大容量のコーヒーメーカーです。


モール工事(露出)と配線の隠蔽工事を組み合わせ、

尚且つ原状回復も
見据えての配線工事です。


モール工事の様子

電線が見えていますが、




曲がり角には、こういう便利な部品が有ります。





柱や出っ張り部分は、こうして乗り越えて行きます。


コンセントの設置位置まで、やって来ました。



コンセントを埋め込むためのボード開口をします。




コンセントを取り付けました。




エアコンなどでお馴染みの、ILコンセントです。


消費電力15A、20A兼用の大容量コンセントです。


今回、お客様のご用意されたエスプレッソマシンは、


電圧が単相100v(ボルト)、消費電力1900w(ワット)なので


普通のコンセントでは使えません。

(一般的なコンセントは15A、1500wまでです)

このようなコンセントに交換しなくてはなりません。

そして電源線も既設の分電盤から専用回路を配線するか、

最寄の使っていない専用回路から延長配線するかの2択になります。


コンセントの設置が終わり、お客様に試運転をして頂きまして

電流値を測りました。






数値は15.4A(アンペア)を示しています。

電流値を、お客様にも一緒に見て頂きました。

これで一安心です^^