浜崎電気のブログ

電気工事の施工に関わる情報、自治体による電気工事関連の補助金、助成金の情報、その他私事も含めまして不定期にアップしていこうと考えています。


テーマ:

 

 

スイッチの修理・交換について
 

片切スイッチからタイマー付のスイッチへ交換です。

 

旧片切スイッチ → コスモワイド21 あけたらタイマ

 



ナショナル(松下電工) 旧シリーズ

片切スイッチ

 

今回の工事は、2階建て戸建の外部階段(玄関が2階)の
 
照明をタイマー制御させて照明をオンオフさせたい!
 
との依頼です。上下2つのスイッチがそれぞれ
 
玄関内部、外部階段灯のスイッチでした。
 
工事の目的は、朝お仕事で出勤の際に外は明るいので
 
照明を点灯させる必要は有りませんが、
 
お仕事の残業、急な用事、友人との食事などで
 
帰宅時間が遅くなった時、お部屋に上がる外部階段は
 
照明スイッチがオフになっているので真っ暗です。
 
そこで照明スイッチのタイマー機能で決められた時間に
 
自動的に照明を点灯させることにより帰宅が
 
遅くなって外が暗くても照明は点灯しているので
 
階段を上るときに安全になります!
 

 


PANASONIC電工 コスモシリーズ
 

あけたらタイマ

 

交換工事が終わりました。 玄関の照明スイッチは

 

上に付いています。下部分のふたを開けている

 

部分が、階段の照明のスイッチです。
 

主な使い方としては、まずスイッチの内部タイマーを

 

現在時刻に合わせそのあと、点灯させたい時間と

 

消灯させたい時間を設定するだけです。
 

このスイッチは、明暗センサや人感センサ
 

などは搭載していません。


内蔵されているタイマーで照明をオンオフさせます。 
 

夕方の暗くなる時間帯に点灯させて
 

明け方の明るくなる時間帯に消灯などの使い方に


なりますので、夏と冬に一度ずつの
 

設定変更ぐらいで良いかと思います。

 

一度設定したら、停電やブレーカが落ちない限り
 

時間通りに作動しますので、タイマーをいちいち
 

設定することは有りません。 
 

そしてタイマーで自動でオフになるので、
 

スイッチの消し忘れがなくなり


電気代の節約になります。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)