浜崎電気のブログ

電気工事の施工に関わる情報、自治体による電気工事関連の補助金、助成金の情報、その他私事も含めまして不定期にアップしていこうと考えています。


テーマ:


文京区の白山にて今年の1件目のアンペア減設工事です。

現在(工事前)の契約は、主開閉器契約の12kvaです。

ちなみに、12kvaの基本料金は

 

 

12 × 273(税込)  = ¥3276  という計算になります。

※ 東京電力の基本料金は、 1kva = ¥273(税込) です。(H25年1月現在)

 

 

 

 

 

減設工事後の契約ブレーカーです。(SB)工事前の分電盤の画像です。今回、左側のスペースに

 

東京電力のサービスブレーカを収納するための箱を設置します。

 

 

 

箱の設置が終わりました。

 

減設工事する前の、契約ブレーカーです

 

 

これが工事前の契約ブレーカです。

 

これは既設の分電盤の中に付いています。

 

漏電ブレーカ と 60A と書いてあります。

 

単相3線式のR相とT相でそれぞれ60Aづつの許容電流と

 

なり、合計で120A  = 12kva ということになっています。

 

どちらかの相が60A流れた時点でブレーカが作動して

 

しまいますので実際は、120A=12kvaを丸々使えるわけでは

 

ないのですがあくまでも理論値です。

 

本工事では東京電力のサービスブレーカを取り付ける

 

のですが、こちらのブレーカと交換するわけではなく、

 

このブレーカを残しつつ新しくサービスブレーカを取り付けます。 

 

何故かと言いますと東京電力のサービスブレーカには

 

漏電遮断機能が付いていませんので、このブレーカを残します。

 

 

減設工事後の契約ブレーカーです。(SB)

 

 

上の40Aと書いてあるのが、今回の工事で変更後の

 

契約ブレーカになった東京電力のサービスブレーカです。

 

サービスブレーカは一番容量が小さいもので

 

 

5A   10A   15A   20A   30A   40A   50A   60A

 

 

の8種類があり、それぞれ色分けされています。

 

40Aのサービスブレーカは、 4kvaになるので基本料金は

 

4 × ¥273  =  ¥1092  です。

 

工事前( 12kva=\3276 ) - 工事後( 4kva=\1092  )で  、


ひと月あたりで、 ¥2184 もお安くなりました。

 

 

お客様にも大変喜んでいただきました。
 
このたびの工事のご依頼ありがとうございました。
 

 

アンペア減設工事では、現在の契約状況、

 

家庭内での電化製品の使用頻度、家族人数、

 

各家庭ごとのピーク時の電流値想定と測定、

 

分電盤周りのスペース調査など必要な情報が

 

沢山ありますので、弊社では一度現地確認を

 

させていただいております。

 

お気軽にお問い合わせください。ホームページも御座います。

 


 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)