6/23(木)は、深夜から朝方まで大雨洪水警報が発令されるほどの大豪雨でしたので、お友達との待ち合わせが無事に出来るか心配でしたが、どうにかお友達と合流し、TOHOシネマズ二条まで『帰ってきたヒトラー』を劇場鑑賞してきました。

 

映画を鑑賞した後、JR京都伊勢丹まで足を伸ばして、美術館「えき」KYOTOで、6/17(金)から目下開催中の『イラストレーター安西水丸展』の展示会に行って来ました。

 

 

 

惜しくも、2014年に逝去なされた、イラストレーターの「安西水丸」さんというと、私の場合や、或いはまた、読書好きの御方々などからすれば、村上春樹さんの本の装幀や挿絵イラストを担当なされていた事が有名なイラストレーターとのイメージが非常に強いかも知れないですが、その実、安西水丸さんご自身がエッセイ集、絵本、小説、漫画などまでもを多数出版されているほど、エッセイスト、小説家、絵本作家、漫画家といった、多方面に亘る、別の顔(肩書き)もお持ちみたいでしたね。

 

 

 

 

※尚、美術館入口のこのパネル以降は館内は写真撮影不可でしたので、この展示会での作品群をご紹介出来ませんが、その点はご了承下さいませ。

 

この展示会では、特に、私の場合には、企業向け各社のポスターのイラスト画が印象的でした。

また、公私にわたり親しい間柄だった嵐山光三郎さん、村上春樹さん、和田誠さんの三氏とのお仕事を紹介された展示物にも、非常に興味が惹かれ、自分自身が持っている村上春樹さんなどのエッセイ集の文庫本の表紙イラスト画の原画なども展示してあって、ついつい親しみ深く感じましたね。

 

 

 

 

 

●お土産

 

▲作品集『イラストレーター安西水丸』(2500円+税)

 

 

▲A4サイズクリアファイル(各1枚378円)

 

▲ポストカード(各1通140円)

 

※尚、数々の関連グッズも販売されていた中、今回の展覧会のフライヤー(チラシ)にも使用されている、イラスト「口笛のきこえる(1985年)」の小型ポスター画(複製)も比較的に安価で販売なされていたのですが、私の場合には、この展覧会では、作品集(2700円)とA4サイズクリアファイル×2枚(各378円)とポストカード×3通(各140円)のみを購入し、今回はポスター画の購入については見送った次第です。

また、この展覧会の関連グッズにも各種Tシャツもありましたが、デザインがメンズ用っぽくなかったのもあり、今回もTシャツは購入せずに済みました(笑)。

 

尚、開催期間はあと残り半月ほどですが、7/10(日)まで開催中ですので、ご興味が惹かれた御方々は是非ご来場なされては如何かと思います。

 

 

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。

 

 

AD

熊本支援チャリティー上映会『うつくしいひと』の上映については、京都市内では、すでに、イオンシネマ京都桂川にて、5/29(日)・30(月)の両日のみにて実施され、そのうちの5/29(日)においては上映機材の機器トラブルで上映中止に見舞われ、私も、その現場に居合わせて、肝心の映画『うつくしいひと』自体を観賞する事が出来なかったのですが、今回、京都シネマにおいて、6/25(土)~7/1(金)の期間、1週間限定上映が決定した模様ですので、皆様にもお知らせ致します。

 

※本上映会は、熊本地震のチャリティー上映会となりますので、経費を除く入場金はすべて寄付されますので、出来るだけ多くの映画ファンにご参集頂ければと願っております。

 

●開催場所:京都シネマ(四条烏丸下ル西側COCON烏丸3F)

 

●問合せ先:☎075(353)4723

 

●開催日時:6/25(土)~7/1(金)連日19:10の夜1回上映。

 

●上映時間:実質39分の短編映画です。

 

●入場料金:一律1.000円(※尚、会員ポイントはつきません。)

 

●公式サイト:くまもと映画製作実行委員会「うつくしいひと」

 

 

 

 

●映画『うつくしいひと』予告編

 

 

 

※尚、【要望】が出来るのならば、連日夜の19:10からの1回上映のみというのが、夜の回のみでは観に行きにくいという、かなりの数の声も聞きますので、より多くの映画ファンにご参集頂くためにも、午前中若しくはお昼の回のチャリティー上映会の開催も是非ともご検討下さればと、今回のチャリティー上映会の開催者の京都シネマさんには願うばかりです。

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。

AD

イオンシネマ京都桂川で、『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』を鑑賞後に、このディズニーアニメ『ズートピア』2D吹替版をハシゴ観賞。

 

「夢と自由。差別と偏見。(16.6/7・2D吹替版・劇場)」

ジャンル:ファンタジー

原題:ZOOTOPIA

製作年/国:2016年/米

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html

上映時間:109分

公開日:2016年4月23日(土)

監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア

(共同監督)ジャレッド・ブッシュ

 

※オリジナル版の声の出演は、日本語吹替版の観賞のため省略させて頂きます。

 

 

 

今作は、短編アニメ映画なしの長編アニメ一本勝負。

MX4Dや4DXといった、いわゆる<4D>の映画に対応させるためなのか、お楽しみの短編アニメ映画もなく、エンディングロール後のオマケ映像もなかったのが少々残念でしたね。

 


ピクサーと一緒になってから快進撃が続くディズニーの長編アニメーションの中でもとりわけ出色ではないかと思われる、世知辛い世の中を身近な動物社会に置き換えた作品。

 



まさしく、動物の理想郷(ユートピア)を思わせる<ズートピア>は人種・宗教・文化などが様々入り混じったアメリカ合衆国自体をなぞらえているのは、あまりにも明白。

(景観デザインは、多分に東京を参考にしているらしいですね。)

 


ここに来れば、夢と自由があると信じているものも多いのであろうが、現実はそうは甘くはない。
権力の闇の構図をウサギの新米警官ジュディとキツネの詐欺師ニックという敵味方関係の協力で暴いていくミステリー劇。

 



社会人においては、もはや世の中はキレイごとだけではまわらないのは身をもって知っているのかもしれませんが、アメリカ合衆国に、いまも根強く残る人種差別問題や先入観の弊害、果てはドラッグ問題(?)までもが、さりげなく盛り込まれることにより、子供達の情操教育にも感化させるという狙いが多分に見て取れる映画となっているようでしたね。

 

 

監督が『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアの二人体制というのも、今回特筆すべき点かも知れないですね。(二人体制は滅多になく『アナと雪の女王』以来。)

 



細部の作り込みがものすごくて、『ベイマックス』の時以上に、情報量が半端ない。
どれほど目を凝らしても拾いきれないくらいに細部にもアイディアが散りばめられている感じがするほどでしたね。

たとえば、街並みの中の窓に、ミッキーマウスの形の窓が発見出来たりとかね(笑)。

 

 

そして、あちらこちらに映画のパロディもみられましたよね。

露骨な『ゴッドファーザー』ネタはともかく、事件解決のタイムリミットが48時間ってのも、まさに『48時間』の白人刑事と黒人のチンピラの凸凹コンビのバディ映画を地で行ってるし(笑)。

 

 

また、最近の日本ではそうでもなくなって来ましたが、劇中のズートピアの免許センターでは、職員の動作が鈍過ぎるというのは、アメリカのみならず、どこの国でも当てはまる問題なのかも(汗)。

 

 

今回は、2Dの日本語吹替版で観賞しましたが、主人公のウサギの新米警官のジュディ役の声の出演に女優の上戸彩さんが起用されていましたが、思ったよりも、それほど酷くもなくて違和感もなかったですね。

 

警察の受付係のチーターのクロウハウザーもお笑いタレントのサバンナの高橋茂雄さんがご担当されていたのも、パンフレットを読んで初めて知ったくらいでした。

 


この作品は、小さなお子さんから大人まで楽しめると思いますが、ミステリー劇自体に決着はみても、むしろ安易に本質的な問題解決の答えを出してない点からすれば、大人向きなのかもしれないですね。

 

もっとも、どれほどの感動があったとしても、最後の歌姫のガゼル(シャキーラ)もさることながらも、最後の最後には、動作が鈍いはずの“ヤツ”が全部笑いに変えてかっさらっていくんでしょうけどね(笑)。

 

 

私的な評価と致しましては、

あの『アナと雪の女王』の記録を抜くほど大ヒットをしているくらい評価が高いと言った、巷間の評判通りに、なかなか楽しめるアニメ映画になっていて、単純にミステリー劇としても面白く、また本質的な社会が抱える、人種差別問題やそれに伴う職業差別や先入観による弊害などの問題提起を、さりげなく内包する映画でもあることからも、充分に大人も楽しめる映画になっている点で、凄く優れたアニメ映画かと思いました。

 

但しながらも、自然界・動植物の世界における<食物連鎖>の点に関しては、まったくの不問にしている点がやや疑問が残るかも知れないとも思われましたので、その点をやや差し引きましても、ほぼ満点の★★★★☆(90点)の高評価も相応しい作品かと思いました。

 

 

出来ますれば、続編をも匂わす終わり方でしたので、是非とも続編の製作も希望したいところですね。

 

●映画『ズートピア』予告編

 

 

 

●映画『ズートピア』主題歌「トライ・エヴリシング」PV  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。

 

 

AD

「故・今井雅之さんの想いの連鎖の実現(16.6/7・劇場)」

ジャンル:人間ドラマ

製作年/国:2016年/日本

配給:KATSU-do

公式サイト:http://www.teotsunaidekaerouyo.com/

上映時間:107分

公開日:2016年5月28日(土)

監督:奈良橋陽子

出演:川平慈英、すみれ、七海、板尾創路、LiLiCo、吉田敦、藤田朋子、勝矢、別所哲也、岡安泰樹、中居正広ほか

 

 

 

2015年に53歳で急逝した俳優・演出家の故・今井雅之さんが自らの戯曲を基に書き残した脚本を、『ラスト・サムライ』『終戦のエンペラー』でキャスティングディレクターを務めるなどハリウッドとの縁も深く、ゴダイゴなどの楽曲の作詞家としても有名な、奈良橋陽子さんのメガホンで映画化。

 

 

軽度の知的障碍がある夫婦を主人公に、ピュアな思いで生き抜こうとする葛藤と、反戦へのメッセージを描いた作品であり、故・今井雅之さんと親交が厚かった俳優さん達が勢揃いした映画ということでしたが、とりあえずパンフレットのみは購入し、DVDソフトが出るまでスルーしようかと思っていましたところ、アメブロの映画好きブログ仲間のジョジーさんのブログにて、「いい映画だった!」と絶賛されている記事を目にして、私も、お友達を誘って一緒に観賞に行って来ました。

 

 

率直な感想と致しましては、

最近の邦画においては過度に台詞で説明させるような映画が多い中、無駄に説明調な演出がない点は良かったとは思いましたが、元々が舞台劇だったからかも知れないですが、設定描写やお話しの流れなど細部の繋ぎがかなり粗いようには感じてしまいましたね。
その点で、舞台劇と実写映画とのギャップが埋めきられていない様にも感じて、イマイチ勿体なかったですね。

しかしながら、私の場合、観賞中は、そんな細部の枝葉末節に囚われることなく、作品自体の全体像を観るべく心掛けていましたので、そんなにも酷く気になるほどでもなかったですね。

 

 

たしかに舞台劇の実写映画化の脚本・演出は難しいとは思いますが、同じく、知的障碍者を扱った戯曲の実写映画の『くちづけ』も感動させられましたが、今回のこの作品『手をつないでかえろうよ』でも軽度の知的障碍者の真人役を演じられた、川平慈英さんの渾身の演技が凄く上手くて、本当に涙がホロリとさせられるほど素敵でしたね。

川平慈英さんの演技は、劇団☆新感線でのコメディの舞台劇での演技は拝見させていただいたことはあったのですが、こういった難役にも上手く対応されていて凄く感心致しました次第です。

 

実際の舞台劇を観ていないので、この今回の映画化ではどの程度の完成度かどうかは解りかねますが、真人役の川平慈英さんはじめ、咲楽役の七海さん。武内麗子役のすみれさん。自動車教習所の平岡先生役の岡安泰樹さん。真人の父親役の板尾創路さんなど皆さん好演されていて良かったですね。

 

 

 

 

パンフレットを読ませて頂くと、舞台劇の設定から、かなりの改変が見受けられたみたいですが、映画化に際して、自動車教習所の平岡先生を新規に配役したのは正解だったと思いましたね。

 

 

SMAPの中居正広さんはじめ、監督の奈良橋陽子さん。別所哲也さん。藤田朋子さん。岡安泰樹さんなど、故・今井雅之さんゆかりの御方々がご参集して作り上げた映画だけに、想いの丈がいっぱい詰まった作品になっていて、更に観る人を感動に誘うようになっているかとも思いましたね。

 

 

 

 

 

お話しの流れ的には、

軽度の知的障碍を持つ真人(川平慈英さん)とヒッチハイクで途中で乗り込んできた武内麗子(すみれさん)が伊勢神宮に向かうというちょっとしたロードムービーではあるのですが、その道中の最中に、真人と咲楽の少年少女時代からの回想シーンを絡めて、その人生を振り返るといったお話しの構成になっていました。

哀しいお話でしたが、ラストで、自分の予てからの夢を叶えた真人が前向きに生きようとする描写もあり、それが唯一の救いでしたね。

 

 

 

 

私的な評価と致しましては、

故人の遺された脚本を基にした映画に、あえて点数評価を付けるのも非常に辛いのですが、たしかに凄くホロリと感動させられたのも事実ですし、故・今井雅之さんゆかりの面々がご参集した熱い情熱がみなぎった映画でもありましたので、細部の繋ぎなどの粗さには目をつぶるとしまして(笑)、★★★★(80点)の高評価を付けさせて頂きました。

 

※尚、私を今回劇場観賞に行こうとまで思わせて下さった、ジョジーさんのブログ記事をリブログさせて頂いていますので、是非、ジョジーさんの素敵なレビュー記事もお目をお通し下さればと思います。

 

また、そして、この故・今井雅之さんから連なる「想いの連鎖」を実現させて下さった、この作品の脚本協力ご担当の「しゅう史奈」さんこと、mamiさんも、本当に有り難うございました。

 

●映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』

 

 

 

◎全国順次拡大ロードショー中ですので、詳しくは、公式サイトの劇場情報をご覧下さいませ。

→ 公式サイト: 『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』

 

※尚、京都市ならびに滋賀県近郊にお住まいの御方は、滋賀県大津市の大津アレックスシネマにて6/25から公開予定です。

 

 

 

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。

 

 

「もしも余命宣告メールが届いたら。(16.6/5・劇場)」

ジャンル:コメディ

原題:LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT

製作年/国:2015年/仏=ベルギー=ルクセンブルク

配給:アトミック・エース

公式サイト:http://kamisama.asmik-ace.co.jp/

上映時間:115分

公開日:2016年5月27日(金)

監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル

出演:ピリ・グロワーヌ、ブノワ・ポールヴールド、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワ・ダミアン、ヨランド・モロー、ローラ・ヴェルリンデン、セルジュ・ラリヴィエール、ディディエ・ドゥ・ネック、ロマン・ジェラン、マルコ・ロレンツィーノほか

 

PG12

 

 

 

 

突然、自分の余命が解ったら人間はどうするのだろう。

私の様に漠然と時間を過ごしている身には突き詰められる問題提起であり、今回のこの作品の主題のひとつでもあります。

そう言う意味では、作品タイトルは、「神様メール」という邦題よりも「余命宣告メール」と言った方が解りいいかも知れないですね。

 

『ミスター・ノーバディ』のベルギーの鬼才ジャコ・ヴァン・ドルマン監督が描くファンタジック・コメディという謳い文句ながら、その実かなりへんてこりんな内容の映画でしたね。

 

絶対的な父権主義の「神様ご一家」の家族の弊害が人間界にも暗い影を落とすといった、ブラックコメディでありながら実にシュールな世界観を描いた作品でしたね。

 

こんな神様は絶対に嫌。でも、あまりにも不条理に思えることが起こると、こんな神様を想像してしまう気持ちも解らないでもないでしたね。

 



「神様ご一家」は、何故だか、ベルギーのブリュッセルのアパートに、奥さんの女神と、10歳の娘エアと三人で暮らしています。当の「神様」は、 自分の娯楽のために創造した人間で遊ぶことにも飽きてしまい、 毎日、一人書斎にこもって、この世を支配するために使っている旧式のデスクトップパソコンで、ちまちまと人間を不愉快にする法則をプログラミングしているのでした。神様が人間というコマを動かして一人でチェスを愉しんでいるという表現は何かの書物でも読んだことがあった気がしますが、コンピュータでプログラミングしているというのも、なんだか頷けるからオカシイですね(苦笑)。

 



そんな人間界を弄んで楽しむ、父親の意地悪な神の振る舞いを知り、なんとかしなくてはと思った神の娘エアは、父のそのパソコンを勝手に操作して、世界中の人に余命を告げる通知メールを一斉送信するのでした。案の定、世界は大混乱。

エアは、人々を幸せにするために、下界に旅立ち、兄である「JC」こと「イエス・キリスト」の12人の使徒に、新たに6人の使徒を加え、計18人にし、「新しい新約聖書(新・新約聖書)」を書くことを決意するのでした。

 



この作品の要約を読まれてお解りの通り、「なんてへんてこりんで大胆不敵な筋書きのお話しなのだろう。」とお思いになられる事かと思います。とにかく、この「神様」が嫌な奴過ぎて、敬虔なキリスト教徒は、眉をひそめるかもしれないですね。

 



しかし、唯一救われるのは、神の娘エアが使徒にしようと訪ねる人たちが、皆、愛に飢えて孤独を抱えていること。

かの「新訳聖書」によりますと、(この映画ではエアの兄とされる「JC」こと)、イエス・キリストも同じように、孤独で罪人と蔑まれた人々のもとを訪ねられたと聞く。

 

※尚、奇想天外なお話しでしたので、字幕スーパーにも、「JC」と略して書いてあるので、「イエス・キリスト(ジーザス・クライスト)」の事ではなく、ついつい「女子中学生」の略語かと勘違いしてしまったほどでした(笑)。

 


神様の娘エア役のピリ・グロワーヌが、実に愛くるしく、彼女の自立と成長がこの作品の筋運びと上手くシンクロしながら相乗効果を見せてくれているところも良かったですね。

 

人生の残り時間を意識した時にこそ、自分の本心に目覚めるというのは定番ネタではありますが、前向きに捉えているメッセージにも受け取れるところも良かったでしたね。

また、使徒のひとりとなる、セックスレスに悩む裕福な主婦役を演じる大女優カトリーヌ・ドヌーヴも、この奇妙な世界観をかなり楽しんで演じているようにも感じましたね。

 



この映画の肝とも言えますが、横暴で旧態依然とした父(神様)に、反旗を翻すのが娘のエアであることがある種の希望であり、子供こそが未来の象徴であって、世界の構築に失敗した男性達(父と兄)に代わって、新しい時代を築いていくのは女性であるべきという提言にも感じ取ることが出来ましたよね。

そして、また人々に息吹を与える娘エアの名は、もしかして英語の「Air」から名付けのではとも想像してしまいましたよね。

 

この男性陣に失望している描写としては、冒険野郎のケヴィンの実に浅はかな馬鹿げた行動からも明白かもしれないですよね(苦笑)。

 

<余命>は解らなくても<タイムリミット>は誰しもに必ずいつかは来る。

限りある時間を大切に生きるのに、余命自体の長さは関係はないのだから。

 

未だに根強く男尊女卑の国である、この日本であっても、古くは天照大神に代表されるように、「女神さま」を中心に据える宗教観や考えを抱くのは不謹慎でもないですが、絶対的な父権主義的な神様を尊ぶキリスト教圏から、こうした<神様>をふざけおちょくり、また男性よりも女性を尊ぶような宗教観を描く映画が登場したことにも驚かされますね。

 

この映画を高く評価することには、形式的ながらも、私も、幼き頃に洗礼を受けたキリスト教徒のはしくれとして躊躇いの念も感じなくはないですが、正直、とても面白かったですね。

でも、私の様な不真面目なキリスト教徒ではなく、欧州や米国などの敬虔なクリスチャンはどの様な眼でこの作品を評価するのかと、やや心配にもなりましたね。

この様な宗教観を露骨に表現している点で、問題作として揶揄されるかも知れないですが、勝手な解釈かもしれないが、本当の天に召します「神様」は、この映画のような「神様」とは全然違って、慈愛に満ちた御方であられるはずなので、きっと笑ってお許し下さる事と願うばかりです。

 

 

私的な評価としましては、

敬虔なクリスチャンでもないので、キリスト教に関する知識にも乏しいためイマイチ取っつきにくいところもあり、当初想像していた作品とも違いましたので、その点を差し引きましても、なかなかの野心作かと思われましたので、星4つの★★★★(80店)の高評価も相応しい作品かとは思いました。

 

●映画『神様メール』予告編

 

 

 

 

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。