『ぴあMovie Special 2016 Summer』におけるムビチケのプレゼント企画に見事に当選した事もあり、当初は観賞する予定になかった本作ですが、今回は、このムビチケを有難く使用させて頂きまして、お友達と一緒に、公開2日目の7/17(日)にイオンシネマ京都桂川のDOLBYATMOSの最新鋭の音響設備を使った2D吹替版で朝イチに観賞してきました。

 

※尚、イオンシネマ京都桂川のDOLBYATMOSの2D吹替版の場合には、たとえ、DOLBYATMOSのスクリーンであっても、別途に追加料金は発生せずに、無料で最新鋭の音響設備で観賞出来ます。

 

まだ先月1本今月5本観賞済みの作品を計6作品もブログ記事にUPしていませんが、今回は、取り急ぎ、本作品の感想をUPさせて頂きますね。

 

「忘れん坊ドリーの自分探しの旅(16.7/17・2D吹替版・劇場)」

ジャンル:冒険ロマン

原題:FINDING DORY

製作年/国:2016年/米国

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/dory.html

上映時間:103分(短編アニメ映画含む)

公開日:2016年7月16日(土)

監督:アンドリュー・スタントン

(共同監督:アンガス・マックレーン)

 

※オリジナル版の声の出演は、日本語吹替版の観賞のため省略させて頂きます。

 

 

 

 

『ファインディング・ニモ』(2003年)では、マーリンがニモを探す旅の中で、実に印象的で相棒的なキャラクターであった、<忘れんぼのドリー>を主役にしての続編の今作。

 

※余談ですが、ついつい『ファインディング』を『ファイティング』と勘違いをして憶えておられる御方もいらっしゃるかもしれないですが、あくまでも、<ファイティング(戦う)>ではなくて、<ファインディング(~を探す・~を見付ける)>ですのでお間違えのない様に(笑)。

 

 

今回の旅も、まさに、そんなドリーが突然思い出して思い立った、両親を探す旅なのでした。

記憶が持続出来るからこそ、自我、即ち、アイデンティティー(自分自身)を確立することも出来る訳ですが、過去の出来事の多くを忘れてしまうということは、謂わば、これまでのアイデンティティー(自分自身)の喪失でもあり、人間界においては、ある種の若年性アルツハイマー型認知症などの病気や記憶障碍が疑われるのが一般的ですが、この映画では、そんなハンディキャップを背負いながらも、自分の両親。いや、そもそもの自分自身のルーツ自体を、懸命に、探そう旅をするドリーの姿を、温かい気持ちで笑いながらも、ついつい応援したくなる様な<自分探しの旅>の物語。

 



前作から、この13年でCG技術も益々進歩を遂げて向上し、海や水の中の描写が本当に見事で、綺麗な海、汚い海、浅い、深い、波、泡など、ほとんど実写の様にも思えるほどでしたね。

 

 

海洋生物の動きも実に素晴らしく、特に、今作で、ドリーの相棒的な役割を果たすことになる、ミズダコのハンクの脚があたかも実物以上かの様によく動き、その細かいCGアニメの描写作業には舌を巻くばかり。

 

 

このミズダコのハンクの謂わば<変身>とばかりの擬態能力の表現力にも驚かされましたね。

このハンクも、当初はそれなりの目論みもあってドリーに協力するのでしたが、次第に、献身的とまで言えそうなくらいに協力的に行動する姿には頭が下がる思いでしたね。

 

 

ただ、そもそもがお魚のドリーが如何に陸地を移動しようとするのか、アニメ作品なりの無茶苦茶な設定はありはしましたが、それもまずまずの許容範囲ですので観てのお楽しみですね。更に言えば、幾ら、アニメとは言えども、終盤のカーチェイスなどは、「それはあり得ないやろう?」とも思える極致的な描写ではありましたが、こんな不条理観いっぱいな描写も、それも如何にも出来そうにも思わせてしまうのが今作のハンクの魅力なのかも知れないですね(苦笑)。

 

 

その他にも魅力的なキャラ揃いなのが、このピクサー作品。

 

 

今作でも、視力が悪いジンベエザメのデスティニーに、頭をぶつけて能力が使えなかったシロイルカのベイリー。

 

 

カクレクマノミのニモ自体も生まれつき片方のヒレが小さくて、うまく泳げなかったのですが、父親のマーリンはその不自由なヒレを<幸運のヒレ>と呼んでいましたね。

みんなそんなハンデキャップを抱えながらも明るく元気に生きているということが、<障碍者問題>といった裏テーマとして、説教臭くない程度に伝わってきて実に微笑ましかったですね。

 

 

ドリーの忘れっぽさも、転じて見れば失敗にもめげずに前向きに進むことに繋がるのかもしれないだろうし、映画の中で再三繰り返される問い掛け、「ドリーならどうする?」。

いつも考え過ぎて慎重過ぎるカクレクマノミのマーリンに対して、ドリーは直感を信じて突き進みます。周囲は振り回されて傍迷惑でもありますが、結果的には案外とドリーの方が、(良きにしろ悪いにしろ)大きな結果を生じたりしていましたからね。

 

 

この映画を観ていると、どうにも『裸の大将放浪記』の山下清画伯を思い起こしてしまうほど、山下清画伯の如く、直感のみを信じて猪突猛進で行動するドリーの周囲は、みんな振り回されながらも、次第に、迷惑な気持ちをも通り越して、いつの間にか一緒になって協力したくなってしまっているから不思議でしたよね。

やはり純粋無垢な心を持って行動する姿には周りも感銘を受けるのかも知れないですよね。

 

 



しかし、思い出せるということは、大事な記憶それ自体を失ってはいなかったということであり、単に、記憶を思い出す方法を見失っていただけ。ドリーの子供の頃からの大切な思い出である、貝殻の使い方が実に巧く、ドリーの両親の愛情の深さに対しては、ついつい思わず泣かされずには居られないほどでしたね(泣)。

 

 

ただ気になる点がひとつ。ピクサーのアニメは、その上映される地域毎の言語にローカライズされるのは素晴らしいことで、すごく良いのですが、日本版の場合には「海洋研究所」と表現するのは良いのですが、その研究所のご案内役に、演歌歌手の八代亜紀さんの設定にしている点がすごく違和感アリアリでした。

日本版のエンディングテーマ曲を、八代亜紀さんが歌ってられた関係からの起用かとは思うのですが、海洋生物たちの台詞の中までにも、「八代さんが〇〇と言ってられた。」とかという具体的な台詞があるのは、大の大人はまだ良いにしても、子供達には、失礼ながらも、それほど八代亜紀さんの事をご存じないのでイマイチちょっとピンと来ないのではとも思われましたので少々気になりましたね。

本国の米国ではご案内役は女優のシガニー・ウィーヴァーが声の出演をしていることからすれば、もっと他にも適任者も居られるような気もしないでもなかったですね。

 

私的な評価と致しましては、

決して、ホロリと泣かされる映画がイイ映画という基準ではありませんが、あまりにも感動的な映画でしたので、アニメとばかりに馬鹿に出来ないクオリティの高さの映画でもあったことからも、ほぼ満点の★★★★☆(90点)の高評価にも相応しい作品だと思いました。

同時上映の短編アニメ映画『ひな鳥の冒険』も同様に高評価に値する作品でしたね。

 

 

●同時上映の短編アニメ映画『ひな鳥の冒険』。

 

 

 

 

この短編アニメ映画も、実写と見間違えるほどのクオリティの高さのCGアニメで、さすが<ピクサー>という他ないほどの緻密なアニメでしたね。

<ひな鳥>が凄くこの上なく可愛かったですね。

 

●先着入場者プレゼント特典:「ベビー・ドリー」ミニステッカー

 

公開2日目の朝イチの上映回でしたので、どうにか特典をGET!

 

▲ムビチケカードと比較してもかなり小さなステッカーですよね♪

 

▲ディズニー・ピクサーのパンフも相変わらず小さめですね(^^)v

 


 

ぴあ株式会社・映画チームご担当者様

拝啓、貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は、読者プレゼントである『ファインディング・ドリー』のムビチケ観賞券をペア2名分も当選させて頂き誠に有り難うございました。

この夏も、観たい映画が目白押し状態ですので、今夏の『ファインディング・ドリー』の観賞についてまではおそらく無理かな(?)と思っていた矢先の当選でしたので、本当に嬉しかったです。

早速にも、お友達と一緒に観賞に出向かせて頂き、大人でもすごく感動出来る様なアニメ映画だったので。今回は観賞出来て良かったです。思わず涙が溢れ出てしまったくらいでした。

本当に有り難うございました。 敬具

 

●映画『ファインディング・ドリー』予告編

 

 

 

●同時上映:短編アニメ映画『ひな鳥の冒険』

 

 

 

 

 

 

AD

先月末、お友達のお誕生日のリクエストの映画ということで、イオンシネマ京都桂川にて、一緒に今作を鑑賞してきました。

 

「一番怖いのは心の闇に巣食う<疑心暗鬼>(16.6/27・劇場)」

ジャンル:パニック

原題:10 CLOVER FIELD LANE

製作年/国:2016年/米国

配給:東和ピクチャーズ

公式サイト:http://10cloverfieldlane.jp/

上映時間:104分

公開日:2016年6月17日(土)

監督:ダン・トラクテンバーグ

出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・グッドマン、ジョン・ギャラガー・Jr.

 

 

東宝東和の子会社・東和ピクチャーズが担当したのか配給サイドが制作した日本版の宣伝CMやポスターが、ラストの描写がもろに完全にネタバレしていた割りには、かなり楽しめましたね(苦笑)。

 

(※ですので、当ブログでは、ネタバレ防止のために、映画のフライヤー(チラシ)の裏表紙しか掲載していません。)

 

だからこそ、ネタバレのある予告編や宣伝CMやポスターは知らない方・見ない方が、よりもっと楽しめたかもしれない作品でしたね。

それくらいに、事前情報は極力少ないに越したことはないほど先が読めない実にスリリングな展開で面白い映画でしたね。


製作のJ・J・エイブラムスは「(『クローバーフィールド/HAKAISHA』とは)DNAレベルでつながっているが、単純な続編とは違う」というような発言をしているらしいですね。
ですが、撮影手法も、手持ちカメラ撮影風のPOV方式ではなく、通常の撮影方式である点に置いても、これは別ものと捉えた方が良いでしょうし、また、今作では、あくまでもJ・J・エイブラムスは監督ではなく製作(プロデューサー)という点からも、映画の内容的にも、そもそも『クローバーフィールド/HAKAISHA』との映画の連続性はないのは確かでしたからね。

 

ですから、今作は、あえて『クローバーフィールド/HAKAISHA』を観ていなくても十二分に楽しめる作品であることは間違いなかったですね。

 

 

お話の流れ的には、以下の通りです。


運転中の事故から目が覚めたら、ハワード(ジョン・グッドマン)という男に監禁されていたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。
外は危険だと言って閉じ込めるハワードは善人か悪人か。そして彼の言うことは正しいのか間違っているのか。

 



狭いシェルター内で繰り広げられる男女三人による密室劇とも言えるのでしょうが、この段階では、どこか物足りなく思える人もいるかもしれないですね。

そこここに、答えの欠片(ピース)が足りないことに気が付く。
それはパズル然り、ハワードの娘然り。

 

また、狭いシェルターでの圧迫感を感じさせるにはハワード役のジョン・グッドマンの体型も役立っていたかもしれないですね。

 

 

今作のヒロインのミシェル役には、『ダイ・ハード4.0』『ダイ・ハード/ラスト・デイ』で、ブルース・ウィリスの代名詞でもあるジョン・マクレーン刑事の娘を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドが扮していますが、白いタンクトップがどことなしか<父親>を想起させるところが心憎い演出でしたね(笑)。

 

 

その点で、この『ダイ・ハード』のパロディっぽい風味の演出にあえてしていたのか(?)、再三に亘って密室からの脱出を試みるミシェルが、あたかも職業はエージェントか何かではないかとも思えるほど、サバイバルに長けているという設定には驚きを通り越して、その行動力には舌を巻き感心しきりでしたね(笑)。

 

といったような、スリリングな密室劇の作風の映画でしたね。

 

 

ただ、少し視点を変えてみると、この映画のキャッチコピーには「奴らはあらゆるフォームでやってくる」とありましたが、(このキャッチコピー自体も、捉え方次第では、ネタバレっぽくも取れなくもなかったのですが)、この<奴ら>を一体どう捉えるかで、その観方も相当変わってくるかとも思いましたね。

 

即ち、<奴ら>とは、具体的な誰かを指すのではなく、人間の心の闇に巣食う<疑心暗鬼>なのじゃないかとも思えてくる作品でしたね。
隠れたテーマとしては、米国民における人種問題、宗教問題、隣人間との問題における<疑心暗鬼>を生じる心の闇を描いていたと言ってもいいのかも知れない作風の映画でしたね。

 


ハワードに対する<疑心暗鬼>、終盤に登場する<アレ>に対する<疑心暗鬼>。
しかし、その心の闇を作り出しているのは、果たして、相手側にだけ責任があることなのでしょうか?
今作は、明らかに9.11以後の米国民とテロリストとの戦いを想定した世界観を意識し意図しているかとも受け取れる様にも思うのですが、頭から相手側を疑ってかかり悪者扱いしたら相手は一体どう思うでしょうか(?)。

 



あの『クローバーフィールド/HAKAISHA』では怪獣映画の体裁に形を借りた情報が途絶している下での恐怖や不安が蔓延する世界観を描いていました。
その意味では、タイトルが由来するシンクロ性を考えてみれば、「DNAレベルでつながっている」という意味合いも頷ける気はしましたね。

やはり、<生きていく>には正しい情報と相互理解が必要なのでしょうね。

そして、それは今も変わりはないですからね。

闇雲に、相手方の言葉を丸っきり信じ込むのも怖いのには違いはないのですが、それ以上に、一番怖いのは、他でもなく、やはり、人間の心の闇に巣食う<疑心暗鬼>かも知れないとも思わせる映画でしたね。

 

私的な評価と致しましては、

日本版の映画の予告編や宣伝CMやポスターに、ラストの展開がもろにネタバレしていた割りには、それでもスリリングな展開で面白く観ることが出来ました。

その点では脚本が実に上手く出来ていたのでしょうね。

劇中の密室内でのゲームの「サンタクロース」のくだりなど、冷や冷やして観ていましたし相当面白かったですね。

惜しむらくは、日本版の映画の宣伝CMやポスター画像でネタバレがなければ更に面白かったのにと思われ、その点がかなり悔やまれましたね。

そういった点から、最初からラストの描写がネタバレしていた点から面白味が半減し、Yahoo!などのクチコミレビューサイトのレビュー投稿では、その多くが低評価に繋がってしまったのかもしれないですが、あくまで私見ですが、そのラストに至るまでの密室劇が、実にスリリングな展開で面白く観ることが出来たことは確かでしたので、★★★★(80点)の高評価も相応しい作品かと思いました。

 

●『10クローバーフィールド・レーン』予告編(ほぼネタバレなし)

 

※公式サイトの日本版予告は観ずに、この予告編を観るべし。

 

 

 

 

 

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。

 

 

 

AD

先日の7/18(月)の「海の日」は、お友達と、お友達の小学生の姪っ子さん甥っ子さんの姉弟を連れて、クルマでドライブがてら、滋賀県草津市の烏丸半島にある、滋賀県立琵琶湖博物館にて、しばらく改装のため閉鎖中だった、淡水魚を中心とした水族展示施設が、ようやく7/14(木)からリニューアルOPENしたのを機に、滋賀県立琵琶湖博物館まで見学に行って来ました。

 

今回の水族展示のリニューアルの目玉は、バイカルアザラシ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

また、イノシシの骨格のレプリカなどを自由に触れて組み合わせて学習する展示もあり、小学生の子供達も楽しんでくれていました。

 

 

 

 

 

基本的には、淡水魚の水族展示ルーム以外については、特に大きな変化はなかった様でしたが、水族展示ルームが、今回のリニューアルの目玉の2頭のバイカル湖に棲むバイカルアザラシや、以前から展示されていた巨大なチョウザメの群れなど水槽には、小学生の子供達も歓喜の声を挙げていました。

 

また、アメリカザリガニなどに直接触れる体験コーナーもあり、喜んでくれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆

 

<ミュージアムショップでのお土産>

 

 

▲A4サイズ・クリアファイル(税込324円)

 

 

▲A4サイズ・クリアファイル(税込380円)

 

その他、バイカルアザラシやビワコオオナマズなどの各種ぬいぐるみ等をはじめ可愛いグッズも多数取り揃えてありましたよ♪

 

●滋賀県産草津メロン使用の『滋賀メロン・ラングドシャ』

 

 

▲『滋賀メロン・ラングドシャ』(税込650円)

 

・琵琶湖博物館利用者は、原則、駐車場料金無料。

・開館時間:9:30~17:00(最終16:30)

・観覧料:小中学生無料、高校・大学生400円、一般(大人)750円

※詳しくは、http://www.lbm.go.jp/index.html

 

 

【滋賀県立琵琶湖博物館】

・所在地:滋賀県草津市下物町1091番地

・☎077-568-4811(代表)

 

 

AD

イオンシネマ京都桂川のご配慮にて、京都市内でも、ようやく期間限定ながらも今作の公開が決定したことに伴い、今月の初めに、お友達と一緒に、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』とハシゴ観賞をしてきました。

 

「いったい誰が誰を試しているのか?(16.7/2・劇場)」

ジャンル:SF

原題:EX_MACHINA

製作年/国:2015年/英国

配給:ユニバーサル映画/パルコ

公式サイト:http://www.exmachina-movie.jp/

上映時間:108分

公開日:2016年6月11日(土)

監督:アレックス・ガーランド

出演:ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック、アリシア・ヴィキャンデル、ソノヤ・ミズノ

 

R15+

 

 

 

AIと人間の関係を描いた映画は山ほど沢山あるかとは思いますが、その中でもこれは、かなりの傑作ではないでしょうか。
低予算との事ですが、その分を補うべく、脚本が良く練られているために、スリリングな駆け引きには最後までハラハラドキドキさせられてしまいましたね。
これが初監督作というアレックス・ガーランド。

さすが脚本家出身だけのことはありましたね。(『28日後…』など)

 

 

お話の流れ的には、以下の通り。


世界最大検索エンジン<ブルーブック>の会社に勤めるケイレヴ(ドーナル・グリーソン)は優秀なプログラマー。

無論、この劇中の<ブルーブック>がGoogleやFacebookの名前をもじった企業名である事は明らか。

 

 


ある日、社内の抽選で選ばれて、ヘリコプターに乗って、美しい広大な森の奥深くにある、ブルーブックCEOのネイサン(オスカー・アイザック)の自宅兼研究ラボに1週間招かれることになるのでした。

 

 

しかし、そこでケイレヴを待ち受けたのは、最新型AIエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)の<チューリング・テスト>だったのでした。

といったイントロダクションの映画でした。

 


この<チューリング>といえば、昨年(2015年)の第87回アカデミー賞の脚色賞にてオスカー像を手中にした『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』の主人公である数学者アラン・チューリングの話が思い起こされますが、やはり、この言葉も、まさにそこから起因しているらしく、チューリング博士が考案した、ある機械が知的(人間的)であるか否かを判断するテストを指すらしいですね。
そこで、ここでいう<チューリング・テスト>とは、端的にいうと、即ち、その相手がマシンか人間かを見定めるというもの。

 



テストされる人型ロボットの<エヴァ(AVA)>はあどけない顔立ちに中が透けて見えるスケルトンの体を持ち、外見からはマシンそのものに見えます。

 

 

今年(2016年)の第88回アカデミー賞において、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『マッドマックス 怒りのデスロード』などの超話題作のSF大作の特殊効果映画の受賞を抑えて、今作品が視覚効果部門賞のオスカー像を獲得したのも頷けるほど、低予算の割りには、実に良く出来た撮影手法だったとも思われましたね。

 

 

 

そして、ケイレヴ、ネイサン、エヴァの3人の関係でお話が展開するのですが、ここに恋愛要素が加わり、肝心のテストに私情が入り込むあたりから、更にハラハラ度が増していくのでした。

 

 

また、この3人に加えて、ネイサンの身の回りの世話をする助手のキョウコが絡んでくる辺りから、お話が更に面白くなって行きましたね。

 

 

地下空間という設定から、ネイサンの邸宅自体もクリーンでありながらも、実に冷たいSFっぽさを感じさせるセットも良かったですね。


もちろん、エヴァはスペルこそ違えども、<創世記>のイヴが元なのは容易に推測はつきますよね。

 


この映画の肝となるのは、問題は<いったい誰が誰を試しているのか>という点。
思わぬ秘密が次々明かされ二転三転と幻惑させる様子には、思わず唸ってしまいましたね。

 


この映画の主題のひとつには、高度情報化社会の現在、個人情報をより確保しようとするインターネット&デジタル化社会への警鐘も込められているのでしょうね。
いったい、<検索エンジンとは誰が何を検索するものなのか>という問いは、差し詰め、実に、良いところを突いているのかもしれないですね。

 

ただ、最大の主題であり見どころは、やはり、<いったい誰が誰を試しているのか>といった、謂わば、自律型AIに、果たして自我や感情があったのか否かという部分が肝でしたね。

それは観てからのお楽しみですね。

 

 

私的な評価としましては、

巷間では、賛否が大きく分かれている作品の様ですが、あくまでも私見ですが、この手の自律型AIと人間の関係性を描いた作品は数ありますが、これほどまでに最後まで翻弄される映画も稀ではないかとも思われるほど脚本が優れており、やはり本年度の第88回アカデミー賞の脚本賞のノミネート作品だったことも解るほどの出来栄えでしたし、また低予算らしいながらも、第88回アカデミー賞の視覚効果部門賞については受賞出来たのも、充分頷ける撮影手法も素晴らしかったと思いましたので、ほぼ文句のつけどころもなく、ほぼ満点の★★★★☆(90点)の高評価も相応しい作品かと思いました。

 

●映画『エクス・マキナ』予告編

 

 

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。

 

 

 

ここ最近の暑さしのぎ対策として、スマホ・アプリの割引クーポンを使って、毎日の様に病み付きになってハマって飲んでいた、マクドナルドのマックシェイクの夏季期間限定「沖縄パイン味」の販売がついに終了する日が来てしまいました(泣)。哀し過ぎます。

明日の7/20(水)からは「ヨーグルト味」に変更になるらしいのですが、あの「沖縄パイン味」に匹敵する味、あるいは勝る味はないとも思えますので、夏季期間限定販売の商品とは言え、まだ夏本番になったばかりのこの時期。今回の販売終了は、非常に残念でなりませんね。

 

 

 

 

このマックシェイクの沖縄パイン味が販売終了するとなると、今後も暑い日が続くとはいえ、しばらくマクドナルドまで行く機会も失せてしまうかもしれないくらいに、残念な気持ちでいっぱいです。

 

また、早期に、この沖縄パイン味が必ずや復活する日を楽しみにしています。

 

●マクドナルド McSWEETS『マックシェイク 沖縄パイン篇 』   

 

 

 

 

今回も最後までブログ記事をお読み下さり有り難うございました。