1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-04-30 17:07:06

ファイアーエムブレム~聖戦の系譜~

テーマ:ブログ

たまたま、大掃除のときに攻略本が出てきたので、つらつら自分のためにも、書き作らせていただきます。


「ふぁーいあーえーむぶれむ、てーごわいしゅみれーしょん」と、CMに歌われたとおり、

難易度の高いシュミレーショゲームRPGとして、登場したファイアーエムブレム(ファイヤーエムブレムでも、ファイアーエンブレムでもない。以下:FE)の第4作目(といっても、外伝的な作品ですが)


12の神器が伝わり、伝説が息づく大陸、ユグドラルを舞台に、

親子2代に渡って巻き起こる戦争を描いたこのゲームは、

私がこういう世界(注:ネット)にはまり込むことになった最初のきっかけでありました。


もちろん、10年ほど前のゲームですから、オンラインゲームとして機能していたはずもありません。

では、何故そういうことになったかといいますと。


このゲームは、全体として2部構成になっており、

後編に登場する殆どのキャラクターが、前編のキャラクターたちの子どもたちで、

かつ、前編のキャラクターの中でパートナーが決まっているものは極わずかであり、

プレイヤーが上手くやれば、自分の思うようなカップリングが可能になるのです。


つまり、プレイヤーによって、数多くのIFが生まれ得るシステムになっていたのです。


また、親子2代に渡る、重厚なストーリーの各所に、プレイヤーに想像させる余地を十分に残していることも、大きな要因でしょう。


ネットに繋ぎ始めた頃、偶然、これを取り扱ったWebサイトを見つけて、

人によって異なるカップリング、普通ならあり得ないカップリングを見て。

かつ、それを小説にまでしているのを読んで。

あるいは、同好の方々と話し合って。

さらに先の世代のIFを、語り合ううちに。


私はどっぷりとネットにひたるようになっていました(笑)


ある意味、TRPGに似たことを始めたのも、この頃かもしれません。(キャラクターチャット、ってやつですね)

今でも、PCの名前にその頃のキャラクターの名前を借用することも、少なくないですし(笑)


最初に、泣いたゲームも、これかもしれません。

それほどに思い入れがあるゲームなのです。


難易度が低いことを批判する向きもありますが、

繰り返しプレイし、味わうことのできるゲームですから、

私にとっては、それも美点の一つです。




Unpluggedと号していながら、コンシューマゲームの話でしたが、

私の原点の一つとして、絶対に挙げておきたいゲームです。


ファイアーエムブレム~聖戦の系譜~

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-30 14:00:01

大掃除

テーマ:ブログ

GWの真っ最中に大掃除をしました。


出てきたもの

・ロードス島戦記リプレイ1,2(3巻も探したが、見つからず…またB○○K○FFで探すか…)

・各種ルルブ、小説(当然のように読みふける経過すること数時間orz)

・飲みさしの緑茶入りペットボトル(後で洗ったらペットボトルに茶渋らしきリングが浮かび、異臭が(汗))

・高校の卒業証明書(普通においてあった。受験終わってから放置してたのか?orz)
・大量のプリント(大学の配布教材… 正直、はずれの講義が多かったよなので、廃棄即決)

・小、中学校の卒業アルバム(同級生の顔も名前もすっかり忘却済み。高性能な自分の脳に改めて溜息)



…まぁ、大したものは出てこなかったわけですが。

掃除しながら、「PORNO GRAFFITTI BEST RED'S/BLUE’S」を腹からの大音声で歌っていたら、

窓越しに隣家の人と目があいました(汗)


普段滅多に会わないのに、なんでこういうときだけ…コレも世の必然というわけなのでしょうかorz

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-28 09:59:37

ある日の風景

テーマ:TRPG
今日も今日とてTRPGに興じる私。
本日は所属サークルの例会にてのセッション。
私がGMのアリアンロッドでした。

その中で、ただの脇役として、メイドさんを出したのですが…

じゃあ、そのメイドさん…カナさんとしておこうか。ヴィクトリア朝様式のメイド服に身を包んだ、黒髪の女の人ね。ちょっとオリエンタルな感じ。
で、彼女が「何かお飲みになりますか?」と

「『じゃあ、ミルクを』って、無表情に。」

うん。じゃあ、「まだ夜は冷えますから。よろしければこちらもどうぞ。」と、ホットミルクと蜂蜜を差し出して、にっこり、と。

「『ありがとう』って言う。無表情に。 でも心の中では、ぽっそり、いいな。って思ってる」

ぽっそり ああ、ぽっそりね、ぽっそり。」

…そんな言葉、ありましたっけ?

「何言ってんだよ、最近の流行語じゃないか。ぽっそり。いいねぇ、ぽっそり。」


…何のツボに嵌ったのやら、私の卓にあふれる、新語「ぽっそり」(苦笑)
まぁ、こういう俗語が生まれるのも、楽しい瞬間なのです。

たとえ、用意していたヒロインが、メイドさんにその場を奪われようとも

…もうちょっと、ヒロインの出し方を勉強せねば(笑)


セッションを終えたあと。

いやー、次のセッションではまたメイドさん出すかな。メイドさん。

「…春巻くん? 帰ってきて?」
「芸風変わったねぇ。」


何を言っているんですか。先輩方。私はいつも、こんなかんじですよ?(笑)

そんなことをやりながら、この日のセッションも終わったのでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-28 09:55:19

気がつけば

テーマ:ブログ
無意識に、ランキングのアップダウンに気をとられてしまう自分。

ただ日々のよしなし事を垂れ流すのが目的なのに、いつのまにか目的がすりかわろうとしてる。

これは私の生まれつきか。
はたまた、競争を求められた今までの学生生活で染み付いたものか。

アクセスアップを目指すサイトのお話は、端々でよく聞くけれど、今なら少し、わかる気がします。

でも、あせらずあわてず落ち着いて、ゆっくりとやっていきまする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-26 22:27:54

サガフロンティア2

テーマ:TBステーション

サガシリーズで、唯一まともにプレイしたのが、これ。


100年の歴史を、さまざまな人物の視点から見ていくスタイル。

万物が持つ力「アニマ」を操り、すべての人が術(魔法のようなもの)を使うという世界設定。

自ら技を編み出す「デュエルシステム」

仲間と力をあわせ、大ダメージを叩き出す「連携」


いずれの要素もとても魅力的なものでした。


そんな世界を駆ける、特に印象に残ったキャラクターたちを紹介したいと思います。



ギュスターヴ:

術を使えないために王家から追放された王子サマ。別名「鋼の13世」。

成長するにつれ劣等感をバネに、今まで誰も使わなかった鉄に目を向け、「鉄の時代」と呼ばれる新時代のきっかけとなった風雲児。

私のイメージでは、織田信長です。

彼の一番大きなところは、彼は、生きているのみならず、寧ろ死んでからこそ、大きな影響を与えたところです。


作中には不死の怪物も出てきますが、そんなものが何だと鼻で笑ってしまえるほどの強さを、

「人たる強さ」を示してくれた彼。

非常にカッコイイ存在です。



コーデリア:

通称コーディー。

古代のスペシャルツール「クヴェル」の探索を生業とする「ディガー」を護衛する「ヴィジランツ」の少女。

シナリオの端々に普通の、かわいらしい女の子らしい科白をいいながら、

槍を振り回し、主人公であるディガーのウィルをしっかりと護ってくれます(笑)

槍はスキルにも優れたものが多いのもあいまって、実益を兼ねて、よく使ったキャラです。


他にも魅力的なキャラは何人も出てきますし、群像劇…幻想水滸伝なんかが好きな人は、好きになれるんではないかと、思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-25 22:09:58

スレイプニル

テーマ:ブログ

最近になって、新しいブラウザを使うようになりました。


Sleipnir


元々Winユーザーのため、ずっとブラウザはIEを使っていたのですが、

学校の標準ブラウザがNetScapeであったため、タブブラウザの魅力に気づき、

現在は、これを使用しています。


タブブラウザで、動作も軽く、ツールバーも豊富。IEからのデータの引継ぎも自動で行われるので、今までの感覚のまま、使うことができます。


何より、無料ですしね(笑)


本来は、北欧神話の主神オーディンの乗騎で、空を駆け、死者の国にまで行くことの出来る8本脚の魔法馬。


死者の国にはいけませんが、ネットの中を駆け巡るには、いい相棒です。


スレイプニル

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-22 13:24:59

プレゼン終了!

テーマ:ブログ
転籍後、はじめてとなるプレゼンテーションが終わりました。
ひたすら資料を探し、調べ、コピーし、メモし、抽出し、自身の主張をまとめ、
表で表し、グラフを描いて、段取りを考え、
必死に早口になるのを抑えながら

プレゼンテーションを終えることができました。

準備段階の苦しみを耐えてこそ味わえるこの感覚、ある意味TPRGのGMにも通じるものがあります。

力みなくして解放のカタルシスはありねネェ(by範馬勇次郎)

ってとこでしょうかね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-21 23:39:15

TPRGとは…?

テーマ:TRPG

たまたま担当教員にTRPGがなんたるかを説明することになってしまいましたorz

 

曰く、演劇のエチュードに近い、だとか。

曰く、メンバーがそれぞれ議題を持ち寄り、それについて語り合い、会話によって問題を解決するシュミレーションです、だとか。

 

語ってはみたものの、あんまりわかってはもらえないようです。

演劇、ゲーム、シュミレーション

さまざまな要素を併せ持つため、知らない人に説明するには難しいのも、TPRGが受け入れられにくくなっちゃってる一因なのだろう、と思えた瞬間でした。

 
ちなみに…

「ああ。うちの息子がやっとる、あれか?ドラクエ?」

 

という問いにNOと答えたのは、就職活動の面接での練習だと考えていたからです。(ぁ)

 

…もっと考えないとなぁ(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-20 23:50:16

GURPS・RUNAL(2)

テーマ:TRPG

昨日に引き続き、今日もガープスルナルについて、語らせていただきます。

今回は主にルナルの世界観設定について。

 

前述した通り、この世界には7つの月が存在します。

 

ルナルの住人はすべて、何らかの月を信仰し、信仰する月によって、種族や職業の方針が決定されるのです。

(例)

・青い月or赤い月 =人間

・青い月        =ドワーフ

・緑の月      =エルファ(エルフ)

・銀の月      =クトゥルフ神話の化け物たち(?)

・白き輪の月       =魔術師

・万色の月     =鳥人間、妖精、半獣人、など

・黒き月      =オーク、ゴブリン、オーガーなど

 

さらに、人間の信仰する青い月と赤い月にはそれぞれ4柱の異なる事象を象徴する神が住んでいるとされ、どの神を信仰するかによって、おおよその職業(戦士、魔法使い、治療師、挌闘家など)が決まることになります。

 

このシステムがPC作成時の指針となり、自由度の高いPC作成方法とあいまって、自分の好みのPCを表現することができるのです。

 

 

…ですが。

 

これらの信仰がすべて、同等にPCとして用いられることはありません。

ゲーム的にバランスが取れておらず、極端に有利になる信仰、不利になる信仰が、はっきりと分かれてしまうからです。

(例)信仰特有の武器が他のものと比べて強い、弱い。覚えられる魔法が有用である。ゲームデザイナーの好みでやたらと侍が強い(おそらく)。など

 

正直、完全な世界観であるとは考えていません。欠点も多いです。

しかし、中世と近代の適度に入り混じった世界、多種多様な種族など、魅力的な多いものも事実です。

(私が最初に手に取ったシステムであるため、愛着のあるというところも多いのでしょうが…)

 

地味ーに、中・近世ファンタジーをやるには、最適なものだと、思っています。

GURPS・RUNAL 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-19 23:36:28

GURPS・RUNAL(1)

テーマ:TRPG

 

ガープス・ルナル

私がメインに使用するTPRGシステムです。

 

このシステムを一言で表すと、

 

ガープスというシステムで定められた判定方法やPC作成方法の元に、七つの月が見下ろすルナルという世界で冒険をするゲーム。

 

です。

 

一般的には、PC作成が面倒、ルールが煩雑、地味、などという短所が挙げられるこのシステムですが、

 

面倒くさいPC作成は、細やかに自分のPCを表現するためですし、煩雑なルールも、リアルな冒険を行うためにあるものです。

 

初心者には確かに向かないかもしれないけれど、好きになればずっと楽しめる。そんなゲームだと、私は思っています。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。