好きなコードはEadd9

浪花の7人の男達に惚れています。
中でも若頭の大ファン。
奴らの奏でる音楽が大好きです。
コメントお気軽にどうぞ!
過去へ遡ってのコメントも大歓迎。
(宣伝、広告と判断したものは削除させていただきます。)

Twitter始めました。
@halhalman2015
お気軽にフォローどーぞ。
NEW !
テーマ:

スバラジで、すばるが今回の事を語ってくれた部分も残しておきたい。

 

 

 

 

 

 

「スバラジ」

2018年4月21日放送。

 

 

 

 

 

えー4月21日ということでございます

記者会見をさせていただいたのが昨日です

4月15日の日曜日、僕今16日の月曜日これ収録している、んです

で、これは21日の放送という事なんで、会見後初めてのスバラジのオンエアという事で

おそらくですが、えー初めてね自分でこのスバラジで何をしゃべるのかみたいな事は注目されて聞かれている方もいるのかなと思いますので

会見でもそうだったんですが

とにかくなんの偽りもない言葉をね、ファンの方に対しても世間の皆さんに対しても

そのままの言葉を届ける、表現する事が、何より自分としてもそうですし、

グループとしての精一杯出来る誠意なのかなという自分たちの想いの元、

会見でもね、他の6人のメンバーも一緒に立ってくれたんですけど

それもあっての今回のスバラジなんですけど

ちょっと自分の言葉でも特にエイターのみんなに向けてといいますかね

とにかく、急な一方的なお知らせになってしまってホントに

えーただただ申し訳ないという気持ちと

ビックリされた方も悲しませたりとか色んな想いをさせてしまったと思います

えーホントに申し訳ない気持ちでしかないんですが

特にねコンサートを楽しみにされていた方もたくさんいらっしゃると思うんで

自分がね、この決断をして意思が固まって、事務所、メンバーにこの想いを伝えた時にはですね

既にベストアルバムの制作、

それから夏のツアーの制作もすでに始まっていたので

もうそれに関しては自分は最後まで責任もってやるという意思はもちろん皆さんにお伝えしました

それでそっから色々、6人でも話し合って考えたし、事務所の方とも話し合って

で、僕は出た結論を真摯に受け止めて最後までやるという事だったんですが

なので6人で会話してる瞬間とか

そこに事務所の方とかいたかもしれないけど

僕はいなかったので

どういう会話か正直わからないけれども

6人、事務所も含めて出した結論、

特にこれはいくら事務所の人でもメンバーの気持ちというか

ホントにジャニーズの、

タレントしかわからん気持ちっていうのがたくさんあって

ま、そんなこと言うことじゃないんだけど

だから、6人の出した結論の想いとか、僕は痛いほどわかるつもりなんです

だから、絶対に僕のこの身勝手な結論を聞いた時にね、あの、

まずコンサートどうするねんと、

絶対にエイターファンの皆さんは大丈夫かな?どうしよ?

まずこれを考えた筈なんです絶対それはもう

で、そこに対してどう向き合うか

でも6人は多分ものすごく悩んだと思うし苦渋の選択だったと思うんですね

7人で立つ事がエイターにとってはいいのかもしれないけれども

でも俺は勝手な気持ちで抜けるかもしれんけど

6人は、残された6人は続けていかなアカンし

この関ジャニ∞というモノを守っていかないといけないという

だから今だけが良ければいいんじゃないんですね

やっぱり、今だけが良くてそれでグループがダメになっちゃったらそれ1番エイターを悲しませる事になる

だから、申し訳ないけどもグループを、守ってさらに、大きく強くしていくために、

この段階から6人で、という体制を彼らとしても作っていかないと

という気持ちは痛いほどわかるんで

あの、そこだけはなんか

俺が抜ける立場で言えることじゃないけれども

でも、もしこの今番組がね、注目されて聞かれてるなら

今このしゃべってる事が

だったらもうこのまま偽りのない想いと言葉を、

届けるべきだと思って今しゃべってます

なので、あの、とにかく、そんな想いでね、6人と僕と、ジャニーズ事務所の方々とで

決めて出した結論なので

一方的でホントに申し訳ないんですけど

どうか受け止めていただき、何よりね、これからの6人の関ジャニ∞を、

応援していただけたら

僕としてもそんな嬉しいことはないと思います

えー。

です、ほんとに

うん

なのでこれこのまま放送してください

えーまぁそんなわけで、そんなわけというかま、とはいえスバラジらしくね、

放送はやっていきたいと思ってますんで

お前さっきしゃべってたんはなんやねんっていう、

なんやったんやウソちゃうっかっていうぐらい今からアホな事は言うと思います

これ、スバラジらしくやっぱり、やってかんとという事なんで

スバラジもね、いつが最後になるのか

という事も、これから

決まり次第お伝えはしていこうと思ってますんでね

でもどこまで行ってもスバラジはスバラジらしく、お送りしたいと思います

それではよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

おそらく一語一句そのまま編集せずに流してくれたんだと思います。

とても真剣に、考えて考えて語ってくれていたのを感じました。

 

 

 

私が受け取った感覚としては、

やはり、

『なんで今年のツアーに自分が立たないのか』

そこを、主にすばるのファンに向けて、伝えてくれていた感じがしました。

いつもの低い声で。

しっかりと真摯に。

 

 

 

自分は出て行く側だけど。

なんていうか、そうでない6人の側にあたかもいるように。

関ジャニ∞の渋谷すばるとして発言していてくれた気がします。

(「残された6人」という言葉に反応する方もいるかもしれませんが、そこは揚げ足取りだと私はハッキリ思います)

 

 

 

大倉氏も言ってましたけど。

 

グループからメンバーが抜ける、という強烈な経験を既にしている7人。

そこも共有している7人。

 

でもそれがあったとしても、このままではいられなかったすばる。

 

色んな想いがあって。

でもとにかく皆がファンの事を考えてくれているのは間違いなく。

 

 

 

やっぱり、『外野の言葉はシカトする』

私はね。

(この言葉は櫻井翔のリリックです、前から気に入ってるの。笑)

 

 

NEW !
テーマ:

本日2個目です。

 

 

 

土曜日のラジオ。

冒頭部分のみですが。

 

この言葉、残しておきたいので。

文字起こししておきます。

 

 

 

今回、彼の口から「内くん」の事も出て。

改めて色んな事を思われた古参のファンの方もたくさんいたかもしれないですね。

 

優しい男ですね!

大倉忠義。

大倉さんは、他のメンバーとはまた違った形で、ファンに寄り添ってくれてますよね。

 

私がファンになった頃はまだ。

彼はレンジャーで毎回「8→1」を付けてくれていました。

 

 

 

 

モンクリ!

面白く観てます!!

来週も楽しみだよん!

衣装はダサいけどな!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

「大倉くんと高橋くん」

2018年4月21日放送。

 

 

いろんな方の想いがあると思うんですけど

会見の後のラジオなんでね何をお話していいんだってのもあるんですけど

僕的にはこれからどうなるのかっていうのは誰にもわからないし

今まで僕たちのグループって何もなかったわけでもなくぅ

今は7人だけど、元々8人だったんですよね

色々あって、内博貴っていうメンバーが抜けて、

7人で活動してて

俺らは戻ってくると思ってそのポジションを開けてたんだけど

今だから言えるんだけど

俺ら戻ってくると思ってたんだけど、あいつが復帰するときのライブっていうので、

全然、俺らの事っていうのが、ないんだっていうのちょっと思っちゃって

それが別にキッカケじゃないんだけど

その時に、内は1人でやっていくんだなって気持ちがあって

7人になったの

7人は7人で結束してたし

そういう経験もしてるから、でもただ俺らは内の事忘れたことないし

で、今回すばるくんの事じゃないですか

すばるくんその経験してるからその気持ちを充分わかってた上でのこの決断だし

だから俺らもずっと一生忘れることはないし

見ている方達も、この後6人で活動していく上で、

ま、すばるくんの影が見えたりっていうのは絶対あると思うしずっとあるかもしれないけれども

それを消す必要ないし

俺らも消えたって思うこともないだろうし

ああ、ここで歌ってたなってとかっていうのは多分あって

なんかが絶対グループやっていく上で事件っていうのは起こるわけだし

俺らにとってすごい大きな事件だけど

スカパラさんとこないだ、俺らアルバムで、無責任ヒーローって曲を一緒にやらさせていただいて

アレンジもしていただいてって中で

スカパラさんもすごい、色々あったと

29年の間

激動の29年だったと

谷中さんが送ってくれて

俺らがやった時に全員でグループメールを組ましていただいて

すごい大人数の15人ぐらいの

で、こういうのあったっていうのは俺らは言えなくて

でも報道で知った上で送ってきてくれた中で

スカパラさんも1人脱退だったりとかっていう中で

すごく死ぬほど苦しんだと

ただ、俺らは今、楽しくやってるから

絶対的に楽しくやろうって気持ちがあれば俺らもすばるくんも絶対楽しい道に行ける筈だから

って言葉をいただいて

なんか、すっと気持ちが楽になったというか

その、経験者からの言葉っていうのが重くて

これからっていうところで言うと、なんだろなぁすばるくんはすばるくんで

俺は会見の時もそうだし、それまで世間に公表するっていう短い期間でしたけど

その間の時に、やっぱり納得いかない部分だったりのもモチロンあったし

他のメンバーもあったと思うけど

でもそれを、あん時になんか、後から映像観て

何か俺子供だなって思って

 

高橋:ふ(笑)

 

なんだあの会見の態度、って思ったり

色々ね

色々思ったりしたけど、でもやっぱり僕はウソつけないなと思って

でもこれからもウソつきたくないし

色んなしがらみがあるけれども、みんなに伝えたいって気持ちは変わらなくて

だからそれは、関ジャニ∞メンバー全員の気持ちであり

全員が自分らの口で、ファンの元に届けたいというか

っていうのがああいう形になったわけで

あの後、いろいろ、話したところでスッキリしたんですよね

これで行くんだって

俺らもこれで行くんだったし

たぶん、渋谷さんもこれで行くんだってなったから

もうこうなると、それで行くしかないし

うん、だから今はスッキリしたって言うとそれは言い過ぎかもしれないけれども

なんか、そうですよね

うん

思い描いた自分の中の夢というモノがあるのなら、なんだろな、俺らが最初にさ、夢叶ったりする前に、夢を持った時にさ、いろんな人に反対されたじゃないですか

たぶんあったじゃないですか

心配してくれる人が

 

高橋:そうですね、なかなか、成功するのが難しい世界だって言われてますからね

 

言われてるから、親とかもそうだし身内の人もそうだし

そういう人たちが心配してくれる中、

いやでも俺はやるんだ!

っていう強い意志の人がいて

うちの両親も、親父は夢を貫けって言ってたし

オカンは、現実を見ろって言ってたし

でもそれはすごいバランスであって

でもやっぱり夢を見ろっていう親父の言葉が強かったから

そういう境遇にいるすばるくんに、今はなんか一人になって寂しい想いもしてるだろうし

孤独な想いもしてるだろうし

彼にそういう想いを持ってほしいなっていうのは、勝手ですけどね

うん

なんか俺が言うのも勝手だし、すばるくんが求めるのも勝手なのかもしれないけど

でも今、時間が経った上で思うことは、そうなのかなと

いいよと

夢持つことはいいんじゃないって

結局思い返して、自分の過去とかも

なんかそこに行き着いたなってところもあって

ただ、俺らも、すばるくん抜けた6人も、やっぱこれからやっていかなきゃいけないわけで

その上で絶対になんだろ、すばるくんが抜けたから、ああ。。。って思われるのも嫌やし

メインボーカルって中でやってた人だから

そこを俺らも改めて超えていく気持ちでやらないといけないなと思うし

グループとして

7人でやってたグループの形ってのがガチってなってる中で、

1人抜ける事でボロボロってなるところがあるんですけど

でもやっぱ固まる部分もあって

形は崩れてるけど気持ち的に、やらなきゃっていうところで皆、いつもとは違う感じになってるし

だからそこには、彼に感謝だし

それはやらなきゃいけないなって部分もあるから

まぁその後からっていうのはツアーのところでも見ていただきたい所でもあるし

まだ、すぐ終わりじゃないから

この後の活動っていうのも最後までちゃんと見届けていただきたいってのもあって

そうっすね

これで何を言えるかなってとこで僕もすごい考えていたんですけど

でも何かやっぱ気持ちのないところ言ってってのもアレだし

絶対心に整理ついてないと思うんです、みなさんが

で、僕も心に整理ついてないってのも正直な気持ちだし

でも心の中でどうにかやっぱ整理つけていかなきゃいけないし

その中でやっぱおっきいのが、あの人も夢を追っかけてるってのがすごい自分の中でおっきい事で

だからあの人にも負けないように

で、今までの俺らのグループ活動にも負けないようにっていうのはしていかなくちゃいけないなっていうのは

思ってるので

だからすごいね、悲しい想いをされた方とかもいらっしゃると思いますけど

まぁ同じぐらい僕らも、寂しい悲しいって想いは抱いてますし

でも前向きになれたなっていうのは思うので

だからなんか俺らがテレビ出てたりとか、これからバラエティとかもいろいろあるし

そんな中でこの人こんな事思ってるんじゃないかとか思う事があるかもしれないけど

みんなきっと、吹っ切れて楽しもうと思ってると思うので

みなさんも、楽しもうと思ってるコイツらを見るっていうのは可笑しいか(笑)

だから自然に見ていただけたらなっていうのは思いますね

 

高橋:今のお話を聞いて、僕なんかはホッとする部分もあるけどね

職業としてっていったら言い方がいいかわからないけど

アイドルっていうさ、お仕事を大倉くんは全うしてるから

すごくいろんな人達に希望とかさ笑顔とかさ、そういうのを人生かけて一生懸命やろうとしているんだけど

それは絶対大倉くんはそうやってるとは絶対、言わないと思うのよ

自分の辛い事とかさ、気持ちの面っていうのは言うのは御法度なのかと思うけれども

でもやっぱり人間だしね

大倉くんだって関ジャニ∞のメンバーみんな人間だし

いろんな事思ってるんじゃないかなって

もっと考えたら、飯食ってるかな、とかさ

寝れてるのかなとかさ

僕も1人の関ジャニ∞大好きな人間としてね

リスナーのみんなの気持ちを背負うほどの事は僕は言えないから申し訳ないけども

でも今寂しいって気持ちはあるって言葉を大倉くんの口からポソっと言ってくれる事とかがなんか、

スゴく安心するって気が僕はしたな

よくぞ大倉くんの今の気持ちをお話してくれてありがとうって思うけどね

 

いやいや、それぞれ多分、表現の方法が違うと思うんですよ

だから俺が全員の事を語るのは、違うと思うし

俺はこうだっていうのはあるけど、でも

みんな同じ気持ちだと思う

もっと大人にならなな!っていうのは反省したけどね

 

高橋:みんなで綺麗な言葉でまとめるつもりはないけども

大倉くんがそういう気持ちであるならば、きっと大倉くんを見ているみんなも似ている気持ちで

もし今寂しいとか辛い気持ちになっているっていうのはしょうがないじゃないですか

どちらの将来も応援したいっていうのは

でもやっぱり寂しいって気持ちにウソつけないんだとしたら、

ね、今、ラジオの前で聞いてくれてる人と大倉くんと、もし、差し出がましいようだけれども仲間に入れてもらえるんであれば僕も、

みんなで時間かけてでもさ、またなんか乗り越えて

その寂しいって気持ちがちょっとでも違う気持ちになっていく瞬間っていうのをずっと見ていきたいと思うけどね

 

うわぁもうありがたいですねぇ

そういう事しか言えないですけど僕も

でもどういう言葉を発しようがそれぞれのお気持ちがあるだろうし

楽になる事なんてきっとないから

うん、しかも、時間が解決する事でもないし

だからこれはなかった事にする事もないから

これは、このまま、そのままを抱えていけばいいのかな、

いつも大切な人が、亡くなっているわけじゃないからさ、すばるくんは

あの人の歌が別に聞けなくなるわけじゃないし、

それは亮ちゃんが言ってたけど

わけじゃないけどなんか、大切な近しい人がいなくなった時とかもさ

その人がゼロになるわけじゃなくてさ

ずっとその人が自分中にいるわけで

その感覚となんか似てて

これからも、そうっすねぇ

頑張るしかないな

もう、俺らも言葉に出来ないから、集まった時に、しゃべって止まって、うん、なんかがんばろ、みたいな

なんかでもこういう事で始まったなって事があったので、僕らも始まりとしては

どこ目指していいのかわからんし、

どこ目標にしてもわからんし

ただ、頑張ろうよっていう時の、俺なんかゼロに戻ったときのような気持ちになってるんですよ

それは多分、すばるくんもそうだろうし

一緒だから

こっからはReスタートになってるって想いは一緒なんだなっていうのはあったから

俺も勝手な決断したこの人って言っちゃったけど

一緒に応援して欲しいなって想いが今はすごく強いから

マイナスな、ネガティブな気持ちはあるかもしれないけれども

いずれ全部プラスになればいいなと思いますけどね

 

高橋:見届けていきますよ

見届けていきましょうよ

 

ということでですね

ずっとこの曲が、ピッタリなんですよ

僕らにとって

という事で、また今週もかけさせていただきます

関ジャニ∞でLIFE。

 

 

 

 

 

 

 

先週聴いて、ガチで嗚咽が出るほど号泣しちゃったLIFE。

(がはは)

今週は胸にかみしめながら、泣かずに聴けました。

 

ほんとにね。

真摯に話してくれていて。

 

ありがたかったです!

大倉!

(ごめんなさい呼び捨てで。。。でもさ、普段そうだからさ。。。愛称のつもりです)

 

 

 


テーマ:

なんにも言えないですね。

なんにも言えないです。

彼らからの言葉が全てです。

 

 

 

スバラジのすばちゃんも。

大倉さんも。

丸ちゃんも。

表で、真摯に話してくれてありがとう。

 

 

 

スマホの場合、読みにくい簡易ページで表示されることがあります。ここをタップしていただくと読みやすく表示されます!よろしくお願いします。はるはるまん。

 

 

 

忘れないでいい、と大倉氏が言ってくれましたし!

だから、このグループではきっとこの先も、すばるを感じながら応援出来ると思う!!

 

 

ほんとみんな大好き。

すばる、がんばって。

心の底から応援しています。

(他の辞めジャニと一緒にすな!!!という想いが勝手に強い。笑)

 

 

 

 

 

 

 

丸ちゃんのサタプラ。

残しておきます。

 

 

 

 

 

会見の映像が流れる。

(横のコメント、ヒナのコメント、すばるのコメント)

 

 

 

 

 

そして。

BGMに『道』

 

会見の様子、再び。

(大倉のコメント、亮ちゃんのコメント、丸のコメント)

 

 

 

 

 

楽しいことしかなかったですね

そりゃ、一人じゃなかったですから

6人がいま、さらに大きく、強くしていくために、絆を深めてるんです

なので、あのま、こんな自分が言うことではないと思うんですが

これからの、ここからの関ジャニ∞を見守っていただけたらなと、思っております

 

 

BGM、LIFE〜目の前の向こうへ〜

 

 

 

 

 

おはようございます〜

今週はわたくしたち関ジャニ∞の件でみなさんに心配な事をかけてしまったと思うんですけど

まぁまぁあの、暗い話ではなく、わりと前向きな話で

グループ全体で話し合って

で、彼自身の一つの覚悟だったり意志だったりとか、

そういうものが強かったのでね

みんなで話し合った結果がこういった形で

で、まあ、そうなったからにはやっぱり関ジャニ∞としてどういうふうに進んで行くかっていうのんを、

一つの会見という形で、ファンの方々のためだったり、

まぁこれからの自分たちのためだったりもありますけど

世間的にも、なんでやねん!て話になりますから

そこをひとつ自分たちでこれから進んでいく

6人でこれからツアーもあったりとか、

進んでいくひとつの意志として、すばるくんを気持ちよく見送るという

そういう気持ちをみなさんにちゃんと共有していただきたいなってことで

ほんとに申し訳ない!

関ジャニ∞、わたくし達ごとではございますけども、

そういう形で会見を開かさせていただいたんですけどね

まあでもぉ、6人でこれからまた始まっていくので

ここまでやっぱり一緒に応援してくださった方々のためでもありますし

自分たちのこれからのために

ひとつ、覚悟を持った姿をですね

生でみなさんにお届けしていきたいと思いますので

ぜひとも変わらず、関ジャニ∞とそして渋谷すばるを応援していただけたらなと思います!

はい!

なんかちょっとね、はい、改まるとさ、なんかちょっとさ

その辺りのVTRもさぁなんかぁそういう曲の選曲とかも

サタプラらしいね!

ねぇ、ありがたいと思います本当に

 

小堺:すばるくんすごいほらぁ好きだったじゃないですか

 

そうですね

 

こじるり:ファンだってね、おっしゃってましたもんね

 

そうですね、そうそうそうそうなんですよね

彼の歌が、すごく僕大好きで

あの、それこそライブ行ったりとか映画とかも行ったりもさせてもらいましたし

まあ思い出はねぇたくさんありますけど

何ってこうチョイスしきれないぐらいね、ずっと一緒にいたんでね

 

しかもデビューする前の1回目のオーディションが彼と一緒で

初めて雑誌に載ったんも、渋谷すばると2人で一緒やったんすよ

8人ぐらいいた中の2人だったんで

だからなんかそういう意味でも、自分としては思い入れが、

とても、あお互いあるなっていうのがありますけどね、はい

 

小堺:でもね関ジャニ∞の中にいたことで、ポーンといきたいことがあったんだから良いことですよ

 

うん、そう思います僕も

 

小沢:関ジャニ∞けっこう一緒にね、僕なんかも仕事させてもらってる

すばるくんとかも、よく一緒になるから

本当に見てて”なんでやねん”って思ったのは

眼鏡、なんで?

急に眼鏡!

どうしたの?涙隠してたの?

 

いやいやそんな、あれではないんですけどね

なんやろね

何かあったときのためのww

 

小沢:かわいい奴め

 

やっぱ、そう思いますよね、そうそうそう

 

こじるり:あとそうですね、安田さん”なんでやねん”と、心配ですけどね

 

そうそう、あの、

まぁ言うべきあれじゃないんですけどぉ

あの〜ヤスいつもメガネしてんすよ

あんで、代わり的・・・

ま、一緒に・・・

 

小沢:いい奴〜

 

こじるり:安田さんがメガネか

 

言うべきことではないなって思って

でもそこ訊かれたん初めてやから、今

 

小沢:ここ(眼鏡)が安田くんを表してるってこと

 

こじるり:そういうことか!!じゃあ7人だったんですね!

 

それは、ま、はずい。。

 

いやいやいやでも言うべきことじゃないんですけどまあまあ

訊かれると思ってなかったから、今めちゃ動揺してるんですけど

 

小沢:でもプレッシャーはあるんじゃない?

すばるくんがこういう形で夢を追うじゃん、そうすると歌のパートが増えるよ

 

増えますね

もうこないだ歌割りもなんかちょっとみんなで相談したんですけど

いけるかって

 

小堺:でもね、見守っていきたいって方も追っかけるものが2つになったと思えば

 

ありがとうございます

みんなで前向きに受け止めて進んでいきたいと思います

夏からもねツアー始まりますんで

6人の関ジャニ∞をちょっと生でね、こう見て

「よし、こいつらだったらいけるぞ!」

って信じてもらえるように頑張っていきたいと思いますんでよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう!丸!!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。