テーマ:

H.A.Lふぁみり~の上原さんから釣行レポートをいただきました。(^^)/

 

季節も春、冬の海とは打って変わり生命感が溢れてきました。

ターゲットのメバルは勿論の事、エサとなる小魚の稚魚、潮周りによってはバチなど比較的表層で狙える日も増え、活発にエサを追いかけるメバルのボイルも見られる様になってきました。

プラグでメバルを狙うなら今が面白く、釣りやすい時期になりました。

プラッキングメバルデビューするなら今がオススメです。



「タックルや持ち物」

タックルは6フィートから7フィート位のメバルロッド、トラウトロッドでも流用可能でリールはシマノ1000番、C2000など小型の物。
ラインはPE0.2から0.4にショックリーダーとして1.5号位の物を使用。(短めで良いと思います。)
あとはお気に入りのルアー、ペンチやハサミなど比較的軽装、スニーカースタイルで狙えて楽なのもオススメの理由です。
あと、万が一に備えてライフジャケットの着用をお願いします。

「エントリーする前にしておきたい事」

さぁ早速始めますか?の前にしておきたい事。
出来ればしたい事はポイントの下見です。

 


メバル釣りは夜にエントリーするのがオススメなのですが、昼間にポイントの下見はしておきたいところです。ロックフィッシュと言われるだけあり、釣れる場所には海藻や根があるのがほとんどです。そんな場所にメバルのポイントとなります。

昼間の干潮時にポイントの雰囲気や根や海藻帯の確認を行うことで、釣果向上はもちろん、ルアーロストを軽減出来ると思います。

「エントリータイム」
メバル狙いでエントリーしたい時間出来れば夕方、夕まづめです。

最近は日が伸びて夜7時位まで明るいですが、簡単な見極め方はコウモリが飛び交う時間、もしくはサビキ等他の釣りをされてる方の釣れてる魚が変わってきた時間を観察してると良いと思います。

 



RAVEN37DEEP SL-S
比較的メバルが表層に浮いてる、ボイルしている時や根や海藻帯をスラッグジャークを使い、刺激して喰わせるときにオススメのモデルです。

RAVEN37DEEP S
風が強くスローシンキングだと沈まない、馴染まない時に使用します。

重心が後方にあるので、フリーでラインを送るとテールからスッと沈んで行きます。使用の仕方はスローシンキングと同じですがイメージで言えば沈みの遅いジクの様な感じです。

RAVEN50S
メバルのポイントが遠く飛距離が必要な時や強風時、潮が速い、水深が深いなど、37シリーズのフォローベイト的に持っておくと良いモデルです。竿を立てペンシルの様にも使えます。

「レイブンシリーズを使った誘い方、釣り方」

基本はテンポの良いスラッグジャーク。
ジャーキング主体の釣りとなりますが、毎回同じパターンで釣れるとは限りません。昼間観察した根や海藻帯のまわりなどにキャストして、軽く2~3回優しくジャークしてさびく、巻くが基本的な動作ですが、日によってヒットパターンは異なります。ジャークしたあと放置するほっとけメソッドや、表層をジャークしながら早巻きなど、食べてるベイトや活性によって同じポイントでも変わります。
色々試して、その日のヒットパターンを探し当てるのも、プラッキングメバルの面白さです。諦めずやってみて下さい。

 

上原 政由

 


 

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

エイチ・エー・エルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。