ハルさんの「目指せ水陸両用!」

走るのが何よりも苦手だったマスターズスイマーが、40才からトライアスロンに挑戦。その記録を綴ったブログ。
2013年8月、ついにアイアンマンレースを完走。次に目指すのはマラソンのサブスリー!


テーマ:
トライアスリートの皆さん!

そろそろトライアスロンシーズンに向けて泳ぐ頻度増やしてますか?

今年こそは苦手のスイムパートをなんとかしたい!


と、速く泳ぐために色々試行錯誤やってると思います。

さて、どうやったら速く泳げるのでしょう?

そして楽に泳げるのでしょう??


速く泳ぐためには大きく分けて二つの要素があります。

推進力(加速力)を生み出す技術と減速しない技術


推進力は文字通り「力」です。筋力が要ります。

力があれば技術は要らない・・・とまでは言いませんが、力である程度ごまかせます(笑)

ただ、長く泳げませんがべーっだ!



それに対し、減速しないのは、力でなく技術です。

言ってみれば、力は余り必要ない。

細々したところを気をつけていけば力は不要。

どっちが楽か?

減速しない技術の習得の方が楽です。

技を知って、身体にしみこませるだけですから。(でも簡単とは言ってませんよ)


水泳は壁を蹴った瞬間が最速で、あとは基本的に減速する一方。

減速しない技術を高めれば、推進力は同じでもより速く進みます。

これはプールでも海でも基本的に変わりません。

上下肢(主に上肢)で作り出した推進力を、ブレーキかけないようにすることです。

ということで、抵抗の少ない泳ぎを身につけることは、推進力を生み出すトレーニングと同じくらい重要です。


例えばトライアスロンのバイクパート。

強烈な向かい風で、全然バイクのスピードが出ない。

どうします?


出来るだけDHポジションをとりますよね?しかも限界まで上半身を伏せて空気抵抗を減らす。


これと一緒です。


水泳の場合は


前に伸ばした手のひらの位置や形
頭部の角度
足首の角度
脚の沈み
キックの瞬間の脚の開き
これらを総合したストリームライン


こんなところでものすごく水の抵抗が変わります。

しかも一度減速すると再加速は非常に疲れる。


ですから減速しないようにこういう所を一つ一つチェックしながら身体にしみこませていくことが必要です。


週末、東京に行ったとき、一緒に泳ぐ方々にはこの辺をしっかり伝えていきたいと思います。


残念だけど来れない~~(>_<)


という方々はこちらの過去ログをお読みください。

来られる方々も、予習のために一度目を通してくださいね~~。



泳ぎの抵抗を減らしましょう その1

泳ぎの抵抗を減らしましょう その2

泳ぎの抵抗を減らしましょう その3

泳ぎの抵抗を減らしましょう その4(最終回)

ストリームライン




今日のトレ

東京マラソンウィークに入りましたので、一応練習量を少し減らしていきます。

スイムは2600 45分。

up 50x10x2set (①Fr 50", ②Bc 50")
pull 100x6 (Fr 1'30")
swim 100x6 (Fr 6kick 1'30")
easy 100
dash 100x1 (Bt)
down 200


ラストに刺激入れの100バタ 1本。タイムは1'09"とまずまず。

でも200バタ練を頑張っていた頃のような耐久力はない汗

東京マラソンが終わったらバタフライ頑張ろう。

帰宅後ローラー台。

こっちは低負荷高回転で30分

タイム: 30:01
平均スピード: 22.1 km/h
最高スピード: 25.8 km/h
平均心拍: 120 bpm
最高心拍: 127 bpm
トレーニング効果 : 2.1
平均ケイデンス: 109 rpm
最高ケイデンス: 123 rpm

回転数重視で、負荷はすごく低めにしてますが、3本ローラーではやはり110rpmあたりが今の限界。

もう10回転アップがなかなか難しい。

日々練習あるのみですね。


お読みいただきありがとうございました。
おかげさまで1位キープ中!クラッカー
今日も応援のワンクリックを宜しくお願いいたします(^^)

ダウンダウンダウンダウンダウン
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ハルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。