まずは、1日1回、株式ブログランキングへの応援クリック、よろしくお願いいたします。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


2月12日にフォトクリエイト(6075)が2015年6月期第2四半期決算を公表し、即日、決算説明会を開催したので、その報告を行う。


第2四半期累計決算は前年同期比0.5%減収、営業利益、経常利益、純利益とも前年同期の黒字から赤字に転落した。もっとも、赤字転落は期初からの計画であったが、若干赤字幅が拡大した。



20150214-3


同社は今年度をある面第2創業期と位置付け、従来とは非連続的に変化する助走期としている。特に第2四半期までのその色い合いが濃く、先行投資期という位置づけであった。 とりあえず、その戦略は着実に進行している。


まずは、ラボネットワーク社との戦略的提携がある。


同社は、イベントにカメラマンを派遣し、写真を撮り、その写真をインターネット上で販売するインターネット写真ビジネスと、その仕組み自体を写真館に売り込み、その仕組みを使ってもらうフォトクラウド事業を主体とする。同社とすると、インターネット写真ビジネスでネットで写真を販売する認知度を高め、クラウドの顧客を大きくして行くことが長期的な狙いである。


それに対して、ラボネットワークはすでに写真館を顧客としており、その顧客が撮った学校写真などを現像するビジネスである。


同社はラボネットワークと提携しラボネットワークの顧客を紹介してもらい、同社のインターネットでの写真販売システムを利用してもらう顧客を増やす。ラボネットワークはインターネット写真サービスでトップの同社を顧客に紹介することで、インターネット写真を売り込む他社に顧客を取られずにすむ。


また、同社は被写体である最終ユーザーがたくさん写真を買いたくなるような写真を撮るノウハウがあることから、同社に顧客を紹介することで、同じ顧客からの現像の注文を増やすことにつながる。



このようなWIN-WINの関係が築ける提携である。実際の提携がスタートするのは2015年4月からであり、同社の第4四半期決算からであるが、いきなり大きく立ち上がることもないと思われ、今期は助走期となろう。


そう考えると、下期に下期としては過去最高益を大幅に更新する計画となっている同社業績は未達の公算がかなり大きいものと考えられる。


また、写真の新しい撮り方、価値を提供するため、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と提携して、CCCが運営する湘南T-SITEにT-STUDIO1号店を開店した。今後は代官山T-SITEを初めとする他のT-SITEでも展開予定。



インターネット上で写真を販売するシステムは、時代の流れで将来的には学校写真やスポーツ写真など世の中のほとんどの世界で実現する可能性がある。あとは、どこが勝つかということであるが、先駆者である同社に1日の長があるのではないかと思われ、超長期の投資対象として注目できるという位置づけである。もっとも、現時点では宝くじよりはじっとお得だがという程度の確率ではあるが。



ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。


株式関連記事目次



当ブログでは、皆さんの質問や意見を随時受け付けますので、気軽にコメントしてください。


この記事の内容が役に立ったと思ったら、下のバナーをクリックしてください。


 
株式投資をファンダメンタルから極める-バナー







【追伸:無料メルマガのご案内】


このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。


皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。


私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。


しかし、この無料メルマガは無料でも価値のある情報を提供します。申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。


あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。


メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト )。


AD