まずは、1日1回、株式ブログランキングへの応援クリック、よろしくお願いいたします。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


8月31日に日経紙が伊藤園(2593)の2013年第1四半期決算の観測記事を掲載したので、それについて報告する。


日経紙によると伊藤園の2013年第1四半期決算は13.0%増収、6.8%営業増益程度となったようである。


同社の上期決算の会社計画は、12.0%増収、6.6%営業増益であり、それと同水準の伸び率であるから、ほぼオンラインの業績推移と考えられる。



株式投資をファンダメンタルから極める-20130901-1



日本茶飲料は香りを高めた新製品に広告費・販売促進費を投入して、売上高は9%の伸びとなった。もっとも、中国茶飲料や紅茶飲料が減少したため、単体ベースの売上高は5.3%の増収にとどまった。


円安が進行したことで、輸入原材料が値上がりしており、収益面は厳しいと考えられる。



一方、子会社のタリーズは好調である。新規出店が順調に推移したことと、食事メニューの充実が寄与したようで、原料のコーヒー豆が値上がりしたこともあり、タリーズは二ケタの増収増益となった。


日経紙にはないものの、米国伊藤園はこれまで同様現地通貨ベースで順調に推移したのではないかと思われ、為替の円安もあって連結決算への寄与度も上昇したと考えられる。



なお、当ブログでは特に同社の優先株(25935)は割安であると考えている。



株式投資をファンダメンタルから極める-20130901-2


また、優先株の優位性や投資タイミングはこちらのレポートで詳細に分析している。 http://mailzou.com/get.php?R=57848&M=19999

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。


株式関連記事目次



当ブログでは、皆さんの質問や意見を随時受け付けますので、気軽にコメントしてください。


この記事の内容が役に立ったと思ったら、下のバナーをクリックしてください。


 
株式投資をファンダメンタルから極める-バナー







【無料レポート差し上げます】


レポートの詳細はこちらをご覧ください。

「さくらインターネット(3778)の実力(31ページ)」

「トリドール(3397)復活の背景(31ページ)」

「食品卸売業と加藤産業(9869)」

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「王将フードサービス(9936)」

「サイゼリヤ(7581)―業績動向と投資タイミング―」

「スマホ向け広告拡大で恩恵を受ける企業」

「トマトブームとカゴメ(2811)の現状」

「加工食品卸売業の見方と三菱食品(7451)の位置づけ」

「独自のビジネスモデルで成長するサンマルク(3395)」

「コスモス薬品(3349)の秘密」

「プリマハム(2281)の変貌」
「伊藤園(2593)-成長ポテンシャルと優先株の魅力-」

「ヤオコー(8279)の強さの秘密」

「アベノミクスで注目のサンマルクホールディングス(3395)」

「投資タイミングに来た一六堂(3366)」

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「NEXT(2120)の投資タイミング」

「ファンコミュニケーションズ(2461)の業績と株価の行方」

「内需拡大で飛躍が期待されるロック・フィールド(2910)」

「アベノミクスで飛躍が期待される物語コーポレーション(3097)」

「サイバーエージェント(4751):いよいよ秒読み態勢に入ったスマホの収益化」

「アリアケジャパン(2815)の研究」



【追伸:無料メルマガのご案内】


このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。


皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。


私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。


しかし、この無料メルマガは無料でも価値のある情報を提供します。申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。


あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。


メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト )。


AD