まずは、1日1回、株式ブログランキングへの応援クリック、よろしくお願いいたします。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


このブログは、表題のよう「にファンダメンタルから株式投資を極める」がメインテーマです。


私自身、証券会社においてファンダメンタルを25年以上研究してきた経験を背景にブログ記事を作成しているからです。


また、会社にいる間は役割分担があって、それなりに興味はあったものの、実際に売買ができないということと、職務としても要求されてなかったため、あまり深く研究ができませんでした。


しかし、主として個人投資家に向けて、ファンダメンタルだけを解説しても、なかなかそれを投資に生かすには難しい面もあります。


そこで、ファンダメンタルアプローチを完結するためにも、実際の売買にどう生かすかということが重要になります。


そのため、さまざまな方法論を研究しています。


その中で、一番痛切にわかったことは、「株で儲ける」ためには、「株で儲ける」ことをいくら追求しても難しいということです。


どういうことかというと、一つ一つの取引で儲けることは、相場次第の部分があって、それほど大差がつかないということです。


表現をすれば、一つ一つの取引で儲けることはそれほど難しくないということです。


でも、トータルとして儲からない人が多いのが実態です。


これは、トータルで儲からない多くの人が、損をすることができていないということです。多くの儲かっている投資家の書籍、ビデオ、解説を見ると、ほとんどの人が損失をコントロールすることが最も大切だと言っています。


やり方や表現は千差万別です。


ある人は、機械的なロスカットを、別の人は空売りと組み合わせたヘッジを、ある人はファンダメンタルアプローチによるダウンサイドリスクの小さい銘柄の見つけ方を述べています。


今、儲かっていないあなたは、どんな方法でもいいのですが、損失をコントロールするルールが自分の中で確立しているか考えてみてください。


儲かる株を探す方法は確立していても、リスクをコントロールする方法がはっきりしていない人が大半だと思います。


だから、株で儲けるためには損失を少なくする方法を研究しましょう。と言うのが今日の結論です。


さまざまな方法があって、どういう順番で紹介したらいいか迷いますが、今回はこんな無料ビデオを紹介します。


今後、いろいろな手法を紹介しますので、自分に合った方法を見つけてください。


このビデオを見ると、うまい負け方、上手に損をするコツがわかります。


http://cherry100.mods.jp/ra/s/292




ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。


株式関連記事目次



当ブログでは、皆さんの質問や意見を随時受け付けますので、気軽にコメントしてください。


この記事の内容が役に立ったと思ったら、下のバナーをクリックしてください。


 
株式投資をファンダメンタルから極める-バナー






【無料レポート差し上げます】


レポートの詳細はこちらをご覧ください。

「株式投資で資産を作る方法(35ページ)」

「アリアケジャパン(2815)の秘密(34ページ)」

「トリドール(3397)の強みとは?(31ページ)」

「伊藤園(2593)のビジネスモデル(43ページ)」

「ロック・フィールド(2910)の変貌(36ページ)」

「さくらインターネット(3778)の実力(31ページ)」

「物語コーポレーション(3097)研究(28ページ)」

「サイバーエージェント(4751)の真実(33ページ)」

「サイゼリヤ(7581)の実力(29ページ)」



【追伸:無料メルマガのご案内】


このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。


皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。


私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。


しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。


あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。


メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト )。




あなたもアナリストのノウハウを学んでみませんか


企業研究クラブ



AD