まずは、1日1回、株式ブログランキングへの応援クリック、よろしくお願いいたします。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


今回はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の分析の第2回である。


まずは、業界を俯瞰することから始めよう。一口にASPと表現したが、このASPには大きく分けて二つのタイプがある。


一つは今回分析対象とするリアルの世界でも一般的な商品やサービスの販売を仲介する物販ASPである。


そして、もう一つがネット独特の情報商材と呼ばれるPDFやDVDで供給される様々なノウハウ販売を仲介する情報商材に特化したASPである。


この代表はインフォトップという会社で、今年度の取引金額で100億円程度の規模の会社である。上でアフィリエイターが一般的に用いる情報商材という言葉で表現したが、会社側では電子出版と表現している。


なお、情報商材ASPには上場企業もないことから、本稿は物販ASPを中心に述べるため、インフォトップに関してもこれ以上は触れない。興味のある方は、インフォトップのホームページを参照のこと。


http://www.infotop.co.jp/



さて、まずは物販ASPの簡単な企業比較を行った。





株式投資をファンダメンタルから極める-20110515-10

(上の表はクリックすると拡大できます。)



会社側が開示しているデータで見ると、アフィリエイトの売上高はアドウェイズ(2489)がトップとなる。一方、営業利益を見るとファンコミュニケーションズ(2461)が突出している。売上高営業利益率も各社によって極端に異なる。



現時点でこれらの差にどのような背景があるかはわからない。たとえば原価率をとってもアドウェイズとファンコミュニケーションズでは大きな差がある。


一般的には売上高の計上基準が異なるとそのようなことが起こるが、現時点では明確に見えているわけではない。分析を進めるうちに、ある程度明らかになってくるのではないかと思われる。


そこで、ここではとりあえず、1社ごとに深く分析することから着手し、その過程で分析の方向性も見えてくるのではないかと考えられる。


次回は、その中から収益性でトップのファンコミュニケーションズをピックアップし、同社の分析からスタートすることにする。




ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。


株式関連記事目次



当ブログでは、皆さんの質問や意見を随時受け付けますので、気軽にコメントしてください。


この記事の内容が役に立ったと思ったら、下のバナーをクリックしてください。


 
株式投資をファンダメンタルから極める-バナー






【無料レポート差し上げます】


レポートの詳細はこちらをご覧ください。

「株式投資で資産を作る方法(35ページ)」

「アリアケジャパン(2815)の秘密(34ページ)」

「トリドール(3397)の強みとは?(31ページ)」

「伊藤園(2593)のビジネスモデル(43ページ)」

「ロック・フィールド(2910)の変貌(36ページ)」

「さくらインターネット(3778)の実力(31ページ)」

「物語コーポレーション(3097)研究(28ページ)」

「サイバーエージェント(4751)の真実(33ページ)」

「サイゼリヤ(7581)の実力(29ページ)」



【追伸:無料メルマガのご案内】


このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。


皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。


私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。


しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。


あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。


メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト )。




あなたもアナリストのノウハウを学んでみませんか


企業研究クラブ



AD