まずは、1日1回、株式ブログランキングへの応援クリック、よろしくお願いいたします。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


ここで言うASPとはアフィリエイト・サービス・プロバイダーのことで、ネットビジネスの特徴的な業態の一つである。


アフィリエイトとは、企業の商品やサービスの広告をブログ、サイト、メルマガなどに貼り、読者がその広告をクリックして、商品やサービスを購入すると、当該企業からサイトオーナーに報酬が支払われるというものである。


この企業である広告主とサイトオーナーのアフィリエイターの仲介をするのがASPである。


今、このASPが好調である。この背景には企業とアフィリエイターの両者の事情があると考えられる。


まず、アフィリエイターの事情を考えてみよう。以前、当ブログでも紹介した大前研一氏のこのビデオ。

http://cherry100.mods.jp/ra/s/249


つまり、日本は世界の中で唯一衰退しているという内容である。そのため、世界の中でも相対的に高い日本人の所得水準は低下して行くということになる。記事自体はこちら。

http://ameblo.jp/halariga/entry-10855004884.html


それを個人の立場から見るとこうなるというのが、少し前に紹介したビデオの第2弾であるこのビデオ。ただし、このビデオの公開は5月15日までです。


「いままでの稼ぎ方ではダメな時代がくる!」

http://cherry100.mods.jp/ra/s/282


これは、会社からの給料が増える時代は終わって、むしろ減って行くので自分で稼ぐ手段を考えなければならないというもの。記事自体はこちら。

http://ameblo.jp/halariga/entry-10883031487.html


その結果、個人でも余暇を利用して手軽に稼げるアフィリエイトを行う人が増えているのである。


ただし、厳密に言えばアフィリエイトのリンクはかなり多くの人のブログに貼ってあるが、実際はそう簡単にクリックされて、購入に結び付くものではない。


アフィリエイトはある程度本気でやらないと、アフィリエイトをやったことにはならないし、成果も上がらないものである。


そして、アフィリエイトの世界の動きが見えるようになるのも、月にアフィリエイトで数万円稼げるようになってからである。


そういう意味においては、最近はかなり熱心にアフィリエイトをやる人が増えているという印象がある。



さて、ここまでがアフィリエイター側の事情であるが、広告主の企業側の事情もある。


まず、第一にこれはリアルの世界でも起こっていることであるが、純広告の停滞である。


企業がブランド力を高めるために広告費を使うが、広告費の効果が高いのは、やはり物が売れる時代である。もちろん、売れない時代だからこそブランド力は重要という面もあるが、それは広告費をうまく使えている企業のことであり、多くの企業は必ずしも効果的に使えているわけではない。


そこで、物が簡単には売れない時代には、直接売り上げに結び付くような、広告費、販売促進費の使い方にシフトすることになる。その最たるものがアフィリエイトである。


アフィリエイトは成果に対して支払うものであり、本質的には広告費というより、コミッションに近いと言えよう。いわば、固定費がゼロに近い形で、営業マンを雇えるということである。


厳しい時代になればなるほど、純広告からアフィリエイトの流れが加速するのである。その結果、ASP各社の業績が好調なのであり、この動きはしばらく加速するのではないかと考えられる。


具体的な企業には、最大手のA8.netを運営するファンコミュニケーションズ(2461)、バリューコマース(2491)、アクセストレードを運営するインタースペース(2122)、モバイルアフィリのトップ企業であるアドウェイズ(2489)などがある。


今回、このような仮説のもとにASPの分析をスタートする。


現時点ではまだ明確な結論が出ているわけではないが、今回ネット企業の説明会を廻ってみて一番興味をひかれたのがこのASPであった。

 

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。


株式関連記事目次



当ブログでは、皆さんの質問や意見を随時受け付けますので、気軽にコメントしてください。


この記事の内容が役に立ったと思ったら、下のバナーをクリックしてください。


 
株式投資をファンダメンタルから極める-バナー






【無料レポート差し上げます】


レポートの詳細はこちらをご覧ください。

「株式投資で資産を作る方法(35ページ)」

「アリアケジャパン(2815)の秘密(34ページ)」

「トリドール(3397)の強みとは?(31ページ)」

「伊藤園(2593)のビジネスモデル(43ページ)」

「ロック・フィールド(2910)の変貌(36ページ)」

「さくらインターネット(3778)の実力(31ページ)」

「物語コーポレーション(3097)研究(28ページ)」

「サイバーエージェント(4751)の真実(33ページ)」

「サイゼリヤ(7581)の実力(29ページ)」



【追伸:無料メルマガのご案内】


このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。


皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。


私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。


しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。


あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。


メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト )。




あなたもアナリストのノウハウを学んでみませんか


企業研究クラブ



AD