まずは、1日1回、株式ブログランキングへの応援クリック、よろしくお願いいたします。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


『株式投資のための企業分析「さくらインターネット(3778)の実力」』(31ページ)を作成しました。ご希望の方に差し上げます。


株式投資は昔から資産形成するための有力な手段と言われています。それは、企業を運営するリスクを負わず、企業の成長を享受できることが背景にあります。


特に戦後の日本のように国の経済が高成長を遂げ、さまざまな産業が成長し、多くの企業が成長した中では、高い確率で長期投資によって高いリターンを上げることが可能でした。その場合、銘柄選択もそれほど難しいものではありませんでした。


しかし、日本自体の成長性が低下し、一方グローバルには競争がますます激しくなっています。そのなかで成長し、ただ保有しているだけで、株式投資で高い成果を上げられる企業は限られることになります。


その意味で、個々の企業の成長ポテンシャルを探ることと、投資タイミングを測ることは極めて重要です。


本レポートでは、インターネットのインフラにあたるデータセンター事業者のさくらインターネット(3778)に焦点を当てます。


伝統的な産業と異なって、目まぐるしく市場の情勢が変化して行く世界です。そのため、個々の戦術よりむしろ戦略の考え方や経営者に焦点を当てて分析しています。


なお、ブログではまだ取り上げていないビットアイル(3811)との比較も行っています。ビットアイルについて知りたい方にも役に立つものと思います。


これまで、筆者が分析してきた企業とはかなり趣が異なる会社ですので、四苦八苦しながらの分析になりました。



株式投資をファンダメンタルから極める-さくら表紙

     「さくらインターネットの実力」



なお、このレポートは筆者の第6弾目のレポートです。

以下のURLにこれまで発行したレポートの詳細を記していますので、レポートの概要を読み、興味が涌けばダウンロードしてください。


「株式投資で資産を作る方法(35ページ)」

「アリアケジャパン(2815)の秘密(34ページ)」

「トリドール(3397)の強みとは?(31ページ)」

「伊藤園(2593)のビジネスモデル(43ページ)」

「ロック・フィールド(2910)の変貌(36ページ)」



皆様のご支援をよろしくお願いいたします。下のバナーを1日1回クリックしていただけるとありがたいです。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


【投資は頭だ!by 大竹慎一】

投資を志す人必見。知る人ぞ知る異端のファンドマネージャー大竹慎一氏の最新刊中国高成長は幻想、2012-2015に世界大不況、日本の不動産はさらに下落などを解説。

投資顧問のアイリンクインベストメント

会員制のカリスマ投資顧問が贈る大サービス。今だけ月会費が2か月間無料。

実態をわかってから入会ができるめったにないチャンス。

AD