体成分測定結果

テーマ:

いや、昨日はジムで体測定っていうのをタダで受けれるみたいなので、受けてみました

体脂肪率もそこそこ落ちてて、概ね満足(と、言ってもまだまだ削る余地はありますがw)

筋量もそこそこ増加してまぁ、ボチボチ

イタリア代表のユニホームが似合う体へ一歩前進m9(`・ω・´)


ところがここで問題発生

体脂肪とか体重とか、その大小はともかく軒並み平均を下回っていたのに








内臓脂肪が平均以上…orz




平均以上と言ってもちょっとだけなんですけどこれはショック

学生時代の名残がこんなところでこんにちは


てか、社会人になってからは暴飲暴飲は止めたのに(´Д⊂グスン


はぁ、もっと頑張らねば(´・ω・`)

AD

んで、浅田次郎

テーマ:

tuba

椿山課長の七日間という本を読んだ

イン・ザ・プールが笑いっぱなしなら、こちらは打って変わって泣きっぱなし

でたよ、浅田節


ストーリーとしては、主人公が唐突に死んでしまってその後、霊界に行く訳だが、7日間という期限で生き返ることをゆるされる

ここまではよくある話


主人公ではないんだけど、他に2人ほどメインとなるキャラクターがいるんだが、この二人が泣かす泣かす


何が正しくて何が間違っていてってことを明確に答えられるほど世の中は単純には出来てないと思うし、それを理解しきれるほどの頭は持ち合わせていない


でもね、この本の中に出てくる登場人物は自分ていうのを持っていないのよね

だからこそ、胸を打つ


自分ていうものがあるから、欲が出て、ずるくなって、そんでもって頭が悪くなる


自分を捨てるっていうことが容易ではないのは当然ながらも、大好きな人達のためだけには自分を捨てれる人間にはなりたいと思わされました


あー、浅田節の似合う人間になりたいよね、まったく(´・ω・`)

AD

イン・ザ・プール

テーマ:

in

まずは奥田先生から


正直、この本、この作家さんが書いているとは知りませんでした

この作品、映画化されているんですよね、去年の夏くらいに

松尾スズキとかオダギリジョーとか

見たかったのだが、見逃してしまいました


んで、この前、いつものごとくフラフラと本屋に立ち寄ると、文庫本であるじゃないですの

おまけに奥田先生の作品とは


うーん、今まで読んだ2作品「邪魔」、「最悪」の感じから思えば遙か遠く

実際のとこ、この2作品はリアルなサスペンスとでも言いましょうか

おどろおどろしくて背筋の寒くなる感じっていうのじゃなくて、明日は我が身かと冷や汗を覚える

こんなのには巻き込まれたくねーって思わされる感じですわ


でも、この作品は全く違う

平たく言えば、笑いっぱなし

軽いタッチの社会風刺

身に覚えのあるような事だったりもして、苦笑しながらも自分のことでまた笑う

でもいやらしさとか卑屈さとか無いんだよね

ホント、かるーい感じで最初から最後まで


名作とは呼びがたいけど、気軽に手軽に読める1冊だわ、これ

興味があったら是非どうぞ

AD

最近…

テーマ:

観葉植物を育てています

ガジュマルとアジアンタム

でもアジアンタムはもうダメだね

「湿気の多いところを好むので洗面所とかですね」

って、店員さんは言うのだけど、生憎、我が家はユニット

そんなところにおくわけにもいかず、部屋においてマメに霧吹きを吹きかけていたんだけど、もう葉がチリチリ

弱い植物ってなんとなく、切ないね

うーん、次はサボテンにでもするかな


本のほうは浅田次郎と奥田英郎を読みました

笑いました

泣きました

詳細はまた今度


ではオヤスミなさい