tye


祝日だが、給料日前で出かけるのも億劫になり家でタイトルのビデオを見ることに


今作はチェ・ゲバラの若き日の無鉄砲で情熱的な旅を描いた作品です

個人的にチェ・ゲバラは好きな人物なのでと思い選んだ訳なんですが、製作総指揮にロバート・レッドフォードの名が

アメリカ人がこの人を扱っていいのかと疑問にも思いつつも、「まー、ロバート・レッドフォードならいいのか」と、特に大した根拠もなく納得してビデオを見ることに


作品では青臭く愚直で少し世間知らずな若き日のチェ・ゲバラを旅の同行者で親友のアルベルトが引っ張っていくというもので

当初は上記のような人物評をいだいていたわたしですが、しかしながら、物語が進む中、自分の限られた世界から飛び出し、様々な人物や様々な貧困と向き合い、世の中の不条理さに幾度となく憤りながらしっかりと少しずつ変わっていくのです

2時間という限られた時間の中でこのような大きな人間の変化を描くには白々しくなるか中途半端に終るかというところでしょうが、今作品は無理なく、かつ明確にと変化している訳でそういう意味でもしっかりと描けていたのではないかと思われます


作中、ハンセン病患者の若い女性との1コマなんですが、患者に医者となる動機を問われ、彼はみんなの役にたちたいんだと答えます

しかし患者はそんなことは無意味だと返すので、彼は何故と問い返すと


「人生は苦痛」

患者はそうとだけ答えます

恐らく日本に住んでいる私ではその貧困や困窮を理解することは無理なのかもしれません

しかしながら、彼女のその答えは真に迫っておりそれもまたその土地での真理なのかもしれないと思わざるを得ません


しかし彼は、決して否定する訳でもなく

「そう つらいよ 生きるために戦い続けなきゃならないからね」

と、そっと答えます


もし仮にこの恵まれた日本で生活をしていて上記のようなセリフを使ったのならそれは陳腐にも聞こえたかもしれません

もっとも恵まれた時代は過ぎさり大不況と呼ばれるこのご時世でも間違いなく日本は裕福な国であるのです

確かに日本においてもいたたまれない境遇にある方もおられるであろうとは思いますが、その患者がいるような土地ではそのことが、圧倒的少数ではなく、その答えが普遍の真理でありえようとしている訳です

そしてそれがこの21世紀の世の中においても映画の中だけではなく存在するのです


産業革命以後、グローバリズムと称する全世界欧米化の勢いは今日においても衰えることを知りません

一部の富裕層をより富ますために何億、何十億という人間が苦しみ飢えていく世界を果たして正しい世界だと言えるのでしょうか?

恐らくそんな疑問や憤慨は私に限った事ではないでしょう

しかしながら、日々の生活に追われ自分の欲求を満たすことに汲々とし忘れてしまうのもまた真実


チェ・ゲバラもそんな人間だったのかも知れませんね

ひょっとしたらこの旅を通じて世紀の革命家としての一歩を踏んだのかもしれないなと、ちょっと感慨深く思ってしまいました

そしてこの旅が彼に

「そう つらいよ 生きるために戦い続けなきゃならないからね」

と、言わしめたのかもしれませんね


素直にいい映画です

内容の如何はもちろん個人的に気に入っているということもありますが、単純に映画としても優秀かとおもわれます

是非一度、ご覧くだされ

AD

会社の話

テーマ:

まぁ、久しぶりに近況報告も兼ねて最近の仕事ぶりでも綴ってみようかと…


ウチの会社の伊藤課長は西武の松坂や横浜のクルーンよりも速いです

160kmを越す速さはもう必見です

て、車ですがね(´・ω・`)

いやはや助手席がこんなにも天国に近いとは思いませんでした(´Д⊂グスン



そうそう120kgの大食漢の久津輪さん

最近、ことあるごとに

「服が少しゆとりが出てきたんだよね、痩せたと思わない?自分では気が付かないものだね」

と、同意を求めてきますがせいぜい120㎏が115kgになったところで



デブはデブです


他人はもっと気が付かないのでどうか同意を求めないで下さい



そういえば公然と浮気をしている大須賀さん

先日、何もない緩やかなカーブで突如、ガードレールに突っ込んだそうで…

車は全損だったそうですが、本人は右腕を数針縫う程度でピンピンしていまして、大義名分が出来たとここぞとばかりに仕事を休みまくってたそうです



まぁ、それはそうと、H・F・C(北斗ファミリークラブ)に最近、片足を突っ込んでしまっている私ですが、そんな私の師匠でもある愛知県支部の関さんは俺が名古屋に来た当初、ラオウを昇天させたら辞める、負け分が50万になったらもう辞めるといいながらそのハードルを共にクリアしているにも関らず、今年中には負け分が


100万円


を越えそうです

無事、年を越せることを影ながら祈っております



はてさて、そのH・F・Cの結城会長なんですが、この前、ボーナス大爆発(×37 10万円相当獲得)をさせておきながら4万円負けたとか…

いったい、いくらつぎ込めば会長にとって引き際なのでしょうか…




俺、会社、間違えたかな…orz

AD

金閣寺

テーマ:

kinkaku

久しぶりに読んでみました

昔に読んでいたんだけど、ちょっと懐かしさにかまけて読んでみようかなと

当然、一度、読んだものですからそこに目新しさというものもないんですけど、とにかく読めば読むほどに深くなっていくんですよね

空想がちで引きこもり気味な主人公の思想的な倒錯していく様を改めて読んではみたものの理解には遠く、かといっはなから否定の出来るものでもなく読んでみるたびに頭を抱えてしまいます

人間の欲は様々な形があり、人間の絶望も様々なところにあり、そこには他人と相容れない部分が多々ありそのことが、またごくごく普通の人間を暴走へと駆り立てる

世の中を変える術とは?

行動、認識、そこにある違いは?


まぁ、今回、読んでみた感想としてはそんなところでしょうかね

いやー、三島由紀夫の世界っていつになったら理解できるようになるんでしょうか

AD

性転換バトン FROM zag

テーマ:

まぁ、バトンが回ってきたので答えてみようと思います


◆ルール◆
男性は『女性』になりきって考えてください。
女性は『男性』になりきって考えてください。
今、この時点で 自分が異性に生まれ変わったものとして
①~⑧の質問に答えてください。

① 朝起きて最初にすることは?
二度寝

② あなたの職業(学校)はなんですか?
お嫁さん

③ どんな相手と付き合ってみたいですか?
取りあえず、お金持ち

④ 自分の自慢できるところはどこですか?具体的に。
なんにもないだろうなー

⑤ どんな格好をしてみたいですか?
うーん、髪を伸ばしてみたいな

でも結局、手入れが面倒だから短くするのかな

⑥ どこに行ってみたいですか?
何は無くとも楽しい我が家

⑦ もし本当に自分が異性に生まれ変わったとしたら?
基本的にあんまりかわらんかな?

多分、色気0だろーなー


と、言うことでやっぱり男がよかですたい


次に回すのはディスプレイの前のあなたですm9(`・ω・´)


て、真剣、回す相手が少ないねー

Ashさん、お願いできるかな?

最近、思うこと

テーマ:

サラ金のCMって、すごく良くないですか?

古くは武富士のダンスに始まり、初めてのアコム、チワワの出てくるアイフル…etc

最近では、米倉涼子の出ているDCキャッシュワンのCM にかなりウケてます



民主党も前回の選挙CMをこういう人たちに作らせておけば、歴史的惨敗をせずに済んだのかもな












kannzaki

いや、それだと公○党さんと並んでしまって、日本の政治が余計に心配になっていたか…

トリコロールに燃えて

テーマ:

tori


久しぶりにビデオでも見てみました

主演はオスカーのシャーリーズ・セロンなんですが、まぁ、正直、最近の役者さんは知りませんでして、ペネロペとかも実を言うとあんまり知らなかったりします

昔は結構、色んな映画を見たり、雑誌を読んだり、暇があればビデオを見たりとしていたのですが、最近は読書の方に傾倒しておりまして、たまに見ても映画に行く程度ですねー

で、まぁ、久々に見るのもまた一興と見てみたのですが、中々にいい!

まぁ、役者云々と言えるほど眼が肥えている訳ではありませんが、それでもここに出ている役者は少なくとも平均以上じゃないんですかね?

ペネロペに関しても正直、トム・クルーズ(余談ですが、私がいちばん嫌いなハリウッドスターです。ちなみに2番はデミ・ムーア)とのスキャンダル等のイメージが先行していてあまり、女優としてのイメージがなかったのですが、登場回数の割りにしっかりとした存在感があり、あれなら、また、出ている映画でも見てもいいかなと取りあえず思いました

まぁ、オスカー賞というものをあまり私は崇拝している訳ではないんですけどシャーリーズ・セロンの方はさすがというべきなんでしょうか、難しい役どころをしっかりとこなしていて、映画の本筋とも言うべきものをより明確にしていました


映画の内容は愛に生きることと、善意に生きることとを対比させ、それぞれにそれぞれの愛の形をうんぬんかんぬん…

自由奔放に生きる人間と生真面目な人間との恋愛模様

互いに相容れないものがありながらも互いに好きなんだから仕方が無い

形は全然違うけど、それぞれの愛の表現

難しいこともあるけど考えても始まらず、簡単であっても受け入れるしか方法はなく


戦争中の恋愛という特殊な条件下の極限状態で逞しくも健気でいじらしい愛に生きる女性の生き様を魅せられました

なかなかに見所たっぷりの作品だったのではとおもいました

ライ麦畑でつかまえて

テーマ:

rye


いやー、やっと読み終えました

なんと言ったらよいものか、書かれた時代は遙か昔にも関らず、現代を生きる自分が読んでも感動出来るのだから、さすがの一言

永遠の青春小説、未来永劫、語り継ぐべき小説のひとつですね

もう途中からは主人公ホールデンの魅力の虜でした


ホント、ホールデンは何が出来るわけでもなく、ごくごく普通の男の子なんですけどね

ただただ、真っ直ぐ過ぎて周りとうまく歩けない訳なんですよ

それでも自分をだますようなことをせず、傷つきながらも一生懸命にその時、その時を過ごし、そして愛しいものを大事にする様にはもう涙がポロポロ零れ落ちちゃいます


作品の中で心の琴線に触れるセリフがあるんですが、妹のフィービーにどんな大人になりたいのか聞かれた時

「…広いライ麦の畑やなんかがあってさ、そこで小さな子供たちが、みんなでなんかのゲームをしてるとこが目に見えるんだよ。何千っていう子供達がいるんだ。そしてあたりには誰もいない-誰もって大人はだよ-僕のほかにはね。で、僕は危ない崖のふちに立ってるんだ。僕のやる仕事はね、誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ…」


もう、号泣ですよ


私自身、昨年、就職活動していた訳で面接において御託を並べ、美辞麗句で飾ってたのですがそこに矛盾が生じていることを重々、承知しているんです

それでも自分の中でやましい思いをしながら仕事をするようなことはしたくない、人の役に立てる、人に喜んでもらえる仕事をと強く思っていた訳で、決して上辺だけのつもりではなかったのですが、しかしながら、エコ関係の某中小企業の人間に「キレイ事を並べるのは結構だが…」と苦言を申された訳でして…

その言葉に強い反感を覚えたものですが、しかしながら、会社に入り現実と理想のギャップがあり、たった1年の間に、生きていくためと割り切り、社会に順応していってる訳なんですな

それでも、この本を読んで、青臭くともそんな思いを忘れずにいたいものだと感じました



「学んで思わざれば則ち罔し。思うて学ばざれば則ち殆うし。」

孔子の論語にある言葉なのですが、学があっても志がなければ意味はなく、志があっても学がなければ、非常に脆いものだということだそうで…

志無く、順当に進むことをよしとせず、また、まだ学ぶべきことが多々ある現状であっても殆うくていい、志だけは忘れずにキレイ事と一蹴されようとも、偽善者と蔑まれようとも、こういう気持ちを持ち続けられる人間でありたいものだとしみじみ思いました