今日から…

テーマ:

名古屋の営業所で働くことになったんですけど


会社に行くと…






えっ!?来るのは聞いてたけど、今日からだったの(´・д・`) ?

しんどい思いして、頑張って引っ越した俺にそんな仕打ちなんですか…orz

AD

闇が呼んでいる

テーマ:

赤川次郎のサスペンス小説です


三毛猫ホームズや三姉妹探偵等、人気シリーズをもつ売れっ子作家ですな


とある女子大生が自分たちの罪を隠すために嘘をつき、その嘘のために同級生の青年は命を絶つ


そして、その後のそれぞれの生活


力がある事はひょっとしたら不幸なことなのかもしれない


主人公の田淵美香は大臣の娘であるがために、やりたいように、いきたいように生きてきた


それ自体は幸せなことなのかもしれないが、それゆえ、多くの敵を気がつかないままに作ってしまう


それは悲しいことかもしれませんね


と、思わせぶりなことを書いてはいますが、正直、あまり面白くないですね

途中まではすごい面白かったんですが、最後のオチの部分が



…はぁ(´・д・`)?


って、感じでしたね

なんか、がっかりでした(´・ω・`)

AD

ハウルの動く城

テーマ:

そういやUPをするのを忘れてたなと…


だいぶと前に観たんですけど、当たり前に面白いね


宮崎駿が恋愛映画を手がければ、こんな風になるんだなと思いましたね


とりあえず、原作がある話みたいなんですが、原作自体は俺は見たことが無かったので、普通にストーリーも楽しめましたが、それ以上に、演出というんですか?とにかく、見せ方が上手いですね

もちろん、ジブリ映画らしく絵も音楽もキレイで見ているだけで楽しめます


少々、最後の方で駆け足になった感がしないでもないですけど、それでもさすがの一言です


内容についてはあまり触れないようにしておきますね

AD

6ステイン

テーマ:

私の大好きな福井晴敏の作品です


初めての短編集なんですが、まぁ、上手いですね

収録作品は/いまできる最善のこと/畳算/サクラ/媽媽/断ち切る/920を待ちながら/の全6作品

どれもこれも短編集とは思えないくらいの福井節炸裂です

どれもこれも熱く、そして男臭く、その中にほんのり暖かくなる描写が入っていたりと読んでて飽きませんね

ソリッドにシンプルに描いているくせして、この胸をうつものはなんなんだ?と、思わず感じてしまいます


ただ、まぁ、この人の作品をあらかた目を通されている方には、そろそろ新境地をと期待してしまいますね


最初の「いまできる最善のこと」は企業戦士の話かな?と最初は思っていたら、やっぱり血なまぐさい話でして

残りの他の5作品もどれもこれも血が流れますね


それでも、この人の訴えたい事や伝えたいことが痛いくらいに胸に響きます

最初に新境地をとは言ってますが、やっぱりいつまでも書きたいことを書いている作家さんでいて欲しくもある今日この頃


まぁ、違った話を読みたければ違った作家の本を読めばいいわけですからね♪

お暇があれば、是非、一度、どうぞ

海辺のカフカ

テーマ:

村上春樹の作品なんですが、やっぱりいいですねー

日本語の美しさをいつも知らされます、気づかされます


世界でいちばんタフな15歳の少年になるために様々な困難や直面する出来事に立ち向かい続ける田村カフカ

そして、遠い昔に全てを失ってしまったナカタさん

この二人の物語が平行して進みながら、そしてところどころ交わっては離れたり

余談的な話すら、飽きさすことなく読ませ、また、確信に迫る部分では、しっかりと惹き付ける

もう春樹マジックですね


上下巻の長編ですが、最後まで楽しく興味深く読めました