HAL

 


テーマ:
とかく「みんなと同じでないといけない」

と決めつけがちな今の世界ですが

そんな妄想におつき合いなさらなくともだいじょーぶ


数日前に

あるメッセージを頂いたので

ご紹介させてください


心配しなくとも人生はウマクいくよ~


人の可能性は 常識よりとても大きい

だから 人は好きな自分でいて

まったく大丈夫なのです


ですから

お子さんがいらっしゃらないご家庭でも

まったくそれは罪ではないのです


人間は地球のすべてとトモダチですよね


お子さんがいらっしゃらないご夫婦は

お子さんがいらっしゃるご夫婦同様に

とても地球に貢献していらっしゃいます



お子さんがいらっしゃらないご夫婦は

育児へ労力を注ぐことがない分

社会へたくさんの労力を注ぐことが出来ます


また地球は人口過多です

お子さんを産まないご夫婦は

実は地球への負担を軽くしてくださっています


戦争や事故、病気で

地球の人口を調整するより

より自然で平和的な方法かもしれません


平和な心は寝ているだけですよ


ましてや人類はみな兄弟であり

子どもはみんなの宝ですから

本当は価値観を変えれば問題はないわけです



肉体的な血縁はなくとも

世界中の人々は

みんなの魂の家族だということを想いだして下さい


むずかしいことは まぁいいですよね


老後が不安?

宇宙の恩恵を信じますか?

血縁者しかご自分の老後を守ってくれないとお想いでしょうか?


宇宙はいつもご自分を

守り導いてくださっていると

信じれますか?


でも

常識や周囲の意識も

怖いかな


ただ

怖くても

大丈夫ですよ


21世紀に入ってから特に

宇宙から地球へのサポートは高まってきているため

地球はどんどん変わってきています


みんなで進化するから大丈夫



わたしたちの周囲の意識も

毎年――いや毎月

どんどん進化しています


ご自身もそれを認め

それを信じられてください

そうするとその恩恵をより受け取ることができます


まずは

信じることから

始めましょう~


笑顔はムテキ~



――信じれない?

それは大義名分の名の下に

ご自己への抑圧が強いからです



そんな方は

自己抑圧を

弱めてください


ハートの声を感じましょう~


感情の抑圧

思考の強制

肉体の酷使を弱めてください



もっと大らかでゆったり過ごしてください

ルールや約束で

ご自分を縛りすぎないでください



ルールや約束などは

本来は

思いやりで生まれたものです



ですが使い方が大事です

思いやりも過剰になると

逆効果になりますよね



大らかに生きるのがむり?

それでも大丈夫です

まずはやりたい事を少しづつ実行していかれてください


そして

やりたくないことを

少しづつ減らしていってください


それらもむずかしいと感じるかたは

どちらもあせらず

少しづつ行うのがポイントです


みなさんに信じて欲しい事があります

それは意識がかわると

現実が本当に一瞬で変わるということを


ホントの心が 現実をノゾキ始めましたよ~


いつも貴重なご縁をありがとうございます^^

誰もが愛そのものであること
HAL
+++++++++++++++++++
ホームページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 大いなる覚醒   魂の目覚め、人生の変容 
 龍の覚醒            龍族の目覚め
 土地の聖地化     土地の浄化と聖地化
 
 特別研修生の募集開始(9月限定募集)

 ヒーリングチーム  
 ヒーリングサークル
 スピリチュアル カウンセリング
+++++++++++++++++++







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

HALさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。