HAL

Hallelujah is Ancient Love.


テーマ:
シーケンスとは順番のことです


交通事故によるけが人を救うには順番があります


けが人の傷口に

割れたフロントガラスの破片や

泥が入り込んでいたら

最初にその異物(ガラ破片や泥)を除去します

そして その後を洗い流してから

傷口を治療し

最後に傷口を縫合します


この順番によって傷の治療が進みます

順番を変えると 傷口は化膿して

かえって悪化するでしょう


ただ

「物事には順番がある」

といいたい訳ではないのです


人によって必要なことや

もう卒業すること(不必要なこと)は

違います

まさしく千差万別です


たとえば

ある時期の人には 

仮に家庭内でごたごたしていていいのです

その環境でその方は何かを学ぶのですから

そして

ある時期の人には

毎日 瞑想をする時間を決めて 継続していいのです

ですが状況が変われば

瞑想をする時間を決めずに行うことが必要になってくるでしょう

家庭内のごたごたから解消されるでしょう

これらの順番は人によって 千差万別です


スピリチュアルの旅を歩むのであれば

「~であってはいけない」
「~であるべきだ」

といったものは 卒業して生きていきますよね?


母親とは――
女性とは――
人間とは――
瞑想とは――
ヒーラーとは――

こうあるべきだ

と想いこんで生きて

自分自身を苦しめ

さらに人を苦しめていたら

ご自分を許してあげてください

心の重荷を降ろしてください


世界にはあらゆるものが存在しますが

ひとつとして不要なものはありません


人類が嫌う性質でも

なにかの役に立つことはあります


例えば 傷つくことすらも

何かの役に立つという現実があります

傷つくことにより 気がつくことや

成長することはたくさんあるでしょう


はたして人が嫌うものや 悪と考えるものが

どんな役割りを担っているのでしょうか?


ワンネスを求める心が

善悪の判断をしていたら

それはやりやすいことなのでしょうか


そこに愛はあるのでしょうか?

愛情と取り違えていないでしょうか?



ここでは

「傷つかなければ成長できない」とか
「傷つけてしまうと成長できない」と

制限をかけているわけではありません

それらはどちらも同じ意識レベルのエネルギーでしょう

それらは恐れと苦しみのレベルなのです

それらは恐れと苦しみの人生をうながし

恐れと苦しみの世界をうながすのです

それすらも現在の人類にある程度必要です

ですが その世界をそろそろ人類は卒業しようとしています



かつての人類は

「恐れ」や「心配」と「苦しみ」

で生きることが必要でした(順番)



ですが 現代では

もう「苦しみ」や「恐れ」は

卒業する題材(順番)になったのです


人類は

恐れを恐れる時期から

恐れにキスをし 抱擁する時期に来たのです


恐れする愛する時期に来たのです


宇宙はとても広大なものです


価値観を拡げること

宇宙はいつも地球にそう問いかけています

偉大な聖なる母 マザーアース(ガイア)でさえ

変容の途中なのです

なぜなら

いま変わろうとしている私たち人類も

同じく地球(ガイア)の一部なのですから


いつも貴重なご縁をありがとうございます



愛と共に
HAL
+++++++++++++++++
ホームページ  http://hal197311.com/






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

HALさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。