【映画】2016邦画年間ベストテン

テーマ:

今年も個人的に恒例の映画ランキングを発表します。まずは邦画から
今年の鑑賞本数は16本。ちょっと少なめですが、いきます。

第1位「リップヴァンウィンクルの花嫁」(5点)
第2位「ちはやふる 上の句」(4点)
第3位「永い言い訳」 (4点)
第4位「ヒメアノール」(4点)
第5位「海賊と言われた男」(4点)
第6位「シン・ゴジラ」(3点)
第7位「怒り」(2点)
第8位「クリーピー偽りの隣人」(2点)
第9位「ピンクとグレー」(1点)
第10位「ちはやふる 下の句」(1点)

【コメント】
今年もコミック原作の作品が多かった邦画。その中でもちはやふるやヒメアノールなどは完成度が高かったように思う。物語としてのレベルが上がってきているのかもしれないけれども、来年はやはりオリジナル脚本の作品を期待したい。
---------------------------------------------------------------

【監督賞】 作品名
[田中光敏] (「ちはやふる(上の句・下の句)」)
【コメント】
競技カルタの世界を痛快な演出とわかりやすい脚本で見事にまとめている。なにより楽しく見る事ができた。次回の作品も期待したい。
【脚本賞】
[西川美和] (「永い言い訳」)
【コメント】
登場人物の一人一人の台詞が心に突き刺さる。愛するって事はなんなのかを正面から考えさせられる見事な脚本でした。
【主演男優賞】
[森田剛] (「ヒメアノール」)
【コメント】
完全に入っている。悲しい猟期殺人鬼を見事に演じている。リアルというより本物を見ているような感じがした。
【主演女優賞】
[黒木華] (「リップヴァンウィンクルの花嫁」)
【コメント】
まったく違和感のない、自然体の演技が好印象。永い言い訳の不倫相手という役も、意外な感じでよかった。
【助演男優賞】
[綾野剛] (「リップヴァンウィンクルの花嫁」「怒り」)
【コメント】
本当に何でもこなす演技の幅が広い人ですね。ラストのリリィさんとのからみも良かった、怒りの弱い男の役も良かった。
【助演女優賞】
[Cocco] (「リップヴァンウィンクルの花嫁」)
【コメント】
彼女が登場するとちょっとしたシーンなのに、不思議な緊張感を感じる。この映画でも主人公の人生に影響を与えるとても重要な役柄だったと思います。
【ニューフェイスブレイク賞】
[松岡茉優] (「ちはやふる」)
【コメント】
クールなカルタ女王と少女的な所のギャップが良かった。ちょっとたどたどしい京都弁もよかったですね。
【音楽賞】
[Flash]
【コメント】
Pafumeのアップテンポなテクノ調のリズム。この音楽を聞くと「ちはやふる」を思い出します。
【ブラックラズベリー賞】
「太陽」
【コメント】
これは演劇。実写でやるなら現実性を排除しファンタジーかコメディに仕上げたほうがよかったかもね。演出もすごく違和感を感じた。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
[復活賞] 
◎「シン・ゴジラ」
【コメント】
この作品には賛否両論があったようですが、ゴジラを自然災害など、人類が対処していかなければならない象徴として設定し、社会性の高い群像劇としてまとめ、新しいゴジラ像を作り上げていた事に賞賛を送りたい。

AD