【映画】2010年外国語映画ベストテン

テーマ:
$芸術に恋して★Blog★-orchestra【作品賞】(5本以上10本まで)
第1位「オーケストラ」    7点
第2位「インビクタス」    5点
~負けざるものたち~
第3位「フローズン・リバー」 5点
第4位「瞳の奥の秘密」    3点
第5位「アバター」      3点
第6位「闇の列車、光の旅」  2点
第7位「SALT」        2点
第8位「マイレージ マイライフ」1点
第9位「ロビン・フッド」   1点
第10位「リトル・ランボーズ」 1点
【コメント】
今年はオーケストラに決まりです。インビクタス、フローズン・リバーもよかったけれど、音楽の力、感動のラストは何度見てもブラボー。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ラデュ・ミヘイエアニュ] (「オーケストラ」)
【コメント】
正直彼のことは知らなかったが、今年最も印象に残ったオーケストラという作品はわかりやすく
脚本もよく出来ていた。今後も注目したい。
【主演男優賞】
   [リカルド・ダリン] (「瞳の奥の秘密」)
【コメント】
生きてきた証を見つけるための、なんともいえない切ない男の哀愁が良かった。
【主演女優賞】
   [メリッサ・リオ] (「フローズン・リバー」)
【コメント】
追い込まれた女性の懸命な生き様、母として、人間として生きる姿にぐっときた。
【助演男優賞】
   [マッド・デイモン] (「インビクタス」)
【コメント】
ラグビーと自分、国家と家族、悩みながらも責任感のある男の姿がカッコよかった。モーガン・フリーマンとのからみも自然だった。
【助演女優賞】
   [アナ・ケンドリック] (「マイレージ・マイライフ」)
【コメント】
合理的なエリート新入社員をクールに演じながらも、人間的な弱さをうまく演じきっていた。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [シアーシャ・ローナン] (「ラブリーボーン」)
【コメント】
とても悲しい役柄を切ないけれど、美しく演じていた彼女のピュアな演技がよかった。
【音楽賞】
  「オーケストラ」
【コメント】
クラシックの名曲満載、ラスト12分のチャイコフスキーのコンチェルトのシーンは圧巻。
【ブラックラズベリー賞】
  「ナイト・トーキョー・ディ」
【コメント】
外国人が日本で撮った映画って感じで強烈な違和感がありました。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [ひとりで頑張ったで賞] (「月に囚われた男」)
  「サム・ロックウェル」
【コメント】
意外とよかったこの作品、たった一人で月に単身赴任。ひとりの演技、よく頑張りました。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
AD