【映画】2009年外国映画ベストテン

テーマ:

芸術に恋して★Blog★-グラントリノ
外国語映画でも今年は人を扱った記録映画的な秀作が多く見られた。「ミルク」「ゲバラ」「エクトル・ラボー」「ニクソン」そして「マイケル・ジャクソン」2000年代最後の年、それぞれ象徴的な人物の生き様を振り返る事ができたようなきがする。また、今年は「シェルブールの雨傘」、「アラビアのロレンス」、「バクダット・カフェ」などデジタルリマスター作品も多く上映された年でもあった。

今回も『日本インターネット映画大賞の投票フォーマットを利用して私のベストテンを発表したいと思います。2009年の外国語映画鑑賞数は32作品でした。

----------------------------------
[作品賞投票ルール(抄)]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで
-----------------------------------


【作品賞】
第1位「グラン・トリノ」/95点(投票:5点)
第2位「スラムドッグ・ミリオネア」/90(投票:4点)
第3位「チェンジリング」84点(投票:4点)
第4位「永遠のこどもたち」82点(投票:3点)
第5位レスラー80点(投票:3点)
第6位スペル/78(投票点:3点)
第7位エレジー」76点(投票点:3点)
第8位あの日、欲望の大地で/74(投票:2点)
第9位「母なる証明」72点(投票点:2点)
第10位「エル・カンタンテ」70点(投票点:1点)
【コメント】
1位の「
グラン・トリノ」は文句なしです。「スラムドック」も評判どおりよかった。久しぶりに刺激をうけたのが、「スペル」と「エレジー」。新鮮な興味をうけた作品は「永遠のこどもたち」(ファンタジーホラー)、と「母なる証明」(ミステリー)でした。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】     作品名
[クリントイーストウッド
] (「グラン・トリノ」「チェンジリング」)
【コメント】
クリント・イーストウッドは映画というものをよくわかっている。グラン・トリノでのあのカッコイイ演技演出。チェンジリングでの脚本とキャスティング。ともに見事だった。
-----------------------------------------------------------------
【主演男優賞】 
[ミッキー・ローク] (「レスラー 」)
【コメント】
ミッキーローク復活。彼の身体を張った演技、ストーリーは彼の人生そのものを映し出しているようだった。感動した。
-----------------------------------------------------------------
【主演女優賞】 
[アンジェリーナ・ジョリー] (「チェンジリング」)
【コメント】
いままで見た事のない彼女の演技、彼女は
この作品で女優として新境地を得たでしょう。泣きの演技は心を揺さぶられた。
-----------------------------------------------------------------
【助演男優賞】 
[クリストフ・ヴァルツ] (「イングロリアス・バスターズ 」)
【コメント】
残念ながら作品自体はベスト10に入らなかったが、数カ国後を見事に操り、相手の心理まで操ってしまう彼の演技は主役を食う勢いがあり、圧巻であった。
-----------------------------------------------------------------
【助演女優賞】 
[ベネロペ・クルス] (「エレジー」)
【コメント】
恋愛映画の名作の一つに入るのであろうこの作品は彼女の演技なくしては語れない。彼女のヌードの美しさにも感激。
-----------------------------------------------------------------
【新人賞】 
[ベレン・ルエダ] (「永遠のこどもたち」)
【コメント】
彼女を新人と呼んでよいかわからないが、この作品での彼女の存在感は真に迫るものがあり、ファンタジーから現実的な世界に引き込む力を感じた。
-----------------------------------------------------------------
【音楽賞】 
「エクトル・ラボー?」(「エル・カンタンテ」)
【コメント】
今年一番の音楽作品。彼のサルサ、最高です。
-----------------------------------------------------------------
【ブラックラズベリー賞】
「THE PRESENT」
【コメント】

夏になると上映されるサーフィン映画ですが、地球とか自然とかあまりにもでかい話が切り口になっているわりに今ひとつ説得力がなかった。
-----------------------------------------------------------------
【これが本当のスリラーで賞】
[スペル]
【コメント】
最近は日本の恐怖映画がハリウッドでリメイクされているが、スプラッターあり、悪魔払いありの特上のB級ホラーはやっぱりおもしろい。これが本当の「
スリラー映画」でしょう。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
AD