あの時の映画日記~黄昏映画館

あの日、あの時、あの場所で観た映画の感想を
思い入れたっぷりに綴っていきます


テーマ:

歴史は夜作られる』 原題:History Is Made at Night

1937年(米) フランク・ボーゼイジ監督作品

 

この作品を観てしまうと、

あの歴史的ヒット大作『タイタニック』がこれをパクって参考にしているのかがよくわかる。

 

海運王の夫の束縛に耐えきれなくなったアイリーン(ジーン・アーサー)の離婚訴訟が認められてしまったために、嫉妬に狂う夫は妻の不貞を画策して、

離婚訴訟を無効にしようとする。

 

そんなピンチをレストランの給仕長のポール(シャルル・ボワイエ)が救い、

二人は恋に落ちる。

 

その一件が殺人事件に発展してしまい、

夫とアイリーンはニューヨークへ。

 

後を追いポールもニューヨークへと赴き二人は再会。

 

ポールは殺人事件の証人となるために、

アイリーンとともに『プリンセス・アイリーン号』に乗船し、

パリへと戻ろうとするのだが、

海運王の夫がこの船に対して無茶な航行を命じたことから、

船は氷山に激突してしまう・・・

 

『タイタニック』では、

二等船室でケイト・ウィンスレットが靴を脱いで踊りまくりましたが、

この作品ではジーン・アーサーがハイヒールを脱ぎ捨てタンゴを踊ります。

 

愛し合う二人の身分が違う設定も酷似していますね。

 

『タイタニック』で沈みかけた船の上で最後まで演奏を続けた楽団の感動的なエピソードが盛り込まれえますが、

本作でも老人たちが最後の祈りの歌を歌います。

 

ポールの友人の料理長シーザーのコメディリリーフが楽しい。

ロブスター料理にシーザーサラダ、

21年もののピンクシャンパンが定番なんです。

 

そして、

やっぱり見ものは氷山の激突シーンです。

『タイタニック』のようなCGがない代わりに、

こちらは特殊技術で迫力を盛り上げます。

 

たちこめる霧の中、

船の中に氷の塊が次々と流入してきます。

逃げ惑う乗客、船員たち。

 

船内はパニックとなり、

船員たちは女性、子供から先に救命ボートに乗せようとしますが、

アイリーンは船室で気を失っているんです。

必死にポールは助けに行きます。

 

先述したタンゴのシーンなどはとてもロマンティックで、

シャルル・ボワイエの給仕の姿もカッコいいです。

 

80年ほど昔の映画ですが、

全然古さを感じませんし、

稀代のヒットメーカージェームス・キャメロンがパクって参考にしているのは間違いないと思います。

 

あ、

僕『タイタニック』も好きですから、

誤解しないでくださいね。

 

おススメです!

 

 

 

懐かしい楽曲がいっぱい!

昭和音楽祭

収益不動産情報

大阪収益不動産EGエステート

ディープな大阪にご案内

エキサイティング大阪街歩きのブログ

 







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「1937年の作品」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。