アメリカンピンボール(TOMY)

テーマ:ピンボール
2006年06月17日(土) 20時38分20秒

 ヤフオクをちらちらと覗いていたら、こんなものを発見。


トミー  アメリカンピンボール 箱・取説あり


 ん~?どっかで・・・

 あ、そうだ!これは以前手に入れたアストロシューターピンボール のデザイン違いバージョンなんだ。

 盤面のデザインとパーツの色が違うだけで、ギミックの配置は全く同じ。

 

 でもって、デザインはアストロシューター のそれよりこっちのほうが好み。

 ピンボールで宇宙船を表現したアストロシューターより、旧き時代のピンボールを「いかにもそれらしく」再現したこっちのほうが、ピンボール好きにはたまらないと思うんだ。

 色褪せもうちのアストロシューターほど進行していないというのも嬉しいしね。


 だけど、同じ台構成のピンボールを複数買いなおすようなことはさすがにしたくない。

 それでもせっかく見つけたんで、誰かとこの楽しさを共有したい。


 現時点で入札者はおらず、開始価格の3000円から入札が可能で、最低落札価格はございません。

 AC電源使用で、電池の液漏れも気にせずに済みます。

 出品は兵庫から。どないや?


 なんで俺、他人のオークション出品商品の宣伝なんかしてるんだろう?

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ガムボールのピンボール

テーマ:ピンボール
2006年06月03日(土) 20時03分34秒

 買い物ついでに隣に併設のダイソーに入ってみる。

 花火があった。もうそんな時期なんだなぁ。

 出入口付近にガムボールのピンボールを発見。

 ガムボールの自販機は色々バリエーションがあるよね。

 海外ではこんなものも・・・(ガムボールフォン

 ガシャポン方式で50円で1個、もしくは100円で2個出てくるのが基本なんだけど、

・渦巻き上の柱の中をガムボールが転がり落ちる様子を見せてくれる奴

・スペースワープみたいなレール(3コース)をガムボールが一斉に転がる様子を見せてくれる奴(2個100円)

・ピンボール状のフィールドにガムボールが出てきて、上部の的に当てるともう1個フィールドに転がり出てくる奴(1-2個100円/割高なのはプレイ料金?)

 でもって、今日見たやつは後者の発展形だったのよ。

 100円入れてノブを回すとガムボールがフィールドに出てくるんで、手動フリッパーで弾いて上部の的に当てると、フィールドに1個+シューターに1個ガムボールが落ちてくるのね。

 で、その後的に当てても出てこないんでそこで2個を取り出し口に落としたら、シューターのボタンをぶっ叩くと、バックボードの渦巻き状のコースをぐるんぐるんと中心に向かって進むんだけど、強すぎて5週してど真ん中まで行っちゃうとアウト。3-4週目でとまると3個目のガムが手に入るけど、弱すぎて1-2周目で止まるとやり直し。難易度は高いよ。

 価格は1-3個で100円。まぁ原価考えると3個でも足は出ないんだろうけど、より楽しませようとしているのがわかる。

 ただ、ピンボールというけど、ガムボールをボールにしているという特性上、ピンボールでの鉄球のような強度や真球は求めることができず、ランプレーンどころかバンパーもないだだっ広いだけのフィールドには絵が描いてあるだけ。

 小さなターゲットがフィールド上部中央にぽつんとあるだけってのは、やっぱりさびしいなぁ。


 で、結果。


 初回はフィールドに落ちてくるガムボールを拾い損ねて1個。

 流石にそれだけじゃ寂しいのでもう一度。今度はちゃんと的に当てて2個確定。最後のシューターは強く叩きすぎてそこまで。


 3個で200円。

 割高なのはプレイ料金とはいえ、高くついたなぁ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハウンテッドマンション_05

テーマ:ピンボール
2006年01月31日(火) 16時10分02秒

(この記事は、下書きのまま長い間なぜか放置されていたものです。)

(理由のひとつは、写真のうpに手間が掛かるから。でもそれだけじゃなくて)

(でもまぁともかく、記事を公開することにしました。俺が死ぬ前に。)


 覚悟も準備もできた。いよいよ修理をしようじゃないか。


 厚紙の裏蓋を外す。13本のネジで留めてあった。

 接着剤が糸を引いてすごく雑な仕上げ・・・

 電飾のための配線があっちこっちこんがらかっている。


 表側のアクリル板を外す。22本のネジで留めてあった。

 エッジの処理が雑だなぁ、


 分解ついでにボールの径を測ってみた。17mmの大玉だった。


 さて、故障箇所の修理をはじめようか。


2・アウトレーンのすぐ落ちるストッパー

 パーツ自体が抉れていた。そのためかはわからないが引っ掛かりが弱いらしい。

 パーツを表側から引っこ抜き、厚みを増すためにセロハンテープを巻いてみた。

 1枚表裏では薄すぎたため、2枚表裏に貼ると、しっかりと止まるようになった。


3・スリングショットと壁面のスプリングの曲がり

 解体したスーパーエレクトロニックピンボールのスプリングと一斉交換か、あるいは曲がったクセを直して再度取り付けることで改善できるかな。

 とりあえずスリングショットのスプリングを外してみる。裏まで突き抜けている長いネジで引っ張って留めてあるだけだった。

 ネジの片方に直接半田付け&接着剤補強がしてあるだけだったので、これをまず外してやる。

 取り外す際に線が一部切れたのであとで交換してやらなければならなくなった。

 交換スプリングをあてがってみたが、太すぎてプラスチックのパーツに接触してしまう。満足な反発力が得られるかは疑問だ。

 取り外したスプリングを調べてみた。しかしどうやら曲がっているわけではないようだ?

 解った。単純に製造過程でネジを締めすぎてスプリングが曲がっていたんだ、そうに違いない。

 事情がわかったので上部右壁面スプリングのネジを調整。改善。

 あとはスリングショットのスプリングを調整。配線が切れたところは以前購入した交換用電線をカットして半田付けで繋ぎなおした。


4・左右のフリッパーの可動域の差異

 可動域の端にストッパーか何かを取り付けることで改善できるかな。

 これは設計上のミスらしく、裏蓋を開けて中を確認した時点で予めクッションのようなものが片側にだけ取り付けられていた。それがずれていたためフリッパーにもズレが生じていたのだ。

 フリッパーを動かす左右のボタンとの接点になにかを噛ませて調整することにした。

 そのために前部脚受けを取り外したが、ネジが脆かった。まだ回るがアンパンになりつつある。これも代替物があれば買って来なければ。

 左フリッパーのスイッチには裏蓋の厚紙の抜き穴のかけらをセットしたが、ちょっと厚すぎたようだ。

 右フリッパーのスイッチに絶縁テープを3枚貼ってやると左右の高さが揃った。


5・フィールドの死神の額の高さの凹凸

 見た目よりプレイ感覚に支障が無いように補修したい。

 金属板を剥がして補修するにはギミックを全て取り外さなければならず、取り外したところで接着されているようなので折り曲げずに外すことはできまい。

 小さなプラゴムハンマーを該当部分にあてがい、その上から大きめのゴムハンマーで叩いて均す。

 見た目ではその補修行為による線が余計についてしまったが、凹凸は小さくなったため、妥協することにした。

 だいたいこれは最初から完全に直すことは不可能だったんだ。そう思い込むことにした。


6・稲妻レールの傾きがおかしい

 手前側のレールがボールの勢いを受け止められるように持ち上げてやる。

 繰り返し何度も指で曲げて物理的に力をかけ、クセをつけてやる。

 ボールを転がしても1つ目のカーブから飛び出すことはなくなった。

 そのかわり勢いがつきすぎて、出口の右インレーンに飛び込むところで右アウトレーンに飛び出すという事故が発生するようになってしまった。

 右インレーンから延びている金属レールだが、根元の部分の段差が原因だったようなので、ここにテープを巻いて段差を埋めることで改善。


7・修理の弊害?

 裏蓋を開けて以来、電源を入れても3と表示されるだけだったり、プレイ中に急にスイッチを認識しなくなったりするようになってしまった。

 原因はわからない。直ったり壊れたり。

 配線は元通りにつないだからそれが原因ではないはず。

 基板部分にダメージ?ショートでもしてるのか?わからない。

 前部脚受けを外してからか?基板に熱でも篭ったのか?絨毯の上に直接置いているからか?

 前部を持ち上げて通電してみた。直った?でもまたダメになったり。



 前部脚受け、裏蓋を取り付け、表のアクリルパネルを保護フィルムを剥がしながら取り付けてやれば一応は修理は完了だ。


 なんとかなるもんだなぁ。


(ここまでがうpし損ねていた記事です。)


 構造的な問題は修理できたのです。

 ですが、手を入れて以来、基板に何らかのダメージが入ってしまったようです。


 本来は

1・電源をつなぐと

2・効果音と音声が鳴り、

3・盤面のLEDと液晶表示板が点滅して

4・操作待機状態になります。


 ところが、修理以後・・・

1・電源をつなぐと

2・液晶表示板に「3」と表示される


1・電源ボタンを押したまま電源をつなぐと

2・電源を切った時の効果音がして

3・表示が消え、操作を受け付けなくなる


1・ファンクションボタンを押したまま電源をつなぐと

2・液晶のチェックモード?になり

3・盤面のLEDと液晶表示板が点滅するが

4・操作を一切受け付けない


1・セレクトボタンを押したまま電源をつなぐと

2・正常な状態と同様の効果音と音声が鳴り

3・盤面のLEDと液晶表示板が点滅するが、

4・操作を一切受け付けない


 たまに正常な状態と同様に遊べることもあるのですが、

1・電源をつなぐと

2・効果音と音声が鳴り

3・盤面のLEDと液晶表示板が点滅して

4・入力待機状態になり、普通にゲームができるが

5・プレイ中BGMも途切れずに、いきなり全てのスイッチを検知しなくなる


 とまぁ、まともに遊べないことに変わりはないのです。


 スイッチの入力を検知するところがおかしいことはわかってるのに、直せない。

 俺は敗北者なんです。


 せっかくターゲットごとのスコア一覧表とか、レーダーの点と対応するターゲットとボーナス得点の票とか作成したのになー・・・


 ターゲットごとに3種類のスコアが設定されており、ランダムで加点されるのですが、レーダーに対応するスポットが表示されていたときは、それより高い得点がもらえます。

 しかしこれも3種類ほど設定されており、ランダムで変動するのです。さすがに確立までは調べてませんけど。


 棄てるには惜しいなぁ・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

修理の練習台

テーマ:ピンボール
2005年12月17日(土) 15時18分47秒

 再起不能と書いてリタイヤと読ませるのは荒木飛呂彦だが、修理に失敗して、(あるいはすでに寿命だったのかもしれないが)再起不能状態に陥ったスーパーエレクトロニックピンボール


 プレイフィールド部分も解体して知識の蓄積のための生贄となってもらう。

 ハウンテッドマンションの修理のためだ


 再度裏蓋と表のアクリル板を外す。

 せっかくだから、元通りにすることは考えず、徹底的に解体してやる。

 左右のフリッパー、プランジャー、スプリングバンパー、スリングショット、トンネル、コネクタ。

 ネジ留めされているところは表から裏から全部外す。シールの下にネジ穴があるところは突き破って外す。

 半田ゴテで半田を熔かして配線を外す。モーターも外す。金具もスプリングも外す。


 そして、盤面の金属板だけが残った。

 剥がして判ったが、両面テープで留められていた。無理に剥がそうとして、折れ目が付いてしまった。


 残骸は無残というよりほかにない。

 君の尊い犠牲をけして無駄にはしないぞ。



 さて、ハウンテッドマンションの不具合をおさらいしてみよう

 うーん、これはさすがに・・・厳しいかもしれないなぁ。

 で、どうやって直すか。


3・スリングショットを初めとする曲がったスプリング

 一斉交換がいちばんだけど・・・サイズが違うならホームセンターで買ってこなきゃ。

 ネジがアンパンにならなければ表側を開くだけで手が届く範囲だ。


4・左右のフリッパーの可動域のズレ

 詰め物でもして可動域が広いほうを狭いほうに合わせるか、さもなくば裏を開いて中をチェックして原因を探す。

 まぁでもこれはガマンできる範囲内だな。


5・プレイフィールドの金属板の歪み

 これが一番の難関。取り外すにはフィールドのギミックを全て外す必要がある上に、おそらくこれも両面テープか接着剤で固定されているのだろう。無理に剥がせばそれこそ再起不能に陥ってしまう。

 現実的な妥協ラインとしては、表側からゴムハンマーで叩いて凹凸を平らに均すことで支障を最小限に抑えることだろうな。


6・稲妻レールの設計ミス

 取り外せるものなら取り外して、そうでないなら固定したまま、レールの位置関係を物理的に曲げて修正する。



 うまくいくといいな。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

バンバック(BANG BACK)

テーマ:ピンボール
2005年12月04日(日) 18時26分16秒

 スーパーエレクトロニックピンボール は下部が丸かった。

 ハウンテッドマンション は下部が平らで右下に流れていく構造だったし、アウトレーンを通った時点でミスとカウントされてしまう。

 ゆえにこれらの台ではバンバックができない。


 バンバック(BANG BACK)とは、ピンボールにおける乱暴なディフェンステクニックのひとつだ。コンペティションなどでは禁止事項にされることもあるようだ

 T.P.O.TIPS に拠れば、フリッパーの外側に落ちるアウトレーンに飛び込んでしまったボールを、アウトホールへ転がり込む直前、フリッパーの真下を通るときに、台の手前から奥方向へ突き上げるような衝撃を与え、フリッパーの下側から復帰させる荒業だ。具体的なやり方はこちら


 このテクニックを実行するには、以下の二つの条件が必要だ。

1・アウトレーン通過でミスを検知しない

2・フリッパーの下側が逆ハの字である


 そして、アストロシューターは、

ピンボール/アストロシューター_54

見事にその条件を満たしていた。


 実際に、やってみた。

 アウトホールへ飛び込んだボールをはじき出すバンバック。

ピンボール/アストロシューター_56

 理論上はこんな感じ。


 来た!アウトホールにボールが落ちた!ガン!


 ぴぅん、という効果音が漏れ、ボールは見事にフリッパーの上に復帰した。

 プレイをつづけてるからできないけど、心の中ではよっしゃあーってガッツポーズですよ。


 ゲーセンでピンボールをするときにも、TiLTにならない範囲で試してみたいな。

 でも台自体がどこにもありませんから!残念!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

見た目は違っても・・・

テーマ:ピンボール
2005年12月03日(土) 08時23分49秒

 先日「STL-058 ハウンテッドマンション 」を購入したふとっぱら で、新しいピンボール台が売られていました。

 「スペースピンボール 」という名のそれは、俺が先日落札して修理に失敗した「スーパーエレクトロニックピンボール 」と同じ形のものです。


 ふぅむ、見たところ、台の絵と、貼られているシールと、スコアボードのLEDの色が違う程度ですね。

 おそらく差し替えればうちの壊れたスーパーエレクトロニックピンボールにも使えるんじゃないかな。

 ・・・でも、いまさらスーパーエレクトロニックピンボールのためだけに買う気にはなれないなぁ。

 だったらアレだ。ハウンテッドマンションの修理の、文字通り練習台になってもらおうかと思ってたところさ。


 価格は9800円+送料他ですか・・・

 この台はこの値段ならよしといたほうがいい気がします。

 ヤフオクで安価な出品を探したほうがいいでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アストロシューター_02

テーマ:ピンボール
2005年11月29日(火) 21時57分28秒

 ところでみんな。

 この奥を、覗いてみたいと思わないかい?

ピンボール/アストロシューター_17

 そうだろそうだろ。俺もだ。

 右レーンの反応が鈍いのを修理することを口実に、開いてみることにしたんだ。

ピンボール/アストロシューター_34

 まずはプランジャーを外す。ネジを外してリセットダイヤルを横に押しやりながら引っ張ると外れる。


 ぺき。


ピンボール/アストロシューター_53

 ・・・まぁこれはとりあえず補修したけどさ。強度がちょっと心配だが、組みなおしたあとで問題が無いようで助かった。

 で、フィールドの金属板。接点金具としては使っていないはずなんだけど、なぜか半田付けされていた。

ピンボール/アストロシューター_36

 アースかな?


 そして、これがアストロシューターの中身。

ピンボール/アストロシューター_37

 すごいね、みっちり詰まってる。

ピンボール/アストロシューター_41

 上半分。得点ギミックが集中しているが、それらをすべて中央に横たわるシャフトで管理している。

 中央のシャフトは常に回転していて下半分のランプを回しているのだけれど、バンパーの床部分を踏むとストッパーが外れて対応するギアがぐるっと1回転する。それに伴ってバンパー上部が引き込まれる仕組みだ。

 レーンの通過検知スイッチはバンパー床部分に掛かっており、ボールが通ってこれを踏むとバンパーが反応する。ゆっくり通過すれば複数回反応するし、右レーンなどを勢いよく通り抜ければ反応しないこともある。

 高得点ギミックであるキックアウトクレーターとハイパースペース。ハイパースペースは白い線でレーンを、赤でボールが止まるところを表示してみた。

 どちらもボールが入るとカムが回って、回転するランプへの動力を伝えるギアが切り替わる。カムが1周するとボールがはじき出される仕組みだ。ハイパースペースはそのあとアルファリターンから送り出され、弁を兼ねた板バネに押し出される。

 点数は左側で縦に伸びたシャフトを通じてスコアボードに伝えられる。

ピンボール/アストロシューター_39

 下半分。右上のフリッパーはこういう仕組みになっていたのか。奥まで押し込むと中央の接点金具が押されて効果音が鳴る。

 左右の通過検知スイッチは音を鳴らすだけのものだ。

 下段はアウトホールからのボールの通るレーン。ボールはプランジャーを引っ張ると、板状のパーツに掬い上げられてダイヤルを回転させる。


 いやぁ、堪能した。させてもらった。こいつは弄れないや。


 さて、蓋を閉じるまえに本来の目的である右レーンの調整をしなくては。

 ちゃんとボールの重さが掛かれば反応するのに、金属板をセットすると妙にスイッチが重くなる。

 蓋を開けたら原因がわかった。

 グリスだかオイルだかが飛んで、右バンパーの床パーツと、その周辺の金属板の裏側にくっついていた。粘性のせいでスイッチが重くなっていたのだった。

 ティッシュペーパーで汚れを拭き取って金属板をセットしなおし、プランジャーをとりつけ、指紋を拭き取って蓋を閉じたら修理完了!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

夢を、見ました。

テーマ:ピンボール
2005年11月28日(月) 18時28分51秒

 ピンボールの夢でした。


 フィーチャーされていたのは応援団のようでした。

 ボールの径は小さかったし、コインボックスもなかったから家庭用なのかな?

 だけど、アーケードのピンボールに負けない迫力を持っていたし、ハウンテッドマンションより大きかったです。


 ボールを弾いていろいろやっていると、何か役が成立したのか、台の横から応援団とチアガールが描かれたパネルが飛び出してきてびっくりしました。

 夢の中って想像力の暴走した世界ですから何が起こるのかわかりませんねぇ。

 台の左のほうの下向きのレーンにボールがハマって、台の上からボールがボロボロとこぼれ落ちてきました。

 その数、6個。合計7個のマルチボールというのは、三三七拍子と何か関連があったのかな?

 7つのボールでガチャガチャと遊んでいたら目が覚めました。


 ゆっくりと台の構成を思い出そうとしますが、印象的なマルチボールのギミックを除いては、はっきりと思い出すことができません。

 おそらく台の下を通してエスカレーターのような仕掛けで6つのボールをあらかじめ上部へ貯めていたんでしょう。それを一気に開放したのかな?だったらアウトホールの下でボールを6個と1個に選り分ける仕掛けが要るなぁ。

 あるいは、三三七拍子マルチボールというギミックを活かすために、


2個追加 3ボールマルチ 得点2倍

 7箇所のターゲットのうち3箇所を狙う。レーンの奥のターゲットはボールを固定する機構がついており、同じターゲットに違うボールが入れなくなる。

 ボールをロストしたら既に固定されたボールが開放され、2ボールマルチになり、1個になるまで得点2倍。

 3/7箇所に固定で次の段階へ。


3個追加 3ボールマルチ 得点3倍

 残り4箇所のうち3箇所を狙う。

 ボールをロストしたら既に固定されたボールが一斉に開放され、5ボールマルチになり、1個になるまで得点3倍。

 6/7箇所に固定で次の段階へ。


1個追加、6個開放 7ボールマルチ 得点4倍

 7箇所のターゲットを狙う。

 ボールをロストしたら既に固定されたボールが一斉に開放され、6ボールマルチになり、1個になるまで得点4倍。

 7/7箇所に固定でJP。

 そのあとは7個開放で7ボールマルチになり、1個になるまで得点5倍。

 マルチボール中は3/7固定を達成するごとにJP、2個以下になると固定されなくなり得点5倍のみ。


なんてのはどうだろう。



多分みんな何云ってるのかわからないと思う。

俺も自分で云っててよく判らない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アストロシューター_01

テーマ:ピンボール
2005年11月27日(日) 15時26分05秒

 いやあ、ごめんごめん。

 COTAN に移行して画像容量が増えたのはいいんだけど、画像を10枚ずつアップできるのは便利なんだけど、タグを引っ張ってくるのが面倒でね。

 下書きまで書いても画像を張るのが億劫でついアップが遅れてしまう。


 で、届きましたTOMY のアストロシューターピンボール。

ピンボール/アストロシューター_01

 ケースのサイズは縦32.5、横53、高さ14(cm)で、

ピンボール/アストロシューター_02

「ハイスコアに挑め!

シューターをはじくと、ボールは宇宙空間。

エレクトリックサウンドと光が、君をとりまく。

パワーバンパーとオートマチックカウンター。

ねらうは、ハイパースペースだ。

アーケードピンボールの興奮が、君に迫る。」

との煽り文句が書いてあります。


 箱裏の遊び方紹介文はこんな感じ。

ピンボール/アストロシューター_03

「プレイを始めるときは、リセットダイヤルを"5"にしてください。1ゲーム5回プレイできます。」

「ボールを打ち出すときはシューターを引いて離してください。エキサイティングプレイ開始です。」

「本体左右のフリッパーボタンでフリッパーを動かします。長くボールをキープすればするほどスコアが上がります。」

「得点は自動的に加算されます。"0"に戻すときはリセットボタンを押してください。」

「ハイスコアが出たときは、ハイスコアパネルのダイヤルを回して表示してください。」

ピンボール/アストロシューター_04

 箱から出してみました。

ピンボール/アストロシューター_05

 台、スコアボード、傾斜をつける脚、ACアダプターです。

 ACアダプターは電圧9V、電流700mAで、極性は + (・ - ですからファミコンのが代用できそうですね。

 中古品ゆえに相応のくすみはありますが、立派なもんです。

 テーブルでプレイするのが前提なので、長い脚はありません。


 スコアボードには前のオーナーさんのお宅のお子様が貼り付けたとおぼしきシールが貼られていますが、

ピンボール/アストロシューター_06

粘着力が強く、ロゴのシールが紙製ということもあり、無理に剥がすと大惨事なのでこれはそのままにしておきます。


 上段はハイスコアで、ダイヤルを回してスコアを記録しておける、動かないスコア表示板です。ローテクですが、電源を切っても保持されるのは嬉しいかもしれません。

 下段はプレイスコアで、本体の歯車と連動して変則4桁のドラムが回転します。

ピンボール/アストロシューター_08

 えぇ、スコアは見栄えを考えて6桁ですが、実は4桁です。

 百以下の桁までは一つの横長のドラムで、000、075、175、265、390、440、590、635、725、880で一巡します。

 便宜上、000、100、200、300・・・900点ということにします。

 千、万、十万の位は下の位が一巡するごとに1コマ進む普通のカウンターですのでご安心を。

 ただ、結構アバウトで回転数とスコアが厳密に一致しないことも多いです。

 箱の裏面によればシンガポール製だそうですが、そのへんはマイペンライということで。

 リセットスイッチはスタートボタンも兼ねています。これを押し下げるとスコアが000000に戻り、ゲームスタートです。


 プレイフィールド全景です。

ピンボール/アストロシューター_09

上部の歯車がスコアボードを動かします。

 中央の電飾は対極の位置にある2つのLEDが回転しています。点滅が回転しているのではなく、赤い窓の下で2つのランプが回転しているのです。

 フリッパーは3つ。バンパー(ボーナスメガバンパー)右下に右ボタンで連動して動くフリッパーがもう一つあります。ゴムは巻いてないプラスチックの剥き出しのフリッパーです。

 バンパーはスプリング式ではありません。フィールドに穴があいており、そこにボールが飛び込むと黒い検知板が沈み、それに反応してバンパーが引き込まれ、ボールは挟まれることによって押し出されます。ちょうど枝豆を指で押し出したら飛び出すような感じですね。バンパー左下の黄色いバーも同じ仕組みで、上から飛び込んだボールを弾き返します。

 ただ、フィールドにバンパー以上の大きな穴を開けているため、ボールがバンパーを撫でるように転がると、穴の縁と沈む床パーツの段差をなぞるように転がるため、まるでバンパーに磁石か何かで吸い寄せられているような軌道をとることがあり、びっくりします。

 フィールド左の2つのホール(キックアウトクレーター)にボールが入ると、ランプが高速回転し、がちゃがちゃと音を立ててスコアが連続して入り、スコア加算が終わるとはじき出されてきます。

 バンパー上のスリット(ロールバーフォースフィールド)と、バンパー右のレーン(コスミックチャンネル)、シュートレーン、そして左右のインレーンとアウトレーン(ワープアウト)にはボールの通過を重さで検知するスイッチがついています。

 左上のレーン(ハイパースペース)に飛び込むと、ランプが高速回転し、結構長い時間バンパーががちゃがちゃ鳴って大量にスコアが加算され、右ホール(アルファリターン)から飛び出してきます。

 スリングショット(ロールオーバーレーザー)もスプリングではなく、ゴムベルトを張ってあるようですね


 この台の優れているところは、消せないまでも音量調整ができるところですな。

ピンボール/アストロシューター_11

 台の裏側です。台の右側のレバー(写真では左側ですが)を動かすと、スピーカーから出る音の穴を塞ぐシャッターが開閉しボリュームの調整をする、という仕組みです。消音はできません。


 しかしここでムラムラと悪い虫が・・・

 クリーニングを言い訳に、分解してみよう・・・と囁くのです。

 レーンの検知スイッチを調べてみたかったからね。


 裏側にネジ穴はなく、スコアボード受けの皿の3箇所のネジをはずして取り除きます。

ピンボール/アストロシューター_14

 すると、フィールドを形作っている透明のパネルが外れます。

ピンボール/アストロシューター_15

 フリッパーは回転軸にあたる突起に乗っかっているだけで簡単に外れます。


 ティッシュペーパーで溜まった埃を拭き取り、ギミックの確認。


 バンパー上のスリットのスイッチを通ると、連動している左バンパーが反応してスコアが入る。

 バンパー右のレーンのスイッチは、右バンパーに連動して反応するはずなのだが、フリッパーに弾かれて勢いよく飛び込んだ場合は反応しないことも多い。

ピンボール/アストロシューター_23

 左イン/アウトレーンと右イン/アウト/シュートレーンのスイッチはそれぞれまとまった一つのパーツだが、効果音がなるだけでスコアにはならない。


得点

100点

バンパー(全て)

バンパー左下の黄色いバー

バンパー上部スリットの各スイッチ

バンパー右のレーンの各スイッチ


1500点

キックアウトクレーター(いずれも)

飛び込むと1500点分スコアパネルが回るまでボールを保持し、そのあとはじき出される。


7500点程度(まちまち。だいたい7300-7500点分回る。)

ハイパースペース(左レーン奥のホール)

飛び込むとだいたい7500点分バンパーが反応し、バンパー右の出口専用ホール(アルファリターン)から飛び出す。


その他の役や倍率ギミックなどはなし。


 プレイフィールドは薄い金属板でした。

 基板やら地下のレーンはその下ですが、これを剥がすにはプランジャーとリセットダイヤルも外す必要があったので、今回はここは弄りません。


 アウトホールはボールが落下した勢いで、板ばねの原理で浮いている金属板のスイッチが押される、というものでした。

ピンボール/アストロシューター_19

 アウトになったボールは地下レーンを通ってリセットダイヤルの窪みにはまり、

ピンボール/アストロシューター_33

プランジャーをひっぱることで跳ね上げられ、同時に残りボール表示が一つ減り、シュートレーンに落ちるという仕組みになっています。


 ボールの径は、

ピンボール/アストロシューター_29

だいたい1.39といったところですな。


 ランプレーンこそありませんが、

ピンボール/アストロシューター_32

狭い中に色々と面白い要素を詰め込んだなかなか楽しい台です。


 そして、どうやら定価でならまだ買えるようです ね。高ッ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハウンテッドマンション_04

テーマ:ピンボール
2005年11月26日(土) 13時16分48秒

ふとっぱら さんから電話が入った。


「メール拝見しましたが、今のうちなら返品お受けできますが、どうなさいますか?

今回はメーカー側でも交換対応ができないという特殊なケースですから送料なども含めて返金いたします。

ですがお客様のほうで手を入れられてしまってはメーカーも対応できなくなりますしこちらとしても返品を受け付けられなくなりますよ。」


 でも13125円が14245円になるだけでしょ。

 少なくともネット上で確認できる流通在庫ってのはおそらくこれが最後の1台だろうし、輸入販売元にも在庫が無く、メーカーも廃盤にした商品である以上は、これを手放すと入手の機会は永遠に失われてしまうかもしれない。

 手放すにはあまりに惜しい。

 たとえ下手すりゃ14245円の粗大ゴミになるかもしれなくてもだ。


今回の不満点は強いて挙げるなら


・新品で買ったのに瑕疵があったこと

・新品で買ったのにメーカー保証による修理・交換が受けられないこと


この2点だ。


 海外からの輸入品に関しては保証なんかもともと付かなくて、壊れたらそれで終わりなんてのが当たり前じゃないか。

 いや、あったとしてもメーカーとの連絡が面倒で修理対応自体をまともにしないことが多いというのもあるけどさ。

 少なくとも輸入品という時点で保証にはあまり期待していない。国内メーカーの製品を買うときはブランドへの信頼や保証にもお金を払ってるから高いんだ。

 ましてや今回はメーカー側ですでに廃盤にした商品らしいから、180日の保証期間内に通常使用による破損があったところでシンワエンタープライズ側が修理や交換といった対応ができるかは疑問だ。

 13125円(引取費込みで14245円)という金額だけを見れば高いかもしれないけれど、大昔のアストロシューターピンボールのメーカー希望小売価格が14800円(税抜)で、12月に出るバットマンチャーリー のピンボール台が19800円であることを考えれば、ハウンテッドマンションは2万円台後半でも通るかもしれない大きさの台じゃないか。その価値を考えればこれは安い買い物だったと思える。

※今調べたら、定価は税込みで20790円。ということは19800円ということだな。


 そう自分に云い聞かせることにした。

 申し出はありがたかったけど、こいつと心中することにした。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。