歯が痛い→歯医者→もっと痛い

テーマ:日記
2008年10月04日(土) 15時14分04秒
大学病院の歯科で親不知抜いて虫歯治療して数か月。

ここしばらく、その治療した右下奥歯に冷水がしみるようになり、左半分で物を噛んでいた。

今回は比較的近場の歯医者にかかることにした。
大学病院はちょいと遠い上に患者が多く、先生が多くても治療間隔や待ち時間のロスが大きいと考えたからだ。

一通り口の中をチェックされ、
・全般的に歯茎が腫れている
という有り難くないオマケが判明。
風を当てただけでしみる問題の虫歯は、治療時に詰めたモノを一度ひっぺがして、中の神経を殺すという方法を取ることになった。

自分の指でフィルムを固定して、筒状のX線照射機で歯のレントゲン写真撮影。
取り外す詰め物の形状を確認したら、いよいよこれを掘り出す。
両手で手摺りをしっかり握り、両足でシートを挟み込み、痛くてもそれが早く済むように身体を固定する。
ドリルで歯を削り、詰め物を掘り出す。
何だかよく判らないモノを塗り込まれ、うがいをして今日の治療は終了。次回は月曜15:30。

帰宅してしばらく経ってから、下顎の右半分をもぎ取ってしまいたいくらいの内側から染み出してくるような痛みが襲う。

悶絶してのたうち回っていると、見兼ねた母が過去の歯科治療の際に服み残していたロキソニン(痛み止め)をくれた。
服用するとき、わざと治療している歯に水を当ててみた。
唾液を含む、水分がしみている痛みではないようだ。

あぁ、月曜日が待ち遠しい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。