【Wunderkammer】夢路 望のまったり生活ブログ。

線維筋痛症という難病と戦いながらも
まったりな日常をおもしろ楽しく紹介しているブログです☆

そんなわけでダラダラしてますが、
ディーラー名【Wunderkammer】として ドールのお洋服を制作中。
(イベントやヤフオクで販売)
更新はかなり不定期です。



線維筋痛症という難病と戦いながらも
日常をおもしろ楽しく紹介しているブログです☆



最近、オビツ11などの
アウトフィット作り(洋服製作)始めました。
ディーラー名【Wunderkammer】として活動中。


活動内容はこちらのブログならびに
ツイッターで更新しております。



twitter→@yumezinozomu




◆ネットショップをOPENしました!





※オビツ11用初心者向け型紙は随時販売いたしております。
詳しくは「オビツ11初心者向け型紙の販売方法」をご覧ください。



◆オビツ11用初心者向け型紙の作り方などはコチラ↓↓↓
【オビツ11用 初心者向け型紙 目次】



◆只今、出品中の商品はこちら↓↓↓
『オークションブース』




※オビツ11のモデルとして一部のドールに
DOLLCE様製のミニスウィーツドールを使用しております。




◆友人の城マリカさまの著作「虹を架ける人」5/15出版がきまりました☆才能に嫉妬するほど本気でオススメです!




※只今、大変情緒不安定な状態のため、
基本的には、皆様のコメントへの返信は行っておりません。
大変申し訳ありませんが、ご了承下さいませ。
何かありましたら、メッセージ欄からお手紙をくださると嬉しいです。


テーマ:
 
 
 
の続きです。
 
 
まずは向かって左の身頃(スタッズを付けた方)の裏に
スナップの凸を付けます。
 
布端ギリギリに付けて下さい。
 
 
縫いつけていきますが
表に糸が見えるとかっこ悪いので
表に糸が出ないよう、
フェルトの表面だけ針を通して
縫いつけます。
 
 
フェルトをすこしすくって
そのまま針をスナップボタンの穴に通します。
 
これを繰り返します。
(1針1針、表に糸が出てないか確認しながら縫いつけて下さい)
 
一つの穴につき三回ほど縫えば大丈夫です。
 
 
縫えました。
 
下も同じようにスナップを付けます。
 
 
き、汚い。
おおざっぱ。
 
で、凸のほうはこれで完成です。
 
今度は反対側に凹をつけます。
 
 
で、反対側は襟の関係で
布端に付けるとずれるため、
スナップを付ける位置を探さなくてはいけません。
 
 
 
 
なので↑の画像のように、
襟がきちんと合う位置で布を整え
まち針でとめます。
 
 
下も同じように止めるのですが
そのまま止めてしまうと
ケープの広がりが無くなってしまうので
 
 
内側をめくりながら
スナップ位置を決めます。
 
↑布端から7ミリ前後の位置にスナップが付くようなところで
布をまち針で固定します。
 
 
↑こんな感じ。
 
 
 
そしてまち針が指に刺さらないよう
気をつけながら
凸のスナップが付いているところを
うえから指でぎゅーと押してください。
 
 
 
するとスナップのとがった部分で
ちいさく跡が付いているはずです。
 
消えるといけないので
跡が付いているところに
すばやくチャコペンでしるしを付けます。
 
 
しるしをつけたら
スナップの凹をその位置につけます。
 
今回は糸が出ても裏なので大丈夫なため
すくう感じではなく
普通に針を裏から差して上に抜く→上から差して下に抜く
流れでスナップを付けて大丈夫です。
 
この時、手で押さえながらスナップを付けても大丈夫なのですが
苦手な方は
 
 
↑のように
スナップの真ん中にまち針をとおして
そのまま付ける位置に針をさして、
 
この状態のまま縫いつければ
ずれることなくスナップを付けられます。
(ただし、針には気をつけて下さい)
 
上下ふたつとも
スナップをつけられたら
完成です!!
 
 
 
お疲れさまでした☆
 
 
 
 
 
【ファーの付け襟の作り方】
 
 
材料セットをお買い上げの方は
ファーの付け襟が作れます。
 
付け襟をつけたい方は
必ず丸襟を選んで下さい。
(角えりだと幅が広いので襟が多分はみ出ます)
 
 
作り方です。
 
まず、サテンリボンとファーをそれぞれ10cmに切ります。
 
 
サテンリボンは2本用意してください。
 
そしてこのままだとサテンリボンが
ほつれてしまうので
ほつれ止めを塗るか、火であぶってほつれないようにして下さい。
 
 
火を使う場合は色々気をつけて下さい。
※↑写真を撮る為に作業台ギリギリでやってますが
危ないのでもっと離してやってください。
 
サテンリボンを両端ほつれ止め作業をしたら
ファーにリボンを縫い付けます。
 
 
表に出ないよう
すくうような感じで縫いつけて下さい。
 
取れなければいいので
適当で大丈夫ですw
 
 
両端付けたら完成!!!!
 
 
【襟を立て襟風に作りたい場合】
 
 
まず、襟の製図をします。
 
 
↑画像のように製図してください。
 
これを切り取り、
布を裁断します。
 
 
通常の場合と同じように中心線をちょこっと
記入するのを忘れずに。
 
これをケープ本体に付けます。
 
 
通常の場合は裏に襟を重ねましたが、
今回は本体を表にして
その上に襟を重ねます。
 
 
中心線をまち針で止め、
残りも止めていきます。
 
通常の場合と違い、
端から端まで襟が付く感じになります。
 
そして通常のときと同じように
巻きかがりをして襟を縫い付けて下さい。
 
 
襟が付いたら
この襟を上に持ち上げ、
アイロンで押さえます。
 
 
完成です!
 
※あくまで立て襟風なのでちゃんとした立て襟ではありません。
 
↑の写真ではスナップボタンは首元に一つだけ付けました。
 
 
 
 
お疲れさまでした☆
(*´∀`*)
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。