子どもが描く絵 続き

テーマ:

昨日の記事の続きになります。

 

父親のシンボルの代表的なのが「太陽」でしたが、



「母親って?」と、メッセージをいただきました。

 

気になりますよね。お母さんの象徴。


1番代表的なのが、
【チューリップ】です。

 

「容器の形(子宮型)の花チューリップは、母親の象徴。小学生、特に低学年の子どもたちほど、盛んにチューリップを描きます。それだけ母親との結びつきが強いということでしょう。画面いっぱいに大きく描かれたチューリップは、母への関心の強さを反映します。また、植木鉢に植えられたチューリップは、よく外出する母を意味します。

 

(参照文献:原色子どもの絵診断辞典 114Pより)

 

チューリップの色や形は、母親の状態や性格を教えてくれるらしいです。


{EA28152C-76E2-4BC8-8C3A-0089A44D2580:01}


色の意味の一例ですが、

●赤は基本型、ふつうの母。

●黄色 きょうだいがあり、自分へのかわいがり方が不足していると思っている子どもに多く見られる。母親の愛情を求めている状態。

●青  しつけに厳しくこわい母をもつ。子どもに対して命令口調で、服装や礼儀にもうるさい傾向がある。

 

あくまで、そういう傾向があるというということですが、知れば知るほどおもしろいです。

 

他にも母親のシンボルは、

 

①乳房型・・・母親の乳房が原型と考えられる長くつらなった山、それに双子山のグループ。

 

②子宮型・・・母親の子宮が原型と考えられる自動車・船・汽車・飛行機など、その変形としての家(台形屋根)やチューリップ。全て容器状のものばかりです。

 

③動物型・・・馬、シカ、象、キリン、くま、くじら、大きな魚など、子どもが乗っかれるような大きい、しかしひやさしそうな動物。

 

{0E482FE2-2073-483B-80ED-CD47B1762DB1:01}

 

父親のシンボルは、

太陽をはじめとして、ヒマワリ、富士山の山、三角屋根の家、塔、城、灯台など

 

{93C50DBB-C44D-45BB-A0C5-4B28825E09F7:01}


もちろん、これらシンボルは、ここにあげたものに限定されるわけではありません。

 

 

そういえば、私は大人ですが、自由画を描くといつも山を描いている。

{8C8EBC82-18C6-4620-A778-DAA032468983:01}


これは故郷を想う気持ちが強いからかな、とも思いましたが、無意識のうちに「母親」を想ってつい描いているのかもしれないですね・・・

 

 

つい長くなってしまいました。

 

私が持っている本は古くて(昭和60年初版)重くて高くて。

あまりおすすめはできないのですが、「絵と心理」系の本はたくさん出版されていますので、気になる絵がある時は、ちょっと立ち読みするだけでもおもしろいかもしれません。

 

娘の書き溜めてきた一年生の自由帳、ちょっと見直してみようかな。

少~しこわいけれど(笑)


 

 

 

 

AD

遊びながら楽しく学べる家庭学習法「親勉」

 

長野初 インストラクターのみやざきひろこです

 

こんにちは。

新学期の生活も落ち着き、習い事のこと勉強のこと、悩み事は尽きませんよね。

家庭訪問やPTA、ママ友との集まりなど、忙しいこの時期、お子さんと一緒に心穏やかに過ごせたら嬉しいですよね。

「親勉」を知ると親御さんの心が不思議と和らいでくるんです。

実はこれ、多くの受講生さんの一番の感想なんです。(わたくしもです)

 

5月は何かを始めるのに良い芽吹きの月!

長野で親勉を体験できるチャンスですよ♪

 

 

 

 

 

 

このような方におすすめ

 

 チェック遊ぶように勉強する家庭学習法を体験してみたい
 チェック0歳から小学生6年生までのお子さんがいる
 チェック就学前で勉強についていけるか不安
 チェック「勉強しなさい!」とガミガミ言いたくない
 チェック子どもに楽しく勉強してほしい
 チェックお母さんが勉強を教える自信が無い
 チェックとにかく時間がない!でも勉強はして欲しい
 チェック他の塾や幼児教育法との違いを実際に体験してみたい

 

 

体験お茶会に参加されると

 

 チェック家ですぐに実践できる楽しい遊び方を持ち帰れる!
 チェック子ども自ら勉強に興味を持つようになる!
 チェック忙しいお母さんでも、楽しく勉強するコツが学べる!
 チェック親子の笑顔・コミュニケーションが増える!

 

 

 

■長野県内 親勉体験会 ご案内 ■

 

●料金

 通常料金 3,240円(税込)
  ※お友達同士やご夫婦などで使える     ペア割引 2名様 5,400円
  ※SNSなどで感想を書いてくださる方     SNS割引 2700円

 

 

●日時 (場所の詳細はお申込み後にご連絡差し上げます)

 

new!

5月10日(水)10:30~12:00@長野市

 

5月13日(土)10:30~12:00@飯田市

 

5月20日(土)10:30~12:00@長野市

 

5月31日(水)10:30~12:00@長野市

 

 


体験会のお申込みはこちらから⇓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/83821c89500519

 

 

 

※今回都合が悪くご参加いただけなかった方へ、お気軽にお問合せください。  

 

先行受付・お問い合わせはこちらから⇓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/44a99caa500384

 

 

 

 

 

子どもと一緒にいられるのって・・・ 「あと何年?」

 

1分1秒、あっという間に大きくなる子ども。      
今しかない子どもとの貴重な時間。      
      
ゲームやスマホ任せでいいですか?      
勉強は学校や塾任せでいいですか?      
通信教育をやらせたら勉強が好きになりますか?      
これらの疑問に答えを出せるのが「親勉」です。      
      
まずは体験会で、「勉強=遊び」の感覚を体験して、      
「こんな勉強なら好きかも♪」の気持ちをご自身で感じてみて下さい!!      

そして、是非ご家庭に帰ってお子さんと遊んでみてください。

 

 

 

日本親勉アカデミー協会では、
遊ぶように勉強し、日本の未来を作っていく子どもたちを
増やすことを活動理念とし、遊ぶように楽しく勉強する家庭学習法を提唱しています。


親勉創始者小室尚子先生の無料メルマガは
このような内容でお届けしていきます!

 

1日目【知らないきゃ損! 暗記力はこう伸ばせ】
2日目【「考えなさい」はもう不要。本当の思考力とは?】
3日目【反復力は縄跳びと同じ。跳び続ける秘策は何?】
4日目【「がんばりなさい」と言わなくても、楽しいから勝手に続く継続力】
5日目【自学力で学力100倍!勉強するってこういうこと】
6日目【やる気がMAX!実行力をつければ何でも出来る】
7日目【子育てのゴールは自立力!これさえあれば怖いものなし】

 

小室尚子先生のメルマガ登録はコチラ⇓
 https://www.agentmail.jp/form/pg/983/1/?mkn

 

 

 

ちょっとでも、興味を持ったら、ベストタイミング!!

 

「体験会に行って良かった」

と感じていただけるよう、心を込めて準備しております。

 

 

 

親勉インストラクター

みやざきひろこ

AD

子どもが描く【太陽】の絵

テーマ:

参観日の楽しみといえば、授業だけではなくロッカーや机の中を見たり、普段入れない教室を見られる貴重な時間。


中でも私が好きなのは、壁に飾られた児童画を見ること。

 

たいがい、学期毎に新しい絵が飾られていますよね。


娘小2のクラスにも、新学期早々に描かれた絵が飾られていました。

{04AF0061-2F49-48FF-B7DA-EBEB594B53D6:01}




進級しての喜びがあふれる絵ばかり。

見ていて飽きなくて、最後まで居残ってた私です。

 

 

昔からどうってことのない絵を見るのが好きで、

大学時代(教育学科の初等教育専攻でした)のゼミでは、「絵から見る子どもの心理」なんていう、題名はかっこいいけど中味の薄〜い論文を書いたりしてました。

{C1BB3EAB-FA85-4AE6-81EC-2921E93F8BFB:01}


その頃読んだ本を引っ張り出してきて、親になった今、再読してみますと実におもしろい!

やっぱり子どもの深層心理が絵には出やすいし、それは幼ければ幼いほど出やすいものだな、と。

 

娘の新学期の絵には真ん中に大きな太陽が描かれています。



「太陽」って何の象徴(シンボル)だと思いますか?


 

{97429CF5-F712-487D-A7BA-6FD3C0181C03:01}

 

 

心理学上では、 【太陽=父親のシンボル】なのです。



色や後光のかたちや、太陽がおかれているさまざまな状況から、その太陽を描いた子どもの父親のようすを読み取ることができるようです。

 

 

長くなるので、今日のところは太陽の色についてピックアップしてみますね。

太陽の色は父親の愛情の度合いを示すそうです。

 

何種類もあるので割愛しますが、いくつかご紹介すると(参照文献:88P)

 

●赤は普通によく見られますよね。

健全な父、温かい父、正常な家庭の父親、です。

 

●黄色い太陽は 多忙、不在、死亡、といった子どもに愛情が届きにくい父。

子どもは声をかけてもらったりしてほしいそうです。

 

●青一色の太陽は しつけの厳しい父親。

子どもを理解するよりも服従させようとする冷たい父。怖い父。

 

他にも 緑、茶、紫、白、黒など、それぞれ意味があります。

{6EB7A43F-A6A8-4918-BA01-FB43E8BCA521:01}



 

ここまでは色についてですが、他にも


 

太陽の後光は父親の手足(精神的な手足、愛情や干渉・支配)

 

画面からはみ出した太陽(位置)

 

沈みゆく太陽(日没、父親との隔たり)

 

雲に隠れた太陽(妻の叱言がうるさい、仕事等の障害)

 

水に映る太陽(病気・死亡)

 

などがあるそうです。

 

※参照文献・原色子どもの絵診断事典 日本児童画研究会編著 ・黎明書房


 

これが全てではないでしょうが、結構当たっていたりもします。

 

娘の絵を見ますと、

真ん中に大きく描かれた太陽、真っ赤で力強い。

 

 

そういえば・・・ここ1ヶ月ほど、夫の帰宅が早くなりました。8時半くらい、寝てなければ、娘はベットにいてももふっとんで玄関まで迎えに出向きます。

 

{21D20AEE-D5AE-4DAD-9810-308DF164B6EB:01}

 

大好きな父親の下ににっこり笑った人物の絵。

 

もうこれだけで、「いい新学期スタートなのかな♪」とにやけてしまうわたしです。

が、過去には悲しい絵も描いていたんですよ・・・

 

{0CE2082D-8782-4DA5-B4B0-1DA635BF8A31:01}



 


(私が仕事に没頭しすぎてかまってあげられなかった5歳時の絵)

あまりにショックで捨てずに取ってあります。自分を戒めるためにも(^^;;



 

{4C5BE275-7AA4-41A4-9233-AAACC54EC6B5:01}

 

 

ちなみにアリと蝶が4匹なのは、娘に聞いたら「家族4人だから」と。

娘は「家族は4人(一人は、流産した2歳上の姉があの世にいる)」と思っているようで。


あれ?自分は真ん中にいるのにね。

娘は4人、4匹をよく描いてるのも、なにか深層心理がありそうです。

 

 

知れば知るほど不思議です、

絵と心の世界って。


さわりだけの今回の記事ですが、子どもの絵、観る視点をちょっと変えるとおもしろいです💓

 

AD
GW中、私が研修でお江戸へ行くので、娘小2と夫も一緒に行くことになりました。
娘っ子は、東京タワーを見に行きたいんだって、スカイツリーじゃなくて。
.
 
東京タワーが完成する頃の時代背景がわかるかな〜と、
「ALWAYS 三丁目の夕日」をレンタルしましたよ。
.
 
{7A6B80E9-EC73-4D6A-BCB4-C3D813F4D32E:01}

映画観ながら、
娘の【何?何故?】が炸裂!
 
 
夫がその都度、わかりやすく説明してくれて。
テレビ、冷蔵庫、昔はなかったんだよね。
冷蔵庫が届いた日のシーン、氷屋さんが淋しそうに歩く姿に、
娘も何か感じるところがあったようでした。
 
{6B9601A9-E79A-4F9F-8053-7142C1819673:01}

 
私はというと、うっうっ。
涙腺壊れてました。
上京して働く娘を想って毎月書いていた手紙・・・娘はそうとは知らずに帰省をためらう。
久しぶりに見たら、親の立場になって泣けました。
 
 


だんだん完成していく東京タワー。
 
最後のシーン。
完成した東京タワーと大きな夕日。
 
 
 
「東京タワーができた頃の風景を覚えといて、今はどうなってるかな?楽しみだね」
 
東京の人混みやビルばかりの街並み…
 


田舎の景色しか知らない娘っ子にとって、
GWのお江戸旅は、脳みそスポンジが何個必要になるんだろうね・・・

{C3083833-932A-424C-92EB-2AA79E18357B:01}

 

 

 
 

娘っ子小2、食物アレルギー(卵・乳・ゴマ・くるみなど)アトピー持ち。

 

毎年春から初夏にかけて肌がアトピーっぽく荒れてしまうのが悩みでした。

原因は何かなぁ(タンポポかなぁとか)とずっと不思議だったのですが、

もしかしたらコレもかなと思ったのが、

 

ヨモギ

 

です。


{DDBE9792-757F-465B-BA36-9FD8B53E7A1D:01}


 

火曜日に、初めてよもぎのおまんじゅうを2個食べた夕方。

その夜からみるみる目の周りが赤く腫れ上がり。

翌日翌々日も、目の周りが真っ赤でカサカサのアトピーの症状が強くでました。

 

{2013E059-EB44-4DBD-9FDE-AA8568E73591:01}

 

 

調べると、キウイやメロンアレルギーの人はヨモギアレルギーになりやすいらしく。

 

娘、キウイもアレルギー(クラス2)、メロンも口がイガイガするらしく苦手な食品。

 

 

あやしい!よもぎ!

 

6月に卵の負荷試験を行うので、

その際に血液検査してもらおうかと思います。

 

悩ましいのが、

小学校で「よもぎ回収」というのがあり、

毎年1キロ~山や土手で採集して乾かして持っていくんです。

全員!徒歩20分の登校時にかついでいきます。

田舎の学校ならではですよね^^;

 

 

年齢と共に食べられる物も増えてきましたが、

新たに口にするものも増えてきており、まだまだ油断禁物!

 

アレルギーっ子、

初めて食べる食品は少量づつ

 

ついついもう大丈夫かな?と与えてしまうのですが、

気を付けていかないと!

と引き締まる思い。