八角屋の「それってどうなんだろ」

切り絵イラストの八角屋が、紙も日常も切り取っております。

~*~*~*~*~ 宣伝という名の備忘録 ~*~*~*~*~


2017.9月後半 恵庭市「おうちカフェメイミーズ」のミニギャラリーで個展。

2017.9/20(水) 恵庭市おうちカフェメイミーズにて 「ミナミナ市」 出店。

2017.10/29(日) 「恵庭ものづくりフェス」出店。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

NEW !
テーマ:

 

家人は枝豆が好きで、家庭菜園でも毎年欠かさず作っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ枝豆がちょうど食べごろになると、毎年欠かさず出張が入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

けっきょく毎年欠かさず、大部分の枝豆を私がひとりで茹でて、豆を出して冷凍する。

 

 



 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

小説を読むとき、とくに若人向けの小説は、表紙や挿絵、扉などに登場人物がイラストで明確に描かれていることがある。

 

 

私は自分がイメージしたキャラで物語を味わうのが好きなので、人物のイラストはあまり見たくない。

 

 

 

 

 

 

 

でも知人の中には、読む前にイラストで登場人物の容姿をしっかり脳ミソにインプットしてから読む、という人も少なからずいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

                     久しぶりにトイレと食事の中断を惜しんで読んだ本。

 

    『烏(からす)に単(ひとえ)は似合わない』

                                      阿部智里 文藝春秋 

 

 

舞台は架空の世界「山内」。そこは八咫烏(やたがらす)という、人間と3本足のカラスが混じった人たちで社会が構成されている。

宗家の跡取り息子 若宮(わかみや)が妻を娶ることになり、山内を治める四大貴族の家から、

それぞれ候補の姫たちが屋敷にあがってくる。 そこには各家・各人の思惑があり、それが火種となって屋敷では様々な事件が起こる。

 

八咫烏はふだん人間の姿をしているが、人間サイズのカラスに変身することもできる。貴族階級の「宮烏(みやがらす)」は一生人間の姿のまま過ごすことが多いが、

庶民の「山烏(やまがらす)」は生活のため、必要に応じてカラスの姿になる。みんな卵で生まれてくるらしい。

 

 

 

 

 

 

5年以上前に出版された本なので読んだ人は多いかも。シリーズで現在6巻目が出版されている。

この作品で第19回松本清張賞を受賞。 20代の著者のデビュー作なので、多少 ツッコミどころもあるけど筆力十分。今後が楽しみな作家さんだ。

 

お妃選びという古典的な題材なのに、ミステリの要素が濃くて最後までグイグイ読ませる。候補の姫たちのキャラがくっきりと描かれていて理解しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

子供のころから手芸や工作が好きだったので、夏休みの宿題はケッコウ気合いを入れて作っていた。

 

子供なりに工作美学(?)があって、素材(画用紙・毛糸・布・竹ひご・割りばし・紙ひも・ボール紙・木片など)から作らないと本当の工作じゃない、と考えていた。

 

 

 

 

 

 

なので、オトナに用意された体験もの、売られている工作キット、プラモデル、そして

親に手伝ってもらうのは邪道だと考えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が、「夏休み★切り絵体験教室(仮称)」 のようなものをやれる立場になった今でも、そのときの美学が邪魔をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

週末は、「サッポロモノヴィレッジ」 というハンドメイドイベントに出店しておりました。

 

入場料がかかるイベントだったのに、ブログを見て来て下さった方も何名かいて、

ホンッとにありがたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

店の前で、それなりの時間 立ち止って吟味するお客さんの中に、

「買わないけれど、気持ちよい印象を残して去っていく」 方がときどきいる。

やり方は人それぞれなのだけど、あの技術は見習いたいものだと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。