【 雑司が谷マダム24時 】

【小石川マダム24時】は【雑司が谷マダム24時】になりました

藍川じゅんちゃんのコラム「恋するピンサロ」は、COMIC ZIN さんにて好評発売中です。

「大好きだって言ってんじゃん」 (好評絶版中!)のこぼれ話やま●こに粉瘤ができた時の話など、どうでもいいエピソード満載!

是非この機会にお求め下さい~。


さらに、「ちゃのまん」中野タコシェ さんにて絶賛発売中!山田参助さんの表紙イラストが目印です。


テーマ:
子供の頃、大和和紀の「はいからさんが通る」が大好きで何度も読み返していた。
(山上たつひこ「がきデカ」は読むと怒られた)

私の夢は、はいからさんになることだった。


はいからさんが通る(1) (講談社漫画文庫)/講談社

¥702
Amazon.co.jp


最近、文庫版を買って読み返してるんですけど、やっぱり面白い。
王道ラブストーリーなのに、主人公が酒乱。
思想犯として監獄に入れられたりもする。昔の少女漫画って尖ってんなあ。
(ちなみに、紅緒さんの囚人服の番号は「への六」)
シリアスな展開になってもところどころで意味不明なギャグ挟んでくるし、登場人物のほとんどが酒乱かキチ・イなのもいい。


牛五郎
当時の流行語「ちかれたびー」


紅緒さんの一発ギャグ
謝罪はこれで決まり。


あと、絵がめっちゃ綺麗。蘭丸君の麗しさよ。


蘭丸ちゃん
「だが男だ」


そして、当時の私は紅緒さんが食べていたお団子みたいな食べ物が気になって仕方なかった。

実家で必ず食べてる
↑右下のやつ


焼き鳥のつくね。
「私もはいからさんみたいにつくねをお腹いっぱい食べてみたい」と思っていました。
小学校低学年の子供が、ケーキでもドーナッツでもなく、つくね。
漫画の影響って恐ろしい。

あれから2・年。
再びはいからさんに感化されて、最近つくねばかり食べています。
甘辛いタレを味わうもよし、塩で鳥肉の味を楽しむもよし。
卵の黄身をつけるのも、軟骨がコリコリしてるのもいい。
つくねって美味しい。


豊田屋
↑東陽片岡先生の漫画でお馴染み、池袋・豊田屋1号店のつくね。
素朴で無限に食べられる感じ。


百味
↑所沢・百味のつくね。
比較対象がないのでわかりにくいですが、すごくでかい。たぶんiPhone6くらい(適当)


戎
↑西荻・戎のつくね。
ふっくらしてて美味しい。友達の分も奪って食べました。

あと、利久の牛たんつくねも食べたい。



はいからさんにはなれなかったけど、お酒を飲んで騒いだり、つくねをお腹いっぱい食べられるようになった。

子供の私よ、君の夢は1/10くらい叶ってるぞ!


となると、次なる目標はこれ。

つくねの東京タワー

紅緒さんも夢見たというつくねの東京タワー。
大人の力(お金)で実現させようと思っています。





全然関係ないけど、環のこの台詞は一度言ってみたいな。

環の名言


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ピシッと着こなしてみたい!と以前から憧れていたものの、「高そう」「めんどくさそう」「ハマるとヤバそう」と敬遠していた着物。

「コスプレっぽくて恥ずかしい」「着てる人を褒めなきゃいけない空気になるのがイヤ」という意見もあって、なるほどそれ確かに超あるある。

けども、誘惑には勝てなかった。
「まずは浴衣で慣れてみたら?」とお姐さんに勧められ、ついに、ついに手を出してしまった。




初浴衣
イエーイ。



浴衣ではしゃぐ
イエーイ。



舞い踊る
イエーイ。



このはしゃぎっぷりよ。
「めぞん一刻」の一之瀬さん体型なので、扇子持つと妙にしっくりくる。

女性が浴衣を着ると、いつもより可愛く見えたり色っぽくなったりするはずなんですが、私の場合は小太りで頭がでかいから、逆に生活感が増す。
女中さんっぽさ半端ない。めちゃくちゃ雑巾がけしてそう。




ちなみに、一番上の写真の黄緑色の浴衣&黄色の帯は西荻窪にある「リサイクル着物菅野(かんの)西荻赤鳥居店」さんで購入しました。


下駄
↑この下駄も。
私は足のサイズが26cmあるんですが、LLサイズで余裕でした。
きゃわたんな下駄(LL)がなんと2000円!

お店のブログでは毎日いろんな着物情報が更新されていて見ているだけで楽しいし、つい欲しくなっちゃう。
安くていい物を探すならここ!とお姐さん一押しです。



さらに、着物を着るにはおっぱいを潰した方がいいということで、ナベシャツ(男装用の下着)も買いました。
ナベシャツを装着してTシャツを着るとこんな感じ↓

ぺったんこ
自慢の巨乳(ただのデブ)が潰れた!!



何度か着付けのレッスンをして頂いたおかげで、なんとか一人で着られるようになりました。
現在、お姐さんを師匠と仰ぎ、可愛い帯の結び方などを教わっています。


師匠の手作り
↑師匠が作ってくれた手作りのカゴと髪飾り。きゃわたん!



正直、変な扉開けちゃったぞみたいな感触がある。
今まで完全スルーしていた和雑貨のお店が輝いて見えるようになったし、可愛い小物を見つけるとつい買っちゃう。

ふくろうの帯留
↑こういうのとか。
これは最近買ったふくろうの帯留。和雑貨はふくろうモチーフの可愛い小物が多くて幸せ。


今はまだ浴衣だからいいけど、これで着物にも手を出し始めたら「ついついローン組んで40万の帯買っちゃった☆」とか言いかねない。

今後、私が着物とお金の話ばっかりするようになったら、とうとうあっち側へ行ったんだなと思ってそっとしておいて下さい。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
たまに「まだ離婚してないの?」とか言われたりするので、久々に夫のことを書きます。





夫、元気です。


夫


相変わらず動物が大好きで、年に最低4回は上野動物園へ挨拶に行きます。
でも「ペット飼おう」って言うと

「動物は汚い…」

っていきなり憎悪を露わにするので怖い。

最近は「細身で毛深い猿」(↓夫による図)という謎のイメージに夢中になっているようです。


細身の猿


「細身で毛深い猿は、常に半分影になっている」とのこと。
意味は全くわかりません。


永田夫妻


↑動物園にはこのようにして移動します。




個人用に夫スタンプ作りたいなと思っています。
「イエスでもノーでもない」みたいな曖昧なやつ。


夫スタンプ


↑LINEをやったことがない夫にスタンプの案を考えてもらいました。
まずスタンプの概念から説明しないといけないようです。


そういえば、以前夫がパスタを食べた後のお皿をペロペロ舐めながら

「世界中の人がお皿を舐めれば…すごいことがおこる…」

って言うから、思わず「えっどんなこと?」って聞いたら↓








エコ



だそうです。

「エコ…」も夫スタンプに入れたいと思います。
いつ完成するかわからないけど。



一緒に住み始めて丸8年半。
これからも双子感覚で暮らしていけたらと思っております。


ウェディング永田夫妻


↑昨年ハワイで撮った奇跡のショット。

なんか夫婦みたい。夫婦だけど。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。