作曲家 羽毛田丈史の音楽雑記帳

音楽プロデューサー、作曲家、ピアニスト
ピアノアルバム[Haketa Takefumi] 4/15 発売


テーマ:
Satin Doll は、言わずと知れた大スタンダード曲。ジャズでは定番中の定番で
ジャズミュージシャンなら、寝てても弾けます。

ジャズの楽しみのひとつは、スタンダードと呼ばれる定番となった曲を
いろんなジャズミュージシャンがどんな演奏やアドリブをするか?ってところを
聴き比べるのも、楽しいもんです。

と、いうわけで
第2回は、Jazzで演奏される曲でもっとも多い形式A-A-B-Aの曲ということで
サテンドールです。

まずは、これを聞きながら↓
http://www.youtube.com/watch?v=RcshXH0rhOc

Oscar Perterson / Satin Doll

サテンドールは、1953年デュークエリントン楽団がオリジナル。
最初は、ビッグバンドの曲だったのが、そのあとに歌詞がつけられて
歌う人が増えて、たちまち人気とになった曲。
インストでもやる人が増えました。
スタンダード曲というのは、こんな感じで、ほとんどオリジナルがあります。
歌の曲であることがほとんどで、当時のミュージカルや、映画の主題曲や、
ディズニーの曲など、みんなが知っている曲でした。
ジャズで演奏する際、アドリブの題材として取り上げられたというのが多いわけです。

さて、上記のURLのサテンドールを聴いてみましょう

サテンドールは、典型的なA-A-B-Aの曲として演奏されます。
A 8小節
A 8小節 最初のAの繰り返し
B 転調したメロディー8小節
A 8小節 最初のAの繰り返し
この32小節を、1コーラスと言って一つの単位として演奏します。

まず、ピーターソンは
1コーラス目 A-A-B-Aで、サテンドールのメロディーを演奏します。
2コーラス目A-A-B-Aで、アドリブソロです。
3コーラス目は、アドリブパートですが、
 AAでピーターソンは決まった派手なリフを弾きます。ンタタタ~タタタ~
 Bで、単音でアドリブ
 次のAでまた、3コーラス目のAで弾いた同じリフを。
4コーラス目、なっなんと!またまたしつこく、同じリフをこれでもかと弾きます!
 AA リフ 
 B 単音のアドリブ
 A また、同じフレーズを、かなり気に入っているようです。
5コーラス目
 サテンドールのテーマに戻ってA-A-B-Aで終わり。



それでは、聴き比べ
まずはボーカルものを
http://www.youtube.com/watch?v=T05W-zn8i1c

Nancy Wilson / Satin Doll
この人は、ほんとにうまいねぇ。気持ちよく歌います。
曲の構成は
Intro 4小節(Aの終わりの4小節)
1コーラス目 A-A-B-A  歌
2コーラス目  A (演奏)-B-A 
そのあと、最後の4小節を1回繰り返して終わり。

2コーラス目は、AAのところがAを一回カットしてBに行ってますね。
これは、ボーカルではよくあることで、
スタンダードの歌詞は、基本的に1コーラス分しかないので
2コーラス目は同じ歌詞になるので、間奏として演奏を間に挟んで
Bから歌うことが多いのです。
AAと演奏をしてBから歌って終わりというのが、お約束ですが
時間的に間奏が長いというときは、1回省いたりするわけです。
逆に、ライブハウスなどでは、演奏のアドリブが何コーラスもやり倒して
やっと、唄にに戻ってくるなんてこともあるわけです。


では、次の聴き比べ
ちょっと珍しいビデオを発見したので
http://www.youtube.com/watch?v=mdToC1fope8

Michel Petrucciani / Satin Doll

ミシェル・ペトルチアーニは、フランスでもっとも有名なジャズピアニスト
先天的な病にも関わらず、
ビルエバンスの流れをくむ正統派として、偉大なピアニストとして世界的に有名な人です。

ピアノソロで、サテンドールをやってます。途中にTea for Twoのメロディーを入れたりして
とても自由に、楽しい演奏をしてくれてます。
A-A-B-Aの感覚を持って、聴くとより楽しめます。
ミシェルは、Bの時に必ず、わかりやすくBメロの頭のメロを弾くので
そこを目安にすると、わかりやすいかも。

A-A-B-Aの曲は、
繰り返していくと、コーラスをまたいで
Aが3回続くことになるんです。
実は、これで、どこのAなんだかわからなくなってしまうことが多いんです。
アドリブソロなんかやっていて、悦に入ってると
「あれ?いまどこのAをやってるんだっけ?」なんてことによくなるわけです。
そんなときは、ベースです。ベーシストはどんなときにも冷静沈着です。
ジャズベーシストにおしゃべりなやつは、いません。
いつでも、みんなをだまって支えます。
ここがBの頭だよと、だまってそして確実に示してくれます。
わからなくなったら、ベースを聞きましょう。または、顔を見てみましょう。

いずれにしても、一人でやっていてもA-A-B-Aを繰り返してるわけですね。
まあ、一人の時は、アドリブやっててわからなくなったらお手上げだけど
やっぱり、一人なので適当にテーマにもどれば、終われます。



今日の1枚

 
  

McCoy Tyner /Nights Of Ballads & Blues

バラードとブルースの夜というタイトル通り、
お酒を飲みながら、ジャズな夜を過ごすにはおすすめ。
1曲目のSatin Doll は、ジャズピアニストを目指す人の最初の1曲としては必聴のテイク。
僕もこれから始めました。
一般的に、マッコイタイナーはジョンコルトレーンカルテットのピアニストとして有名で、
モードジャズのガリゴリガツガツピアノ奏法を確立した人としてジャズ史に名を残しています。
しかし、このアルバムだけは静かに美しく、スタンダードを弾いてます。
すごい人は、やはりちゃんと普通のことを普通に素敵にできるのねって、思う1枚。

ちなみに、マッコイタイナーは、指で瓦を割れるという、ほんまかいな?
っていううわさがたったほど強肩でタッチの強い人です。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

羽毛田丈史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。