起業・創業支援-東京都の公認会計士・税理士@渋谷区・新宿区

創業直前~創業5年くらい経理、税金とか全然わからない「あなた」のためのブログです


テーマ:
会社が法人税の申告をする場合にも、青色申告と白色申告との二種類の申告方法があります。

が、会社の場合には、絶対に青色申告のほうがおすすめです。

なぜかというと、白色申告だから、といって手抜きができないからです。


会社の場合、白色申告であっても帳簿をつけなければいけません

そうなってくると、青色申告でも白色申告でも、手間は、ほとんど変わらない、ということになります。


青色申告にするメリットのうち、重要なものとしては、次のようなものがあります。
  1. 赤字が生じた場合に、翌期以降の黒字と相殺でき、税額を減らすことができる(繰越欠損金の控除)
  2. 赤字が生じた場合に、前期の黒字と相殺でき、前期に支払済の税金を取り戻すことができる(繰越欠損金の繰戻還付)
  3. 10万円~30万円のパソコン等を、買ったときに全額経費にできる(特別償却)
    逆に、白色申告だとパソコンの場合には3年~4年で費用化していくことになります

特に、最初の2つは、税額に与える影響が非常に大きいので、絶対に青色申告をしておいたほうがいいです。



例:
開業初年度に300万円の赤字が出た。
2年目に300万円の黒字が出た。

青色申告をしていれば、初年度、2年目ともに税額は7万円です。

ところが、白色申告だと、初年度の税額は7万円ですが、2年目には100万円弱の税金がかかります


届出ひとつで100万円の差が出てきます。

関連記事

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード