働く女性を応援します☆ワタシらしくお仕事ライフ

楽しくお仕事していますか?

つらい時、怒ってる時、いろいろあるけれど、できれば楽しく生きたい・・・そんな気持ちを綴るブログです。


テーマ:

百式 の田口さんと、ウィンビット のヒロナカさん主催の「アカデメディア」 の「デザインスタイル会議に出てきました。

久しぶりのアカデメディアです。


今回はSONYの協力ということで、第2部ではVAIO開発のお二方のお話がありました。


以下、その模様をリアルタイムに書き綴ったものをほぼそのままアップします。


-------------------------------------------

■ガジェットっていったいぜんたいどーいう意味なんだ、ということを
 ソニーの楡井さん(VAIO事業部門 企画部)

今日発表した新商品を発表しました
「VAIO type u 」というPDAみたいなの

 ※きたよ、W-zero3を迎え撃ってるよ!
520グラム ディスプレイを開いて5秒で起動w
と、ところがデモしようとするとこれが・・・ちゃんと起動しない。

キンチョーしましたか、type Uくん。


やりたいこと、やらなければいけないことはふえるばかり...
一方で、もっと有効に使えそうな時間がある
「仕事のタイムシフティング」
→ビデオが出来たおかげで、好きな時間に見ることが出来るようになったでしょ?
メールチェックを移動中に、など有効に使うことがテクノロジーで実現出来ないか?と考えた

空き時間に仕事の処理をしたい

 どこにでも持って行きたくなるデバイスサイズ
 →文庫本サイズ ペットボトル1本分の重さ
普段使っているデータや環境がシームレスに使える
 →WindowsXP搭載
ある程度の画面サイズ、キーボード
 →1024×600の4.5インチワイド液晶フルキーボード
※こりゃ、PSPは捨てられるな...というオイラの予感☆

自由になった時間を楽しみたい

カーナビがカーライフを変えた という発想のポイント
カーナビがあると何が便利かって、カーナビが出来る前は地図で調べてメモってなんだかんだと、行くまでの障壁が高かった
カーナビ後は、入力すればいいわけで...
そのルート検索の面倒さもなくなったし、自由に好きなところに行けるようになったし

ナビゲーションという軸で楽しく便利なことができないか?

「ライフナビゲーション」というソリューション

カーナビの場合は、メインがルート検索
ライフナビゲーション というのは「どこに行きたいか?」←お出かけのトータルをもっと楽しくする
1)簡単に行き先を検索出来る
 →地図アプリ上で、周辺のお店/施設を検索
  ネットの膨大な情報にアクセスして検討出来る
2)ルート案内できる
 →歩行者ナビ

3)思い出を様々な形で保存/シェアすることで、また新たなお出かけ先を見つけるきっかけができる
 →内蔵カメラで撮った写真とコメントをブログにアップ
 撮った社新に位置情報が自動的に書き込まれる


■ガジェット設計の現場から
 ソニー 鈴木一也さん(マスターすずいち)

「見るのではない、感じるのだ!」←だから、マスター(w
持ち出したくなるガジェットとは?

普通に考えると....
 小さい、軽い、スタミナ、いつでも使える、快適に使える、
開発側から言うカタログに書いていない思い(感じる領域)
 持ちやすい、手に取りやすい、安心感・愛着感、所有感がある、自慢出来る



感じるVAIOを生む、5つのポイント
 ◆しっくり感

 ◆高級感

 ◆生き物感(相棒感)

 ◆すごいぞ感

 ◆すっきり感


「すごいぞ感」
小型、軽量の中に機能満載!
 WLAN ,BT,指紋、デュアルカメラ、タッチパネル、フルキーボード搭載
素材のすごさ
 長炭素繊維採用(プラスチックの樹脂の中に混ぜ込んで)
 対不要輻射 中から不要な電化などを防止する効果がある
 軽量化
 熱伝導率の低さ ←マグネシウムだと熱くて持ってられない

キーボード周り
 マグネシウム合金使用

「スマート感」
すっきり背面へのコダワリ
 ノートPCなどは、背面がごてごてしていて見栄えが悪い
 裏は人に見られる方向なので、すっきりさせました

「しっくり感」
 新モバイルグリップスタイル
 縦持ち、横持ち、キーボードをだした状態 の全てで画面などが手で覆われないような構造
 CFカードは左側にさすようになってる
 アンテナもきちんと立てて使えるようになっている
 グリップのスタイル
 新開発スティップポインタゴム形状 ←けばけばのIBMみたいなやつ じゃなくてゴム製
 ゴムが、小さい三角形をたくさん組み合わせたような質感
 しっくり感を出すために、試行錯誤をしました。形状を決める段階で、発泡スチロールを買ってきて設計の現場でこれを削って持ち寄って、検討しました。

 没案紹介(笑)
 斜め左に開いて、テンキーまでついてるフルキーボードにしたかった^^

「高級感」
 ルミナスミラーロゴのこだわり
 筐体の大きさが大きさなので、非常に小さいVAIOロゴ
 人に自慢するということを意識して、こういうところこだわりました。
 ブルガリの時計とか、エルメスの時計、ベンツとかジャガーのロゴにも使われている
 スライドフィーリングへのこだわり
 スライド構造のフィーリングにもこだわてます。表面がつるつるすべるプラスチックを使っている
 これをすることによって、スムーズに、かつ高級感あってスライドすることができる
 某社からw-zeroなんとか、というのが出てますが(笑
 全然違いますので(笑)
今度試して下さい。
 高級車のドアは低いいい音がして閉まる ←そういうことをやりたい
 なんとも言えない満足感を、スライドしたときにも表現したいと思って時間をかけてつくってます。

「生き物感、相棒感」
 バイオズームユーティリティーのキビキビ感
 本体の右のところにズームプラス/マイナスというボタンがある

 普通にぱっと切り替わってもいいんだけど、せっかくプラス/マイナスがあるんだから、0.5倍きざみで、3倍までできる。そのつなぎをスムーズにやりたかった。
 例えばハンディカムでズームするときの光学レンズのあのかんじ。あれを表現出来ないかと思って。
 なかなかいいズーム感ができた。

 何を考えてたかというと、クロスメディアバー(ソニーのテレビなどでのユーザインターフェース)
 その横に動かしたりするキビキビした動き、そういう使い勝手上の心地よさを追求
 もあん、とズームする

 バイオタッチコマンドのタクトで操る感覚
 Vの字とかへの字を書いたりすると、コマンドとして登録出来る。
 何を考えて作ったかと言うと「ファンタジア」ミッキーが岩の上で魔法を使うあの感じ
 気持ち良さそうに操るんで...よく実現出来たな、と思う。
 端から見ると、魔法に見える(笑)

 ランチャーのボタンをつけている ←アプリが立ち上がるように
 バイオタッチランチャーのユーザインターフェースでの親和感
 アイコンが9つ並んでいて、どれかつっつくと、青くもわんと光ってコマンドが実行される という風につくっている。←バビル2世 のシモベっぽい(笑
 かしこまりました、と低い声で言われているような感じ
 実物でぜひためしてほしい

 キーボードのLEDの光り方へのこだわり
 ただキーボードを打つ時に光るっつーのも..せっかくバックライトつけたし...なんか仕込みたいな、と思って。
 がちゃっとあけた時に、特殊な光り方をするように設計。
 目を覚ますような動き。
 この光り方がなかなか気持ちよくならない。光り方のカーブを20種類くらい作った。
 どれがイチバン気持ちいいんだ??と。
 立ち上がりはゆっくり、それから急速になって、またゆっくりになって...というカーブが最も気持ちいい。ガチャッとあける速度が、だいたい一緒。あける速度にそって、もわんと光る時間とが一緒だと気持ちいいんですよ。←ガンダムみたいな。

カタログが50ページくらいあったら、全部載せたかったんだけど。。。

魅力を感じるガジェットとは?

今持ちうるテクノロジーを用いて、開発しました。
でも、出来ちゃったので、次の進化を考えます。
(今日の会議で)良いアイデアあったらもらっちゃおうかな、と考えてます。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

hakenchanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。