笑いと運動は免疫力を高めると言われています。

今回大阪大学公衆衛生学大平先生方のご協力のもと、笑いと自律神経の実験をしてみました。

まずは、面白いTVをみたらどうなるか・・・・・
DVD 「松本人志のすべらない話」をみたら自律神経はどうなるのか実験してみました。
さすがタイトルどおり すべらない話です。爆笑続きです。
笑うたびに自律神経は活性化しています。
前後で、自律神経の機能がどう変化したのか、きりつ名人で測定してみました。
DVDをみる前後で20名測定したところ
自律神経機能の20名の合計点は100.5点⇒125点
単純に1人平均でみると 5点(黄色)⇒6.3点
20名中12名の自律神経機能改善がみられ、5名は変わらず、3名は改善がみられませんでした。

もっと積極的に笑う”笑いヨガ”というのを大阪府立健康科学センターの「健康教室」に取り入れているとのことで、今度は”笑いヨガ”ではかってみました。

この日は日本笑いヨガ協会代表高田氏による指導のもと、”笑いヨガ”を実践。

ヨガの呼吸法に笑いの体操を取り入れたもので、驚くことに、6名中5名 自律神経の改善がみられました。

きりつ名人で測定した方からは
「効果が客観的にわかり、励みになる」
「本当に効いているんだ、続けよう!」
「うれしい!」などの声をいただきました。





AD