ゆるゆるピアノ日記

ピアノ弾き花崎望のブログです。

生徒さんに囲まれてピアノを弾きながら
ゆるゆると好きな事だけをして
幸せに暮らしている毎日です。

そんな中、2009年8月10日に出産しました。
産まれたその日に愛おしい息子・翠くんは
ダウン症・ファロー四徴症・多指症
そして難聴の疑いを宣告されました。

二回の手術にも耐え沢山の笑顔と喜びを
プレゼントしてくれた翠くんは

産まれてから一年と三日
2010年8月13日の朝に
心不全で亡くなりました

翠くんは今日も天国から見守ってくれています
だから
今日も幸せです。
ありがとうございます。

そして
明日もこれからもずーっと幸せだと思います。

(いつもコメント、メールありがとうございます
コメントへのブログ上での返信は現在しておりません
返信先のアドレスが解る方へは直接返信させて頂いております
勝手ばかりごめんなさい、ご了承頂けますと幸いです)




みどぽんの本が出来ました

ゆるゆるピアノ日記


みどぽんのみどぼん

A5 P44 ¥500
この本の売上は全て21トリソミー広報部福岡へ寄付致します
(通販も致します、どうぞこちらまでお問い合わせ下さい)



ゆるゆるピアノ日記


みどぽんとの幸せな日々(YouTube)




みどぽんのみどぼん(YouTube)


♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬♪♬

音楽教室Music Lifeについて


随時、ダウン症をはじめとして様々な障碍をお持ちの方も
また、そうでない方も個人レッスン受け付けています
詳しくはメッセージを送る(左上)から
または
hakatakomachi★r7.dion.ne.jpからお問い合わせ下さい
(★を@に変えて送信下さい)


ダウン症の赤ちゃんとママとパパの為の
グループレッスン『めろでぃ♪くらぶ』


さまざまなしょうがいをお持ちの方の個人レッスン
(ダウン症、AD/HD、発達遅延、染色体異常など
さまざまなしょうがいがあってもニコニコ
一緒に楽しく音楽やってます)


毎月二回、第一・第三金曜日に
上白水公民館ホールでメロディ合唱団歌ってます
団員、随時募集中です


いずれも無料体験致します
お気軽にお問い合わせ下さい


NEW !
テーマ:

今日の福岡は大雨の中のレッスンでした

 

9月からお教室のお友達になってくださった美香ちゃん

 

 

美香ちゃんは自分の次に来る永里一家がだーいすき

 

今日もお教室に来るなり

ここちゃんは?

かんちゃんは?

ミーちゃんは?(写真には写っていない末っ子ミーちゃんのことを

美香ちゃんは自分と同じミーちゃんと覚えて大好きでいてくれています)

 

 

ここちゃんたちは美香ちゃんがレッスン終わる頃に来ます

それまでピアノを頑張ります

きたら嬉しいですね楽しみですね

そう私が言うと

うん!!とニコニコ笑顔

 

ここちゃんたちが傘をさしてお教室の窓から見えた瞬間

美香ちゃんは両手を握りしめて

キタァああ!!!と

目をギュッっと瞑り、早く来てと

ドアを開けるまで

ドキドキして嬉しくて

ぎゅうっと手を握りしめていた美香ちゃん

 

なんて、なんて愛おしいのでしょうか

 

 

先日の合唱でも愛おしい子どもたちが!

 

私がピンクの服を着て行ったら

ひぃちゃんとノンちゃんが一緒のピンクだぁああと

ピンク1号、2号、3号でハイチーズ

 

 

 

その横で

今度ソロを歌うえりちゃんと仲良く遊ぶときちゃん

 

子どもたちにはしょうがいがあってもなくても関係ない

本当に心で友達になれる

ここにはノーマライゼーションなんて言葉は必要ありません

素敵!!!!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最初にお知らせ

今週木曜日、エスタスカーサで10時半くらいから

恒例のしょうがいを語る会があります

(てかもう語っていないよね笑
ゆるゆるな日々を語る会になっているね)

参加希望者はどうぞこちらまで

 

(私は豪華な教会を見るとすごいとは思うけど

その背景と歴史を考え押し黙ってしまいます)

 

 

変な子ども、変な学生だったのだろうと

今更ながら思います

 

何故かしっくりこない

馴染まない集団生活を思い知ったのは

実は幼稚園時代

 

みんなと一緒がどうしても辛い

(卒園の写真も、私一人、ひっそりと

集団から少し距離を置いて写っている笑)

 

そのまま思春期を経ていく過程で

否応なく向けられる90%の白い目

(と当時は勝手に感じていましたが

今思うときっとその中の10%に強烈に嫌われ

80%の方は何も思っていなかったと今ではわかります)

そして10%の熱烈なる支持

 

なるほど、世界は社会はこうできているのだ

ではこのマイノリティな少数派の自分が生き抜くためには

どうしていくか

この世に出て行くには自分の武器は一体なんだろうか

 

私は長所と短所は表裏一体といつも思います

こだわりが強く好きなものが少ない私にとって

好きなものに対して自由でいる

やりたいことをやりたいと感じた瞬間に

即やれる自分でいることは

(周囲の大人からはわがままやと言われていましたが)

私にとってはその感覚は大きな武器でした

 

(山の上にあった小さな巡礼教会のマリア様

幼少時に通っていた小さなカトリック教会

北海道滝川市のマリア様を思い出しました)

 

だから今でも

進路相談、なんて生徒さんに言われると

音楽の道の場合はわかりやすいのですが

音楽以外でそんなこと言われると

どんな学校どんな会社をどんな進路を選ぼうと

私の口から出てくるものは

あなたは社会に出て行くんだよ、ということ

 

あなたは働いて大人として

社会とどのような形かわからないにしろ

関わって生きていくのだということ

 

しょうがいがあろうとなかろうと一切関係なく

人間はある時期が来ると

山に篭って完全なる自給自足でもしない限りは

人と社会と関わって生きていかざるを得ないのです

 

 

他人を押しのけ、特別扱いされることを
シアワセと感じる人がたくさんいます。
それは人のシアワセを奪うことでしか、
シアワセを得ることができない哀しい人のする仕業。

 

自分で自分のシアワセを作り出すコトができる人。
好奇心とたのしい経験に満ち溢れたココロが作り出す
さまざまで、必要十分なシアワセを
感じるコトができる人にこそ、
特別な体験をしていただきたい。

 

 

すごい!!!

膝を打ったとあるエッセイの一文

 

(モーツァルトもお茶してたCAFE。。

今でも変わらずあるその事実に汗)

 

今年に入って実は私は裏目標として

自分の思考と行動の限界を打ち破ると

ひっそりと行動を企てていました

 

常識や経済観念や一般的に考えると

それはどうなんだろうかと感じるような

例えば、それって贅沢じゃない?とか

こっちでもいいんじゃない?って

そこそこそれでも満足できていたもの

でも多分、それを経験しても今すぐに

即、死には繋がらなく出来なくはないこと

だけど、そんなことしなくてもいいこと

でもやっぱりいつも気になっていること

 

そんなことあんなことを一つ一つ経験してみよう

経験体験してみて手に入れてみて

本当に今の自分にとって

必要なのかどうか見極めてみよう

 

とある成功者の今では大富豪の方のお話で

若い時はセルフイメージを上げるために

例えば高級なラウンジで一杯3000円のコーヒーを飲む

そんなこともしていたけれど

なんでも手に入る今となっては

近所の焼き鳥屋で一杯の酎ハイで豚バラが最高にうまいと

そんな話を聞いてふーん。。そんなもんかね

とその頃は350円のコーヒーでも贅沢と感じていた私は

今、その意味が心底よくわかるなぁと思います

(勿論全然富豪ではありませんが大笑

そして今の私は3000円のコーヒーを頂くくらいなら

もっと違うものに価値を見出しておりますが)

 

(毎日市場に通って野菜と果物を食べていました)

 

 

人から見てどんなに質素に見えようとも

私にとってはとてつもなく幸せな瞬間だったり

人から見てどんなに贅沢無駄遣いに見えようとも

自分にとってはそれが心底必要だったり

 

自分の身体、心、気持ち、空間

一歩一歩、心地よいと安定すると実感できる

自分マッピングの地図を手に入れていくことは

必要なことなんだなぁとしみじみと感じています

 

そして、そんなこんなしていると

今まで良いと思っていたものの歪さに気づいたり

言葉足りないのは愛情の裏返しって本当??

厳しさは愛情と思っていたけれど本当にそうかなぁとか

優しいと思っていたけど、尊い行動と思っていたけれど

それって実は不全感や肯定感を埋めるための行動でない?とか

あの人ってすごいなぁと思っていたけど

実は何も考えてないだけかもとか

(だからといっていい悪いと言っているわけではないのです)

なんかね、今までの価値観が面白いくらい

オセロのようにパタパタと動き始めている

 

これってね今更ながらやっと気づいたのですが

生き方に繋がる、心理思考行動全てに繋がる

自分がいただいてきた

自分が決めてきた使命

 

今自分の手元にある

環境、身体、容姿、健康、能力

なんでもいいけど

生まれてくるときに選べない(と思っているもの)

 

それら全てを駆使して

いかに自由に軽やかに生きていくか

そのときに

外側からの評価ではなく

いかに自分が心地よくいることができるか

 

(山の上にひっそりといたモーツッァルト様

彼もこの山を散歩していたのでしょう、きっと)

 

 

それを知れば

日々の悩み苦しみは激減するのではないかなぁと

ミドポンとお別れして6年

そして流産をして1年

あっという間だったなぁとしみじみ考えておりました

 

今生の私はもうそろそろ年齢的にも

自分の子どもは持てないかもしれないけど

でも

その分、たくさんの愛おしく個性の塊自由人な子どもたちが

私の周りに集ってくれて先生好きと言ってくれる

 

やっぱり私は全てを手に入れていると思います

 

 

今年も残り約三ヶ月

年初の目標を思いあっという間の一年の残りを

楽しんでいこうと思います

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

巨人がいる〜

 

と思ったら何とも前衛的なモーツァルト様でした

 

 

そんなわけで

ザルツブルグ音楽祭から台風と共に

無事に帰国しました〜

 

 

 

シューベルトが滞在していたお家

 

 

 

モーツァルトが受洗した教会

 

 

 

 

相変わらずの街の美しさ

 

 

 

 

シフ様の皇帝で音楽祭が終わりました・・・

 

シフ様のピアノはベーゼンでございました

 

 

 

 

今年の夏は日本でのんびり過ごそうかと思っていたのですが

ウィーンフィルのフィガロ

ラトル様の指揮のベルリンフィルマーラーと

プログラムを見た瞬間に

手がね、勝手にね、チケットクリックしていた・・・・

 

もちろん!安定の一人旅♡

 

コンセルトヘボウとゲヴァントハウスと

オケをたくさん聴けて幸せでした

 

 

あとはのーんびり

ザルツァハ川のほとり散歩したり

ぼーっとしておりました

 

 

私のDNAは多分狩猟民族と思います・・・笑

 

 

あ、でもね!!

1日だけ頑張ってハルシュタットにも行ったよ

 

 

この先っぽでギャ〜と騒ぎながら写真を撮ってもらった

この時まではまだ余裕やったんよ

 

 

その後、遭難しかけて本気で手が震えた私・・・

 

 

インド人を発見して

泣きついた〜・・・・・

 

I'M LOST!!

 

心底ドイツ語だけでなく

英語も勉強しようと心に誓った

2016 in Summer・・・

 

 

(この写真はプチ遭難後に心身ともにヘロヘロなところ

インド人アシシが写真撮ってあげるよと

もうなんとも言えない微妙な笑顔になっている私・・・)

 

ハルシュタットは大雨でした

美しかった

 

 

一人でどこまでも勝手に飛んでいく私を

いつも許してくれる

良い夫・大ちゃんに感謝しつつ

 

 

 

帰国後、ねぇ〜次は三ヶ月くらい

アパート借りて行かせてくり〜

もちろん一人でさぁと

おねだりをした私です大笑

 

それ聞いて、こんな顔しとった旦那さま

 

いつも好きなようにさせてくれる

良い夫・大ちゃんに感謝!の旅でございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。