人民弁理士今日も行く

Aujourd'hui comme hier. Demain comme aujourd'hui...


テーマ:

昨日、レーザー加工関連の会社に勤める友人の誘いで、ビックサイトまで「サイン&ディスプレイショウ」という展示会に行ってきた。もっとも、彼としても自分としても種蒔きの一環としての意図だったのだが。


ところで、自分が独立したことについては、身内や友人その他業界外の人が支持してくれたり少なくとも好意的に見てくれることが多い一方で、弁理士でこれまで面識があった連中の多くは極めて冷たい態度を示している。

弁理士がそういう態度を示す理由の一つとして、独立すればライバルになるので面白くないということもあるのだろうが、それは大した理由ではないと思う。


業界外の人は、独立したら一にも二にも営業だと思っている。ある程度弁理士が何をやるか知っている人であれば、弁理士は営業嫌いなので営業をするだけでも差異が出せると考えたりもするようだ。

しかし、弁理士の仕事は会社の技術を伴うもので長期に亘って付き合っていくものだから、営業に来たからといってそう簡単に仕事がもらえるというものではない。仮にくれたとしても一件ぐらいまわしてくるだけだろう。既に付き合いのある特許事務所で余程のヘマをしない限り、なかなか回ってこないというのが実情だろう。

営業が全く無意味なものかといえば、そうではないと思うし、やらないよりはやった方がよいのは確かだと思うが、このように、営業をしたからといって仕事がもらえるような業界構造になっていないことから、その実情をよく知っている弁理士連中は冷たい態度を示すのだと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

人民弁理士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。